Webライター

【解決】Webライターは難しい?【学びつつ、実践していけばOK】

2020年12月23日

【解決】Webライターは難しい?【学びつつ、実践していけばOK】 (1)

 

悩んでいる人
Webライターは難しいのでしょうか?ネットでは、「簡単です。すぐにやりましょう!」という記事が多いため、本当かどうか不安です。実際に、Webライターとして活動されている方の意見が聞きたいです。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・Webライターが難しいと言われる3つの理由
・Webライターは難しい!学びつつ、実践していく手順
・Webライターが難しいと感じるポイント

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年4ヶ月です。月に5万円ほど稼いでいました。

 

結論、Webライターは難しいです。

とはいえ、学びつつ、実践していけば、未経験の初心者でも稼げるようになるのも事実です。

 

そこで本記事では、Webライターが難しいと言われる3つの理由を解説し、後半の部分では、学びつつ、実践していく手順を3ステップで解説していきます。

 

この記事を読むことで、難しいと感じることなく、スムーズにWebライターで稼げるようになります。

 

Webライターが難しいと言われる3つの理由

Webライターが難しいと言われる3つの理由

Webライターが難しいと言われる3つの理由

 

Webライターが難しいと言われている理由は、以下の3つです。

 

  1. 普段使っている日本語と違う
  2. Webライターの専門用語が出てくる
  3. 誰にでもわかるような文章を書く必要がある

 

では、順に説明していきます。

 

その①:普段使っている日本語と違う

 

「Webライターの仕事で使用する日本語」「日常生活で使用する日本語」は大きく違います。

というのも、Webライターで使用する日本語は、仕事を発注するクライアントが定めているケースが多いからですね。

 

どうして、クライアントが使用する日本語を定めているのかと言いますと、「Webライターの記事の質を統一にするため」です。

 

たとえば、以下の2人の部下に、具体的な仕事のやり方を説明せずに依頼する場合、それぞれの出来上がりの質はどうでしょうか?

 

  • 部下A:完璧主義。ミスをしない。
  • 部下B:少し抜けているところがある。結構ミスをする。

 

部下Aの方が部下Bよりも仕事の出来上がりの質は高いですよね。

しかし、「仕事のマニュアル」を渡したら、どうでしょうか。

 

おそらく、先ほどの具体例よりも、出来上がりの質は同じくらいになるはず。

つまり、Webライターのクライアントも同様でして、記事の質を一定にするために、使用する日本語を定めているわけですね。

 

その②:Webライターの専門用語が出てくる

 

Webライターとして活動していると、毎日のように知らない専門用語が飛んできます。

しかし、仕方のないことなので、知らない言葉が出てくるたびに「ネットで検索する癖」をつけておきましょう。

 

 検索した専門用語は、絶対に覚える

とはいえ、「知らない専門用語が飛んでくる」「検索する」といったことを毎回するのは、少し時間の無駄です。

そのため、1度検索した専門用語は、忘れないようにメモをするなどして、必ず覚えておきましょう。

 

その③:誰にでもわかるような文章を書く必要がある

 

当たり前ですが、Webライターをするにあたり、誰が読んでもわかる文章を書く必要があります。

しかし、クライアントから「誰にでもわかる文章を書いてね。」と言われても、以下のような疑問を持つ方もいるはず。

 

「誰にでもわかるって、曖昧すぎて…」

 

昔の僕も同じような疑問を抱いていました。

 

 解決策:小学生にもわかる文章を書く

結論、街に歩いている小学生に話してもわかるくらい、簡単な文章を書けばOKです。

なぜなら、小学生にもわかる文章ということは、難しい四字熟語であったり、読みにくい漢字を使わないからですね。

 

そのため、Webライターの仕事をするにあたり、文章を書く時は、小学生に向けて書くといいかもです。

 

Webライターは難しい!学びつつ、実践していく手順

Webライターは難しい!学びつつ、実践していく手順

Webライターは難しい!学びつつ、実践していく手順

 

実際に、僕も実践したWebライターの知識を学びつつ、実践していく手順は以下の3つ。

 

  1. ライティングのノウハウを学ぶ
  2. Webライターの案件をチェックする
  3. いくつかダメ元で案件に応募する

 

では、順に説明していきます。

 

手順①:ライティングのノウハウを学ぶ

 

まずは、そもそも「ライティングとは?」といったところを以下の本でサクッと学びましょう。

 

 

「沈黙のWebライティング」は、ライター初心者にもってこいの1冊でして、ライティングとは?といったところを解説してくれています。

 

また、1つ1つの話題がマンガ形式で進められているので、「気がついたら読み終わっている!」ということがよくあることです。

 

手順②:Webライターの案件をチェックする

 

