お金 アルバイト

【月10万円】大学生がバイト以外でお金稼ぎをする方法【稼ぐコツ】

2021年11月8日

【月10万円】大学生がバイト以外でお金稼ぎをする方法【稼ぐコツ】

 

悩んでる人
大学生です。バイトばかりの毎日を送っています。しかし、アルバイトだと「月8万円ほど」が限界でもっとお金を稼ぎたいです。そこで『バイト以外』で大学生ができるおすすめのお金稼ぎの方法を教えてください。お金を稼ぐコツもあれば知っておきたいです。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・バイト以外でお金稼ぎをする方法
・お金稼ぎをするなら、インターンが神
・バイトで月10万円を稼ぐのはキツめ
・バイト以外でお金稼ぎをするメリット
・大学生がお金稼ぎを始める時の疑問点

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

この記事を書いている僕は現役の大学生です。今はブログを書きつつ、お金を稼ぎつつ、わりとゆるく生きています。

 

今回は、大学生がバイト以外でお金稼ぎをする方法を解説していきます。

 

この記事を書いている僕は「アルバイトで月10万円を稼いだ経験」「バイト以外で月10万円を稼いだ経験」の2つの経験ありです。

 

なので、どちらの経験もあるので、より公平なお話ができるのかなと思います。

 

前置きは、さておきですね。

では、いきましょう( ̄∇ ̄)

 

大学生がバイト以外でお金稼ぎをする方法【効率よく稼ぐ】

大学生がバイト以外でお金稼ぎをする方法【効率よく稼ぐ】

 

結論は、下記の5つの方法です。

 

  1. ポイ活
  2. Webライター
  3. プログラミング
  4. インスタグラム
  5. クラウドソーシング

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:ポイ活

 

1つ目はポイ活ですね。

いわゆる「ポイント集め」です。

 

 例:アンケートモニターの場合

アンケートモニター:イメージ図

アンケートモニター:イメージ図

 

①:アンケートに回答する
②:ポイントがもらえる
③:ポイントを交換する

 

「大学へ行くまでの時間」とか「寝る前の時間」をお金稼ぎに変えられる感じ。

なので、忙しい大学生向けです。

 

 おすすめのアンケートモニター

マクロミル:ネットリサーチの国内最大手企業。120万人が利用中。
Ipsos iSay:アンケート1回あたりのポイントが高め。コスパ最強。
キューモニター:モニター数全国150万人の大人気サイト。継続率高め。

 

どれも無料で登録OKです。

まずは「どんなアンケートがあるか?」をチェックしつつ、始めるのがベスト。

 

その②:Webライター

 

お次は、Webライターです。

※Webライターとは、メディアやブログで記事を書く仕事のこと。

 

 Webライターで稼げるお金

「1文字あたりの単価×文字数=収入」

 

こちらの方程式で収入が決まりますね。

なので「1文字2円」で「3,000文字」の場合、得られる報酬は『6,000円』です。

 

1文字あたりの単価を上げたり、より速く文章を書けたりすれば、余裕で時給はアルバイトを越えますからね。

 

僕もWebライターをしていた経験がありまして、時給は3,000円越えでした。

 

Webライターのお仕事を受注するには『Bizseek』か『クラウドワークス』を使えばOKです。どちらにも登録しておけば、案件数も倍になるので、お金も稼ぎやすいはずです。

 

また「1からWebライターの始め方を教えて欲しい…」という大学生に向けて【無料】大学生がWebライターになる手順【バイトよりも稼げる】という記事を書いてみました。

 

その③:プログラミング

 

大学生から人気のお金稼ぎです。

※イメージとしては、プログラミングスキルをつけつつ、企業から案件を受注しつつ、お金稼ぎをする感じですね。

 

とはいえ、、、下記の悩みもあるかもです。

 

「独学でプログラミングを学ぶのは難しそう…スクールも高いし…」

 

副業を考える99%の大学生のお悩みです。

結論、スクールの無料体験などを使えばOK。

 

 無料体験などがあるスクール

Tech Academy:無料体験ありでおすすめ。現役エンジニアが指導。
DMM WEBCAMP:無料体験あり。大手DMMのスクールでサポート◎

 

