Blog

ブログを書く理由は3つある【一般人の僕が解説する】

2020年9月27日

ブログを書く理由は3つある【一般人の僕が解説する】

 

悩んでいる人
ごく普通の一般人です。ブログを書く理由ってなんですか?有名人でもないのに、ブログを書く理由ってないですよね?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・ブログを書く理由は人それぞれです【前提】
・ブログを書く3つの理由【一般人が解説】
・一般人がブログを書く時のコツ
・質問:一般人でもブログを書くと稼げるの?

 

 記事の信頼性

カタクリのブログのプロフィール画像

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴9ヶ月のブロガーです。今はブログで5桁の収益を稼いでいます。

 

結論として、有名人ではない一般人でもブログを書く理由はあります。

 

そこで本記事では、ブログを書く3つの理由を一般人の僕が解説していきます。

 

また、後半では一般人がブログを書く時のコツなどもお話ししているので、最後まで読んでみてください。

では、いきましょう♪( ´θ`)




ブログを書く理由は人それぞれです【前提】

ブログを書く理由は人それぞれです【前提】

ブログを書く理由は人それぞれです【前提】

 

前提として、ブログを書く理由は人それぞれです。

そのため、他の人のブログを書く理由に無理矢理あわせる必要なしです。

 

例:多くの人がブログを書く理由

 

結論、一般的に多くの人がブログを書く理由は「お金」を稼ぐためですね。

実際にブログでお金を稼いでいる人は世の中に数多くいまして、月に1万円〜100万円と幅はかなり広めです。

 

当ブログを運営している僕もブログ歴9ヶ月目ですが、5桁のほどブログで収益をあげています。

 

質問:お金以外でブログを書く理由はあるの?

 

「ブログを書く理由=お金」と考えている人が多いですが、個人的にお金以外にもブログを書く理由はあるかなと思います。

なぜなら、ブログを書くことで、お金を得るためのスキルが手に入るからですね。

 

以下はブログを書くことで得られるスキルです。

 

  • SEO対策への知識
  • Webライティングスキル
  • Webマーケティングスキル

 

主にブログを書く中で得られるスキルは上記のとおり。

ぶっちゃけ、ライターなどで上の3つのスキルを活用すれば、月に3万円ほどは余裕で稼げます。

 

 質問:ライターのお仕事はどこで受注できるの?

 

結論、ランサーズというクラウドソーシングを利用すれば問題なしです。

ランサーズとは、「お仕事を発注する人」と「お仕事を受注する人」をマッチングさせるサービスでして、数多くのお仕事があります。

 

つまり、ブログを書くことで、ブログ以外でもお仕事を受注することができるわけですね。


>>ランサーズの公式サイトはこちら

 

ブログを書く3つの理由【一般人が解説】

ブログを書く3つの理由【一般人が解説】

ブログを書く3つの理由【一般人が解説】

 

一般人の僕がブログを書く3つの理由は以下のとおり。

 

 一般人の僕がブログを書く理由

  1. 影響力をつけられる
  2. 0から1を自分で生み出せる
  3. 個人のブランディングをつけられる

 

では、順に説明していきます。

 

その①:影響力をつけられる

 

ブログを書くことで、個人でも影響力をつけることができます。

「個人の影響力って必要なの?」 と思う人がいるかもですが、これからの社会では必要不可欠。

 

理由はシンプルで、「集団」よりも「個人」が重視される世の中になるからですね。

 

日本は終身雇用の問題であったり、年金の問題であったりと「自分の身は自分で守れ」的な流れがきている気がします。

 

つまり、今後の世の中の流れとして、会社に依存し続けると、自分だけでなく周りの人を100%守れる可能性が低くなりつつあります。

 

その②:0から1を自分で生み出せる

 

ブログは0から1を自分で生み出せるビジネスモデルとしてかなり優秀です。

 

他のビジネスモデルの場合、長い年月をかけて0から1にしていきます。しかし、ブログの場合は、6ヶ月ほどで収益化が可能です。

 

 よくある質問:ブログで稼ぐのはむずかしい?