次は、募集されているWebライターの案件をチェックしてみましょう。

実際に、案件を自分の目でチェックすることで、Webライターの仕事は何か?を感じることができるかと思います。

 

また、Webライターの案件が多数あるサービスは、「ランサーズ」や「クラウドワークス」が超有名でして、これから案件を受注するにあたり利用するので、今のうちに登録しておきましょう。

 

ちなみに、具体的に「クラウドワークス」でWebライターの案件をチェックする流れは以下のとおり。

 

step
1
クラウドワークスに登録をする

クラウドワークスに登録をする

クラウドワークスに登録をする

 

まずは、クラウドワークスに無料登録をしておきましょう。

>>クラウドワークスの公式サイト

 

step
2
ライティング案件をチェックする

ライティング案件をチェックする

ライティング案件をチェックする

 

「仕事を探す」「ライティング案件」をクリックすると、実際に募集されているWEBライターの案件をチェックできます。

 

いくつかチェックしてみて、「あ、こんな感じなのか。」といったイメージが持てればOKです。

 

手順③:いくつかダメ元で案件に応募する

 

最後は、ダメ元でOKなので、Webライターの案件に応募してみましょう。

ここでは、以下の応募文を参考にしつつ、応募すると採用率がグッと高まります。

 

応募文の参考

応募文の参考

 

上記の応募文を自分なりに書いたら、Webライターの案件をこなしていきましょう。

 

Webライターが難しいと感じるポイント

Webライターが難しいと感じるポイント

Webライターが難しいと感じるポイント

 

最後に、僕が実際にWebライターをしていて、難しいと感じるポイントを2つご紹介しておきます。

 

  1. 案件の選び方がわからない
  2. 求められている文字数が書けない

 

これからWebライターをしていく中で、ぶつかる可能性が高い壁なので、1つずつチェックしておきましょう。

 

難しいポイント①:案件の選び方がわからない

 

Webライターにとって、どの案件で記事を書くかというところは、作業の効率性や報酬面から考えても大切です。

とはいえ、最初の頃は、自分に向いている案件を見つけられなかったりします。

 

 解決策:得意な仕事をしよう

結論、難しいジャンルを無理に選ばずに、あなたが得意な仕事を選べばOKです。

イメージとしては、以下のとおりですね。

 

  • 1ヶ月目〜2ヶ月目:得意な仕事
  • 3ヶ月目〜4ヶ月目:興味がある仕事
  • 5ヶ月目〜6ヶ月目:稼ぎやすい仕事

 

こんな感じですね。

少しずつ自分のテリトリーを広げていくイメージを持つといいかもです。

 

また、どうして、稼ぎやすい仕事ではなく、得意な仕事を最初はやるべきなのか、といったところは 【NG】Webライターは稼げるジャンルを狙わなくてOKにて理由も含めてお話ししているので、そちらを読んでいただけると理解が深まるかと思います。

 

難しいポイント②:求められている文字数が書けない

 

Webライターの報酬は、基本的に「文字単価〇〇円」といったように、「文字単価×文字数」で決められていることが多いです。

とはいえ、始めたての頃は、なかなかクライアントが求めている文字数が書けなかったりします。

 

 解決策:事前に書くことを決めておく

昔の僕もそうだったのですが、記事を書く中で「何を書こうかな?」といったように考えていました。

しかし、すぐに途中でネタがなくなってしまい、手が止まってしまうんですよね。

 

そのような時は、記事を書く前に「何を書けばいいのか」を1つ1つ決めておくと、求められている文字数を書くことができますよ。

 

結論:難しいと深く考えず、1つ1つ問題を解決しよう

 

結論、そこまで難しいと考える必要なしに、まずは、やってみることが大事です。

というのも、この記事で解説した「Webライターは難しい」といった話は、1つ1つ問題を解決すれば、必ず突破可能な壁だからです。

 

そのため、今後難しいと感じるポイントが必ず出てくると思いますが、1つ1つ解決して、前に進んでいけばOKです。

 

まとめ:Webライターは難しいが、少しずつ前に進めばOK

まとめ:Webライターは難しいが、少しずつ前に進めばOK

まとめ:Webライターは難しいが、少しずつ前に進めばOK

 

今回は、Webライターが難しいと言われる3つの理由を解説しました。

 

  1. 普段使っている日本語と違う
  2. Webライターの専門用語が出てくる
  3. 誰にでもわかるような文章を書く必要がある

 

結論として、Webライターは難しいです。

しかし、すべての問題は、1つ1つ必ず解決できることも事実。

 

そのため、最初は戸惑うかもですが、少しずつ前に進んでいきましょう。

 

また、未経験の方がWebライターで月に5万円を稼ぐまでの手順を以下の記事で解説しているので、よければ参考にどうぞ。

>>Webライターの始め方を3ステップで解説【月5万円は誰でも可能】

 

    -Webライター