いきなり高額なスクールに申し込むのは怖すぎなので、まずは無料体験をしつつ、プログラミングの基礎を学べばOKかなと思います。

無料体験なので、損なしですね(*・ω・)ノ

 

ちなみに、無料体験を受けた後にプログラミングで稼ぐ手順やコツなどについては【独学NG】大学生がプログラミングで稼げない理由+稼ぐコツを参考にどうぞ。

 

その④:インスタグラム

 

大学生から超人気のインスタグラムを使いつつのお金稼ぎです。

ここで下記の疑問が浮かぶはず。

 

「インスタで、お金稼ぎはできるの?」

 

あまり知られていないかもですね。

とはいえ、インスタでお金稼ぎをしている大学生は超多いですからね。

 

 インスタ副業の収入源

  • アフィリエイト
  • 企業からのPR案件
  • インスタコンサル

 

このあたりかなと。

しかし、2つ目の「企業からのPR案件」と3つ目の「インスタコンサル」は、フォロワーを増やしたり、実績を積み上げる必要がありまして、時間がかかります。

 

そのため、最初のうちは1つ目の「アフィリエイト」に注力するのがベスト。具体的には『A8.net』に無料登録すれば、アフィリエイトができますよ。

>>A8.netに無料登録する

 

ちなみに、インスタ副業を始める手順などは【本物】大学生がインスタ副業をやってみた結果【稼ぐ仕組みも解説】にて詳しく解説済み。

 

その⑤:クラウドソーシング

 

続いては、クラウドソーシングですね。

※クラウドソーシングとは、お仕事を受注&納品して、お金を稼ぐサービス。

 

具体的には、以下のような仕事がありますね。

 

 例:クラウドソーシングの仕事

  • 情報のリサーチ
  • 簡単なデータ入力
  • レビュー記事の作成

 

どれもスキマ時間にできるお金稼ぎです。

クラウドソーシングは『Bizseek』と『クラウドワークス』が定番ですね。

 

実際、僕も『クラウドワークス』を使いつつ、お金稼ぎをしていました。

 

どちらも優秀なので、両方に無料登録しつつ、使いやすい方を決めればOK。

 

大学生がバイト以外でお金稼ぎをするなら、インターンが神

大学生がバイト以外でお金稼ぎをするなら、インターンが神

 

結論は「長期インターン」が最強です。

 

長期インターンとは【大学生におすすめ】

 

長期間、企業で働かせてもらうことです。

 

仕事内容:記事を書く・記事を修正する

 

上記のとおり。

また、お給料もいただけていました。

 

なので、アルバイトと同じような形でしたね。

 

企業で働くのが「怖い」と感じる大学生へ

 

昔の僕も同じことを思っていたので、超同意。

ただ、実際に働いてみると(大学生として)、バイトと同じような感じでした。

 

具体的には「〇〇の仕事やっておいて」と言われて、仕事をこなすだけ。

 

そして、改善案などがあれば、こちらからしっかりと話す。といった感じ。(改善案とかはバイトとは違うかもですね)

 

そのため「企業で働くこと」に対して、そこまで不安に思う必要なしです。合わなければ、いつでもやめてOKですからね。気軽です。

 

「長期インターン+副業」で月10万円は稼げる

 

個人的に「長期インターン+副業」は、超最強だな考えています。

理由はシンプルでして、長期インターンで学んだことを副業で活かすことで、収入をアップさせやすいからですね。

 

 僕の場合

・インターン:記事を書く/修正する
・副業:ブログで記事を書く/修正する

 

こんな感じ。

実際、僕は9ヶ月ほど「Webマーケティングの企業」で長期インターンをやりつつ、自分で「ブログ」を立ち上げました。

 

最初は、アクセスや収益もほぼ増えず絶望でしたが、Webマーケティングの企業で学んだことを活かしつつ継続したら、月16万円ほど稼げるようになりました。

 

こういった感じで、バイトで月10万円を稼ぐより、圧倒的に「長期インターン+副業」をがんばった方が大学生として、お金稼ぎの難易度がグッと低くなりますよ。

 

月10万円を稼げる「長期インターン+副業」の見つけ方

 

長期インターンと副業、それぞれ解説します。

 

