Webライター

【簡単】Webライターが練習する方法を3つ解説【これだけでOK】

2020年12月31日

【簡単】Webライターが練習する方法を3つ解説【これだけでOK】

 

悩んでいる人
Webライターは、どうやって練習すれば、いいのですか?ネットの記事を見ると、練習方法がたくさんありすぎて、どれをやれば、ライティングが上達するのかわかりません。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・【練習をする前に】Webライターに求められていること
・Webライターが練習する方法を3つ解説
・Webライターが練習しつつ、レベルアップするコツ

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年と4ヶ月ほど。月に5万円をWebライターで稼いでいます。

 

ネット上などの記事を見てみると、Webライターが練習する方法がズラリと書かれているため、実際にどれがいいのかわかりませんよね。

 

そこで本記事では、実際に僕が実践して効果があった、Webライターが練習する方法を3つ解説していきます。

 

この記事を読むことで、いろいろな練習方法を実践するとかかってしまう「無駄な時間」をショートカットできるため、最短ルートでライティングが上達します。

では、いきましょうd( ̄  ̄)

 

【練習をする前に】Webライターに求められていること

【練習をする前に】Webライターに求められていること

【練習をする前に】Webライターに求められていること

 

結論、Webライターに求められていることは、以下の2つの視点から考えましょう。

 

  1. 読者の視点
  2. クライアントの視点

 

上記のとおり。

では、もう少し深掘りをしていきます。

 

誰にでもわかる文章=小学生が理解できるレベル

 

まずは、読者視点。

結論、わかりやすい文章を書きましょう。

 

しかし、中には、以下のような疑問を持った方もいるはず。

 

「わかりやすい文章って?曖昧すぎる…」

 

たしかに、曖昧すぎですよね。

これは、どの記事を読んでも、解説されていないので難しいです。

 

 結論:小学生にもわかる文章を書こう

Webライターとして、ライティングをする時、小学生にもわかる文章を書けば、自然とわかりやすい文章になります。

なぜなら、難しいビジネス用語を使ったり、読みにくい漢字を使ったりしないから。

 

また、小学生にもわかる文章ということは、しっかりと順序立てて話さないと、理解してもらえないですよね。

 

たとえば、小学生の時に、「おやつは1日1つまで!」と言われるよりも、「おやつを食べすぎると、虫歯になるから、1日1つまでね!」と言われる方が納得できたはず。

 

このように、Webライターは、小学生にもわかる文章が書けると、ライティングがグッと上達します。

 

クライアントが求めている記事を書くことが重要

 

続いて、クライアント視点。

結論、クライアントから求められていることをライティングに反映させましょう。

 

というのも、別にクライアントは、わかりやすい文章を求めているのではなく、マニュアルなどをもとにした、一定以上の質のライティングを求めているから。

 

つまり、読者視点である「わかりやすい文章」を書きつつ、クライアント視点である「一定以上の質のライティング」をWebライターは、求められているわけですね。

 

最初から100%の質でライティングができるわけがない

 

ここで1つ注意点がありまして、それは、いきなり読者からもクライアントからも求められている100%の質でライティングができるわけではないということです。

 

しかし、多くのWebライター初心者は、最初からできると思い、うまくいかないため、すぐに挫折してしまいます。

 

そのため、「最初は完璧なんて、無理だ。でも、頑張ろう!」といった気持ちでWebライターの練習をする方が、意外とライティングの上達が速かったりします。

 

Webライターが練習する方法を3つ解説

Webライターが練習する方法を3つ解説

Webライターが練習する方法を3つ解説

 

Webライターが練習する方法は、以下の3つだけでOKです。

 

  1. 他の人の記事を写経する
  2. Twitterで毎日140文字を発信する
  3. クライアントのサイトの記事をチェックする

 

では、順に説明していきます。

 

その①:他の人の記事を写経する

 

まずは、他の人が書いた記事を写経しましょう。

※写経とは、そのまま書き写すこと。

 

どうして、写経をするのかといいますと、他の人がどのようなことを意識して、ライティングをしているのかがわかるからですね。

また、写経をすることで、「文章構成」「説明の仕方」などを学ぶことが可能です。

 

 無思考で描くのはNG

とはいえ、写経だからといって、なにも考えずに「写すだけ」はNG。

理由は、無思考で写経をしても、ただ時間を無駄にして、手が疲れるだけだから。

 

たとえるなら、小学生の夏休みの宿題で答えを見たり、友達の解答をマネしたりしていることと同じですね。

 

