Web writer

【超簡単】Webライターが挫折する3つの理由と対策法を解説する

2021年1月29日

【超簡単】Webライターが挫折する3つの理由と対策法を解説する

 

悩んでいる人
Webライター初心者です。1週間ほど仕事をしてみたのですが、すでに挫折しそうです。どうすればいいですか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・Webライターが挫折する3つの理由
・Webライターが挫折しないための対策法【超簡単】
・Webライターは挫折してもOKです【実体験】

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年5ヶ月です。Webライターの仕事で月5万円ほど稼いでいました。

 

結論、Webライターに挫折は、つきものです。

なぜなら、実際に僕も挫折しまくったからですね。(今は復活しましたが)

 

とはいえ、全員が「挫折→復活」といった流れではなく、やめてしまう人も中にはいます。

 

そこで本記事では、Webライターが挫折する3つの理由と対策法をご紹介していきます。

 

この記事を読むことで、挫折しつつも、必ず復活できるようになります。

では、いきましょう( ^∀^)

 

Webライターが挫折する3つの理由

Webライターが挫折する3つの理由

Webライターが挫折する3つの理由

 

結論、挫折する理由は、以下の3つです。

 

  1. 仕事を受注できない
  2. 報酬の単価が低すぎる
  3. 勉強することが多すぎる

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:仕事を受注できない

 

ここが1番、挫折してしまう理由かもですね。

正直、始めたての頃は、仕事に応募してもほぼ不採用、、、なんてこともよくあります。

 

実際に、僕は10件ほど応募して、すべて不採用メールがきました。

 

 「不採用=あたりまえ」と考える

基本的に、仕事のジャンルや内容にもよりますが、1つの案件につき多くの人が応募します。その中で、採用される確率は低いのは当然です。

 

つまり、「不採用は、あたりまえなんだ。」と考えることが大切。というか、そう考えないと、メンタルがボロボロになります。

 

そのため、不採用は覚悟の上で、ゴリゴリ仕事に応募しましょう。

精神論的な話で、スイマセンm(__)m

 

その②:報酬の単価が低すぎる

 

こちらも挫折してしまう人が多い理由の1つですね。

ネット上の記事などを見ていると、「文字単価2円の案件をゲット!」などとありますが、その人はかなり経験を積んでいる人です。

 

ぶっちゃけ、上記のような人も最初は「文字単価0.5円」の案件を必ず受注しています。

 

つまり、最初に報酬の単価が低すぎるのは、あたりまえの話でして、「0.5円→0.8円→1円」といったようにレベルアップするイメージですね。

 

「どうやって、報酬をレベルアップさせるの?」という方は【裏技】Webライターが単価交渉をする時のコツ【テンプレあり】にて解説していますので、そちらを参考にどうぞ。

 

その③:勉強することが多すぎる

 

こちらは、「Webライターで稼いでやるぞ!」とやる気のある方に、よくありがちな挫折の理由です。昔の僕もそうだったので。

 

具体的には、案件の受注前に1日2冊以上の本を読んだり、ネットの記事を読みまくったりするなどですね。

 

もちろん、勉強はいいことです。とはいえ、Webライターの仕事で挫折するならまだしも、その前の段階の勉強で挫折をしてしまうのは、本末転倒ですよね。

 

 解決策:いきなり案件を受注しよう

「え、いきなり案件をやるの?不安だよ…」という方がいるかもですが、ぶっちゃけ余裕ですよ。

というのも、基本的にクライアントは、「ライティングマニュアル」といったものを送ってくれますので、それに沿って記事を書けばOKなので。

 

なお、「少し不安。最低限の勉強だけをしておきたい。」という方は以下の記事で読んでおくべき本を3冊ほど紹介しておりますので、どうぞ。

>>【必読】Webライター初心者が読むべき本と読み方のコツを解説する

 

Webライターが挫折しないための対策法【超簡単】

Webライターが挫折しないための対策法【超簡単】

Webライターが挫折しないための対策法【超簡単】

 