 長期インターンの逆求人サイト

dodaキャンパス:大手が多数あり
オファーボックス:中小から大手まで
キミスカ:ベンチャー企業が多めです

 

上記は「逆求人型のサイト」でして、大学生は登録していれば、企業側からスカウトといった形でオファーをいただけます。あとは、長期インターンのお話をすればOK。

 

また、無料で登録できる(お金はかからない)ので、大学生に人気ですね。

 

 おすすめの副業

  • ブログ
  • Webライター
  • プログラミング

 

このあたりになってくるかなと思います。

 

個人的に「ブログ」は、月1,000円ほどから始められまして、超ハードルは低いかなと思います。始め方については、下記をどうぞ。

>>【たった10分】大学生のブログの始め方を解説【稼ぐコツあり】

 

実際、僕もブログで月16万円ほど稼げたので、大学生におすすめです。

 

大学生がバイトで月10万円のお金を稼ぐのは、キツめです

大学生がバイトで月10万円のお金を稼ぐのは、キツめです

 

バイトだけで月10万円って、キツめですよ。

 

時給労働のバイトは、収入に限界がある

 

たとえば、バイトで月10万円を稼ぐ場合って、下記の時間が必要ですよね。

 

「時間:100時間ほど」

※時給を1,000円と仮定。

 

こちらのとおり。

つまり、大学生がバイトで月10万円を稼ぐには、最低でも「100時間ほど」をバイトに使う必要ありなんですよね。

 

月10万円を1年間(12ヶ月)稼ぐとしたら、100時間×12ヶ月で1,200時間ほど。

 

バイトだけの大学生活を4年間続けた場合、、、「4,800時間」を使うことになります。わりと多めですよね。

 

スキル取得までに必要な時間は、1,000時間ほど

 

先ほどご紹介した「ブログ運営」「プログラミング」などのスキルは、目安として1,000時間ほど時間を投資すれば、スキルが取得できると言われています。

 

なので、大学生が月10万円を稼ぐために、学生生活の「4,800時間」を使っていたら、ザックリと4種類ほどのスキルが身に付く感じ。

 

 スキルがあれば、時給とかは関係ない

スキルとかを身に付けている大学生は、1時間で1万円とか普通に稼ぎます。

そのように稼げる理由は、スキルを獲得しつつ、仕事に活かしているからです。

 

そのため、『バイト以外』で月10万円を稼ぐなら、大学生の時間をバイトだけに使うのではなく、スキルを獲得するべしですよ。

 

 おすすめのスクール

デザナル:デザインを学べます。24時間のチャットサポートありで安心。
Writing Hacks:動画でライティングを学べる。挫折する心配がない。
Tech Academy:オンラインでプログラミングが学べる。無料体験◎

 

上から順に「デザイン」「ライティング」「プログラミング」といったスキルでして、それとセットでおすすめのスクールも書いておきました。気になるものがあれば、ぜひどうぞ。

 

注意:いきなりバイトをやめる必要はなしです

 

ここまで記事を読んだ大学生の中には、下記のように考える方もいるかもです。

 

「スキルを付けるために、アルバイトをやめよう。」

 

結論、NGです。

というのも、先ほど少しお話ししましたが、「ブログ運営」や「プログラミング」などのスキルは、目安として1,000時間ほど時間を投資する必要ありです。

 

なので、いきなりバイトをやめてしまうと収入源がなくなってしまうので、まずはバイトをやりつつ、勉強するのがベストかなと思います。

 

 スキル取得のハードルが高い場合

「バイト+長期インターン」でもOK。

 

上記のとおりで、今までのバイトをやりつつ、長期インターンに挑戦するのもありですよ。そして、長期インターンで稼げるようになってきたタイミングでバイトをやめて、副業で必要なスキルを取得する勉強をすればいいので。

 

整理すると「①バイト+長期インターン」「②長期インターン+副業」という流れ。

 

 長期インターンの逆求人サイト

dodaキャンパス:大手が多数あり
オファーボックス:中小から大手まで
キミスカ:ベンチャー企業が多めです

 

気になる大学生は、上記をどうぞ。

※サクッと3分ほどで、無料登録ができます。

 

大学生がバイト以外でお金稼ぎをする3つのメリット

大学生がバイト以外でお金稼ぎをする3つのメリット

 