つまり、Webライターの写経も同様でして、なにも考えずに写すのではなく、「どんなことを意識して、ライティングをしているのか?」と考えつつ、書き写すことが大切です。

 

その②:Twitterで毎日140文字を発信する

 

Webライターの練習では、Twitterのツイートがかなり優秀です。

なぜなら、ツイートは140文字ほどでサクッと書けるため、写経などのようにパソコンを立ち上げたりする手間がないからですね。

 

また、Twitterで発信しつつ、フォロワーが増えてくれば、ライティングのお仕事の依頼などもいただけるため、一石二鳥です。

 

なお、単に練習の目的だけでなく、Webライターとしての収入を上げる運用方法を【事実】WebライターがTwitterを運用すべき理由【やらないと損】にて詳しく解説しているので、収入を増やしたい方はどうぞ。

 

その③:クライアントのサイトの記事をチェックする

 

クライアントのサイトの記事をチェックすることで、「文章構成」「文章の流れ」を学べます。

 

また、ポイントとしては、古い記事よりも、できるだけ新しい記事を読むといいですよ。

というのも、新しい記事の方がマニュアルなどのアップデートがされているため、より具体的なライティング方法が実践されている場合が多いから。

 

「そもそもクライアントから仕事をもらったことがない…」という方はWebライターの始め方を3ステップで解説【月5万円は誰でも可能】にて仕事を受注する手順を解説していますので、そちらを参考にどうぞ。

 

Webライターが練習しつつ、レベルアップするコツ

Webライターが練習しつつ、レベルアップするコツ

Webライターが練習しつつ、レベルアップするコツ

 

最後に、Webライターが練習しつつ、レベルアップする3つのコツをご紹介しておきますね。

 

  1. 情報のインプット量を増やす
  2. PREP法をライティングで使う
  3. 日記や書評でブログ記事を書く

 

では、順に説明していきます。

 

コツ①:情報のインプット量を増やす

 

Webライターが練習をする時は、できるだけ情報を持っていた方がいいです。

なぜなら、情報量が少ない状態で、ライティングできる内容には限りがあるから。

 

そのため、ネットニュースや他サイトの記事を読みつつ、日々情報のインプットをしていきましょう。

 

コツ②:PREP法をライティングで使う

 

Webライター初心者の方でも、今日から使えるライティング術として、「PREP法」というものがありまして、以下のとおり。

 

PREP法:ライティング術

PREP法:ライティング術

 

 PREP法

  1. Point:結論
  2. Reason:理由
  3. Example:例
  4. Point:まとめ

 

上記の流れに沿って、ライティングをすると、誰に対してもわかりやすい文章になります。

また、実は本記事でもPREP法を使用しておりまして、以下の箇所です。

 

PREP法の使用箇所

PREP法の使用箇所

 

上記のとおりですね。

PREP法は、Webライター初心者からプロまで愛用しているライティング術なので、よければ参考にどうぞ。

 

コツ③:日記や書評でブログ記事を書く

 

「練習したものを何かに残したい。」と考えている方は、日記や書評でブログ記事を書くことをおすすめします。

また、とくに書評ブログは、情報をインプットできる&要約をする力がつく&収益を得られる可能性ありといったように、一石三鳥なので、始めておいて損なしです。

 

具体的な書評ブログの始め方は以下の記事で詳しく解説しているので、そちらを読んでみてください。

>>【簡単】書評ブログの始め方を3ステップで解説【収益化のコツあり】

 

まとめ:Webライターは練習しつつ、レベルアップしよう

まとめ:Webライターは練習しつつ、レベルアップしよう

まとめ:Webライターは練習しつつ、レベルアップしよう

 

今回は、実際に僕が実践して効果があった、Webライターが練習する方法を3つ解説しました。

 

  1. 他の人の記事を写経する
  2. Twitterで毎日140文字を発信する
  3. クライアントのサイトの記事をチェックする

 

どれも今日から実践できる練習方法なので、Webライターとしてレベルアップしたいなら、今日から行動すべきですね。

 

また、いきなり練習したからといって、1日や2日で成果が出るものではないです。

そのため、Webライターとして練習しつつ、レベルアップしていきましょう。

 

なお、Webライターとして月5万円を稼ぐにはいくつかの手順が必要でして詳しくは【保存版】Webライター初心者が月5万円の収入を稼ぐ手順を解説するにて解説していますので、これから収入を得たい方はどうぞ。

 

    -Webライター