結論、対策法は以下の3つだけです。

 

  1. お金以外の目標を設定する
  2. 他のWebライターと交流をする
  3. アフィリエイトで収入を得てみる

 

すべて今日から実践できます。

では、1つずつ見ていきましょう。

 

その①:お金以外の目標を設定する

 

Twitterなどを見ていると、以下のような方を見かけます。

 

「目標は月50万円を稼ぐことです。」

 

もちろん、いい目標だと思います。とはいえ、必ず挫折してやめてしまうかな、、、と思います。

 

なぜなら、「お金を稼ぐ職業」と考えているからですね。

ぶっちゃけ、それじゃあキツイ。

 

というのも、お金を目標にしてしまうと、どうしてもモチベーションが上がらないんですよね。

じゃあ、どうすればいいのか。

 

お金以外の目標を設定する。←これだけ

 

具体的には、以下のようなものですね。

 

  • 独立して、自由に暮らす。
  • 家族と日本一周の旅行に行く。
  • 実績やスキルを身につけて、転職をする。

 

こんな感じ。何が違うかわかりますかね。

結論、「お金を稼いだ先の目標」です。

 

つまり、単にお金を稼ぐことを目標にしてしまうから挫折するわけでして、少しだけズラして、その先に目標地点を設定すると、意外と挫折しにくい。

 

その②:他のWebライターと交流をする

 

お次は、1人でコツコツと作業をするのではなく、他のWebライターと交流をしつつ、作業をすることですね。

 

正直、人は「孤独」を感じてしまうと、挫折しやすいです。

 

こちらは、高校時代の部活動などを考えてみると、わかりやすいかもです。毎日のキツい練習でも、チームメイトがいれば、謎に「がんばるぞ!」と思えたことはないですか。

 

上記の具体例は、部活動だけでなく、Webライターも同じでして、1人ではなく、友達などがいると挫折しにくいです。

 

なお、交流のツールとしては、Twitterがかなり優秀ですね。

>>参考:【事実】WebライターがTwitterを運用すべき理由【やらないと損】

 

その③:アフィリエイトで収入を得てみる

 

最後は、Webライターという領域を少し越えたお話しです。

ぶっちゃけ、この記事を読んでいる方の多くは、Webライターを始めた動機として、「在宅で収入を得たい。」と考えていたはず。

 

では、Webライターにこだわる必要なくないですかね。(ここまで話しておいて、なんだよ、と思う方がいたら、スイマセン。)

 

とはいえ、「他に在宅でできる仕事はない…」と思う方もいるかもです。

 

そんな方に朗報。アフィリエイトであれば、在宅ですべて完結できますよ。詳しくは【比較】Webライターとアフィリエイトはどちらの方が稼げるのか?にて解説しています。

 

Webライターは挫折してもOKです【実体験】

Webライターは挫折してもOKです【実体験】

Webライターは挫折してもOKです【実体験】

 

結論、Webライターは挫折してもOKです。

なぜなら、挫折しても、いつでも再スタートができるからですね。

 

この記事を書いている僕も何回か挫折しました。その時、一定の期間仕事をやらずに、気が向いた時に戻ってきました。

 

そのため、「挫折=ゲームオーバー」ではないので、ツライな、、、と感じたら一度やめてみてもいいかもです。

 

まとめ:Webライターとして挫折をしつつ、成長しよう

まとめ:Webライターとして挫折をしつつ、成長しよう

まとめ:Webライターとして挫折をしつつ、成長しよう

 

今回は、Webライターが挫折する3つの理由と対策法をご紹介しました。

 

 今日からできる対策法

  1. お金以外の目標を設定する
  2. 他のWebライターと交流をする
  3. アフィリエイトで収入を得てみる

 

上記のとおり。

ぶっちゃけ、Webライターに挫折はつきものです。

 

そのため、挫折しつつ、成長するのみですね。

今回は以上です。

 

人気記事【保存版】Webライター初心者が月5万円の収入を稼ぐ手順を解説する

 

-Web writer

© 2021 Katakuri Blog