下記の3つのメリットがあります。

 

  1. 知識やスキルが「資産」として残る
  2. 時給労働(バイト)から開放される
  3. お金稼ぎの難しさを経験できる

 

では、順に説明していきますね。

 

メリット①:知識やスキルが「資産」として残る

 

正直、バイトっていくら働いても「知識やスキル」が身に付かないんですよね。

しかし、ブログやプログラミング、長期インターンなどの『バイト以外』で月10万円ほど稼げるようになると、知識やスキルが資産として残り続けます。

 

 僕が身につけた知識やスキル

  • SEO対策の知識
  • Webライティングスキル
  • Webマーケティングスキル

 

主に、上記の3つですね。

 

もちろん、バイトで働けば、「コミュニケーション力」とか「横の繋がり」とかも作れるかもです。ただ、個人的には、あまり身に付かなかったなと感じています。

 

メリット②:時給労働(バイト)から開放される

 

繰り返しですが、大学生がバイト以外で月10万円を稼ぐと「時給労働」から開放されますよ。

 

 バイトで10万円を大学生が稼ぐ場合

「時間:100時間ほど」

※時給を1,000円と仮定。

 

こちらの時間が必要になってきます。

一方で、ブログなどが軌道に乗り始めると、ほぼ放置でもお金を稼げるようになるので、時給労働(バイト)から開放されます。

 

事実として、僕は就活に集中するために、数ヶ月ブログを完全放置していた期間があったのですが、それでも最低月2万円〜3万円ほどは稼いでいてくれました。

 

なので、先ほどは知識やスキルが「資産」として残るとお話ししましたが、ブログとかは自分が書いたコンテンツが『ネット上の資産』になるので、そこからゴロゴロとお金を稼いでくれますよ。超感謝です( ̄^ ̄)ゞ

 

メリット③:お金稼ぎの難しさを経験できる

 

個人的に、1番メリットだと感じた点です。

というのも、バイトは既に「仕組み」が作られていますよね。

 

 コンビニのバイトの場合

  • あなた:決まった時間、接客や品出しをする
  • 経営者:お客さんからもらった利益をもとに、お給料をあなたに支払う

 

上記のとおり。

しかし、ブログとかで「自分でお金を稼ぐ」場合、1から仕組みを作っていく必要ありです。

 

 ブログで稼ぐ流れ

ブログで稼ぐ仕組み

ブログで稼ぐ流れ

 

流れとしては、「あなた」が広告を貼って、「読者」が広告をクリックして、「Google」から広告収入として「あなた」にお金が支払われる感じ。

 

なので、あなたは「どんな読者に」「どういった経路で」「どんな記事を」などを1から考えつつ、ブログにアクセスが集まる仕組みを作っていく必要があるんですよね。

 

そのため、僕自身は大学生の間に、自分でお金を稼ぐ難しさを経験できたのは超よかったな、と感じています。

 

大学生がお金稼ぎを始めるときに、疑問に思うこと4つ

大学生がお金稼ぎを始めるときに、疑問に思うこと4つ

 

おそらく、以下の疑問があるかなと。

 

  1. 大学生は起業したほうがいい?
  2. おすすめな「お金の使い方」は?
  3. 効率よく稼ぐ、お金の稼ぎ方は?
  4. 大学生でも、お金は貯めるべき?

 

1つずつ疑問点を解消していきますね。

 

疑問①:大学生は起業したほうがいい?

 

結論は「目的」として起業するのはNG。

なぜなら、起業はあくまで『手段』でして「目的」ではないからですね。

 

 起業=目的の大学生

「お金稼ぎのために、まずは起業しよ。何をするか決まっていないけど…」

 

 起業=手段の大学生

「スマホアプリの事業を立ち上げたい。起業して法人化しつつ、始めよう」

 

わかりますかね。

つまり、起業とかって『何かをやるための手段』でしかなくて「起業することを目的」としても、あまり意味がないかなと思います。

 

実際、企業をすると周りに話す大学生は、わりと「うざい」と思われています。

>>【やめとけ】起業したがる大学生は『うざい』です【放置でOK】

 

そのため、お金稼ぎをする上で起業は必須じゃないです。まずは小さなビジネスから始めつつ、軌道に乗り始めてから起業するイメージでOKかなと思います。

 

疑問②:おすすめな「お金の使い方」は?

