Webライター

Webライターが勉強する手順を3ステップで解説【独学でも稼げる】

2020年12月30日

Webライターが勉強する手順を3ステップで解説【独学でも稼げる】

 

悩んでいる人
Webライターは、独学でも稼げますか?もし、稼げるのであれば、未経験者が1から勉強して稼ぐ手順を教えてください。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・Webライターは勉強すれば、独学でも稼げるのか?
・Webライターが勉強する手順を3ステップで解説
・Webライターが勉強する時の注意点【独学に固執しなくてOK】

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年4ヶ月です。独学で学びつつ、月に5万円ほど稼ぎました。

 

結論、未経験でもWebライターは勉強すれば、独学でも稼げます。

というのも、Webライターとして稼いでいるほとんどの人が、独学で勉強し、稼いでいるからですね。

 

そこで本記事では、Webライターが勉強する手順を3ステップで解説していきます。

 

また、後半の部分では、Webライターが勉強する時の注意点についてもお話ししているので、つまずくことなく、独学を始められるかと思います。

では、いきましょう(〃ω〃)

 

Webライターは勉強すれば、独学でも稼げるのか?

Webライターは勉強すれば、独学でも稼げるのか?

Webライターは勉強すれば、独学でも稼げるのか?

 

結論、Webライターは独学でも稼げます。

 

Webライターで稼ぐ流れは、かなりシンプル

 

「Webライターで稼ぐ」と聞くと、少し難しそうだな、、、と思うかもですが、実はかなりシンプルでして、イメージとしては以下のとおり。

 

稼ぐ流れ:イメージ図

稼ぐ流れ:イメージ図

 

上記のとおりでして、クライアント(仕事を依頼する側)がWebライターに仕事を発注し、記事を書いて報酬をもらう、といった感じ。

つまり、難しいことなどは1つもなく、未経験者でも独学で勉強すれば、稼げるようになるわけですね。

 

勉強していて、知らないことが出た場合の対処法

 

Webライターは、独学で稼げます。とお話しすると、以下のような質問がよくきます。

 

「でも、わからないことや知らないことが出てきたら、どうすればいいの?」

 

結論、ググりつつ、勉強しましょう。

ぶっちゃけ、勉強していて、わからないことや知らないことはググれば、100%解決します。

 

[記事 書き方]:検索結果

[記事 書き方]:検索結果

 

上記の画像は、[記事 書き方]といったキーワードで検索した結果でして、

こんな感じで、独学をしていて、知らないことが出てきたら、ググる癖をつけましょう。

 

 ポイント:メモなどを取っておく

「ググる」→「放置」という流れはNG。

 

というのも、人は何かに残しておかなければ、すぐに忘れてしまう生き物だからです。

そのため、メモなどでOKなので、ググって勉強したことを書いて残しておきましょう。

 

結果、忘れずに、ずっとあなたの頭の中に『知識』として残り続けます。

 

質問:Webライターが独学で稼げる収入は?

 

実際に、未経験者が1から勉強して、Webライターで稼げる収入の目安は以下のとおり。

 

  • 1ヶ月目〜2ヶ月目:3万円ほど
  • 3ヶ月目〜4ヶ月目:5万円ほど
  • 5ヶ月目〜6ヶ月目:10万円ほど

 

1日にかけられる時間は人によってバラバラかもですが、月5万円ほどであれば、独学で稼げます。

また、上記の目安は片手間にやった場合の話なので、土日などをフルで使えば、3ヶ月目に月10万円を達成することも可能。

 

Webライターが勉強する手順を3ステップで解説

Webライターが勉強する手順を3ステップで解説

Webライターが勉強する手順を3ステップで解説

 

未経験のWebライターが独学で勉強する手順は、以下の3ステップです。

 

  1. ライティング本を読む
  2. Webライターの仕事を受けてみる
  3. 失敗しつつ、勉強していく

 

では、順に説明していきます。

 

ステップ①:ライティング本を読む

 