 

結論は、どんな使い方でもOKです。

というのも、お金の使い方とかって周りから聞くよりも、あなた自身で経験してしまった方が多くの学びにつながるからですね。

 

 僕もかなり無駄遣いをした

  • 収入:月8万円ほど
  • 支出:月10万円ほど
  • 残り=マイナス2万円

 

上記は過去の僕の収支でして、浪費家でした。

収入以上の無駄遣いが多くて、貯金を崩したり、学費に使うはずの奨学金にまで手を出したりなど、お金にダラシない大学生でしたね。

 

とはいえ、数多くの学びもありました。このあたりの人生経験的なやつを【金欠】大学生は『お金を使いすぎてもOK』です【節約家が解説】にてまとめてみたので、お金の無駄遣いが激しい大学生は参考にどうぞ。

 

疑問③:効率よく稼ぐ、お金の稼ぎ方は?

 

アンケートモニターが神かなと思います。

 

 再度:アンケートモニターとは

アンケートモニター:イメージ図

アンケートモニターとは:イメージ図

 

繰り返しで、スイマセンm(_ _)m

まあ簡単に言えば、アンケートに答えて、ポイントをもらうお金稼ぎです。

 

無料でポイ活ができる&簡単といった感じで、大学生から人気ですね。

 

 おすすめのアンケートモニター

マクロミル:ネットリサーチの国内最大手企業。120万人が利用中。
Ipsos iSay:アンケート1回あたりのポイントが高め。コスパ最強。
キューモニター:モニター数全国150万人の大人気サイト。継続率高め。

 

上記に登録しつつ、開始すればOK。

 

ちなみに、ポイ活以外にも「効率よく稼ぐお金稼ぎの方法」は多数ありまして、このあたりのついては【人気】大学生におすすめな副業ランキング【すべて在宅でOK】を参考にどうぞ。

 

疑問④:大学生でも、お金は貯めるべき?

 

結論、お金は貯めておいて損なしです。

※僕は大学3回生の終わりに気づいた。

 

 お金を貯めるべき理由

  • シンプルに安心する
  • すぐに挑戦することができる
  • 思わぬ出費に即座に対応できる

 

こういったように、お金を貯めることは「攻め」にも「守り」にもなります。

 

実際、昔の僕は常に貯金額が『1桁万円』でしたが、お金を貯める重要性に気づきつつ、今は貯金がかなりできました。

 

その結果、精神的な余裕がバグレベルに高めですし、何より新しくやりたいことができたときに3秒ほどの思考時間で挑戦することができますからね。お金の力はすごいです。

 

なので、お金を貯める習慣がない大学生は少しずつでOKなので、貯金をする習慣をつけてみるといいかもです。具体的にやるべきこと+コツなどは、以下の記事で解説済みです。

>>【無料公開】貧乏大学生だった僕が『貯金30万円』を貯めた方法

 

まとめ:大学生のうちに「バイト以外」でお金稼ぎを経験セヨ

まとめ:大学生のうちに「バイト以外」でお金稼ぎを経験セヨ

 

今回は、大学生がバイト以外でお金稼ぎをする方法を解説しました。

 

 バイト以外でお金稼ぎをする方法

  1. ポイ活
  2. Webライター
  3. プログラミング
  4. 自己アフィリエイト
  5. クラウドソーシング

 

こんな感じですかね。

バイト以外でお金稼ぎができれば、大学生活で使える時間がグイッと増えます。

 

つまり、大学生活でいろいろな経験をすることができるということ。

 

そのため、最初から「月10万円」とか稼げる可能性は低めですが、毎日コツコツと積み上げていけば、最終的にバイトをするよりもお金稼ぎができるはず。

 

『千里の道も一歩から』です。

僕もまだ大学生としてコツコツ積み上げていくので、一緒にがんばりましょう。

 

というわけで、後悔のない大学生活をどうぞ。

今回は以上です。

 

人気記事【ゆるい】大学生におすすめのバイト3選【人気ランキング】

人気記事大学生がバイトで月8万円を稼ぐなら、どのくらいのシフトが必要?



 

-お金, アルバイト