まずは、基礎である「ライティング」について本でサクッと学びましょう。

ライティングについての本は多数ありますが、以下の1冊を読めばOK。

 

 

「沈黙のWebライティング」は、どのようなライティングをするべきなのか?といったところを詳しく解説してくれている1冊です。

 

また、わかりやすい文章を書くポイントなどもご紹介されているので、初心者がすぐに実践しやすいのも特徴的です。

 

ステップ②:Webライターの仕事を受けてみる

 

次は、実際にWebライターの仕事を受けてみましょう。

以下の3つは、登録しておいて損なしのサービスです。

 

  1. ランサーズ:ライター案件が多数ある大手サービス。
  2. クラウドワークス:こちらも大手サービス。初心者は登録必須。
  3. Bizseek:ライバルが少ないので、初心者は狙い目。

 

すべて無料登録ができるので、この機会にどうぞ。

 

また、仕事に応募する流れや稼ぐコツなどは以下の記事で詳しく解説しているので、参考にどうぞ。

>>Webライターの始め方を3ステップで解説【月5万円は誰でも可能】

 

ステップ③:失敗しつつ、勉強していく

 

Webライターが独学する上で大切なポイントは、「失敗すること」です。

なぜなら、人は失敗しないと、成長ができないからですね。

 

また、失敗するということは、しっかりと勉強したことを実践できている証拠でもあります。

そのため、未経験から独学をすることは大変かもですが、失敗しつつ、勉強していきましょう。

 

僕が勉強をしている中できついな、と感じたポイントは【本音】Webライターはきつい?【結論:やめたいと思う時もある】にて突破方法も併せて解説していますので、挫折防止にどうぞ。

 

Webライターが勉強する時の注意点【独学にこだわる必要なし】

Webライターが勉強する時の注意点【独学にこだわる必要なし】

Webライターが勉強する時の注意点【独学にこだわる必要なし】

 

結論、勉強する時に独学にこだわる必要なし。

 

独学にこだわるとツラくなる

 

ぶっちゃけ、未経験から勉強すると、どうしても途中でツラくなってしまいます。

 

そのような時に、「人に頼らずに、独学で稼ぐ!」といった気持ちだと、挫折してしまい、Webライターをやめるきっかけになります。

実際に、独学にこだわりすぎて、やめてしまう人を何人も見てきました。

 

独学ではなく、スクールに通うのもあり

 

結論、挫折防止として、Webライターのスクールに通うのもあり。

とくに、最近では、実際に足を運んで勉強するのではなく、オンラインですべて完結するスクールが主流です。

 

また、有名どころは「WritingHacks」ですね。

 

 WritingHacksの特徴

  • 他のスクールよりも費用が圧倒的に安い。
  • 動画でライティングを学べるので、わかりやすい。
  • 質問は、カリキュラム内のことであれば、無制限に対応してもらえる。

 

「一人で勉強するのが不安だな…」という方はどうぞ。

 

Webライターがツラくなったら、いつでもやめてOK

 

「自分にWebライターは、合わないな…」と感じたら、いつでもやめてOKです。

なぜなら、人生を豊かにするために始めたにもかかわらず、逆に不幸にしてしまっているから。

 

そのため、無理に独学にこだわる必要もないですし、ツラくなったら、いつでもやめましょう。やりたくなったら、戻ってくればOKなので。

 

まとめ:Webライターは勉強すれば、独学でも稼げます

まとめ:Webライターは勉強すれば、独学でも稼げます

まとめ:Webライターは勉強すれば、独学でも稼げます

 

今回は、Webライターが勉強する手順を3ステップで解説しました。

 

  1. ライティング本を読む
  2. Webライターの仕事を受けてみる
  3. 失敗しつつ、勉強していく

 

結論として、Webライターは勉強すれば、独学でも稼げます。

また、無理に独学にこだわる必要なしでして、スクールに通ったりしてもOKです。

 

「独学ではなく、教えてもらいながら挫折せずに稼ぎたい!」という方は、サポートが充実している「WritingHacks」が最適かもです。

 

    -Webライター