 

結論として、ブログで0から稼ぐのは、かなりむずかしいです。

実際に僕はブログで5桁の収益を稼ぐことができましたが、6ヶ月ほど毎日ブログを書きました。

 

「バイトした方がマシじゃん…」と思うかもですが、ブログのおもしろいところは、記事が資産として蓄積されるところです。

 

つまり、バイトの場合、お金は得られても蓄積はされないですが、ブログは1年前の記事から収益が発生したりします。

そのため、雪だるま式に収益が伸びていくわけですね。

 

その③:個人のブランディングをつけられる

 

ブログを書くと、自然と個人としてのブランディングをつけることができます。

 

たとえば、子供に大人気のYouTuberと聞くと、誰を思い浮かべますか?

僕の場合、ヒカキンさんを思い浮かべます。それは「子供に大人気のYouTuber」という個人のブランドが確立されているからです。

 

これはブログでも同様でして、「〇〇といえばAさん」「△△といえばBさん」といったように個人のブランドを作ることが可能です。

 

ちなみに僕は「ブログ初心者に有益な情報を発信する人」といったブランドをつけようと日々発信しています。
カタクリ

 

一般人がブログを書く時のコツ

一般人がブログを書く時のコツ

一般人がブログを書く時のコツ

 

一般人がブログを書く時のコツは、読者を想像することです。

では、この章ではザックリとブログで読者を想像することについて深掘りをしていきます。

 

読者を想像しない=ブログを書く価値なし

 

結論、読者を想像しないブログは書く価値なしです。

理由はシンプルで、読者を意識できていないブログは、単なる自己満足にすぎないからですね。

 

たとえば、新宿駅付近で安いランチが食べられるお店を探している場合、あなたはどちらのブログを読みたいですか?

 

  • ブログA:今日は新宿の近くでカレーを食べたよ。
  • ブログB:新宿駅の近くにある「〇〇」というお店の500円ランチは、11時から13時限定で、味はかなり美味しいです。

 

僕ならば後者のブログBを読みたいですね。なぜなら、僕が知りたい情報があるから。

 

つまり、あなたが実際にブログを書く時も同様でして、いかに読者にとって「有益であるか」がかなり重要です。

 

ブログで読者を考える方法

 

読者を考える方法は簡単でして、過去の自分の「悩み」に向けてブログを書くことです。

過去の自分であれば、どのような情報が有益かどうかを判断できるはず。

 

実際にこの記事も「ブログってなんでみんな書いているの?」と考えていた過去の自分に向けて書いております。

 

そのため、0から読者を考えるのはなく、過去の自分の「悩み」に向けて書けばOKです。

 

過去の自分が想像しにくかったら、親友などでも問題なしです。
カタクリ

 

質問:一般人でもブログを書くと稼げるの?

質問:一般人でもブログを書くと稼げるの?

質問:一般人でもブログを書くと稼げるの?

 

よくTwitterのDMなどで「一般人でもブログを書くと稼げるの?」といった質問をいただくので、回答をしておきます。

 

結論、一般人でもブログを書くと、まだまだ稼げます。

なぜなら、ブログなどの広告の市場はまだまだ広がっているからですね。

 

当ブログも2019年12月から開設した後発組のブログですが、5桁の収益を稼ぐまで成長しました。

 

そのため、「今からじゃ遅い…」というわけではなく、いつからでもブログでは稼ぐことができます。

 

ブログの始め方は【超簡単】WordPressブログの始め方を解説する【10分でできる】にて画像を使って丁寧に解説しているので、興味がある人はそちらをどうぞ。

 

まとめ:ブログを書く理由は自分で見つけるべし

まとめ:ブログを書く理由は自分で見つけるべし

まとめ:ブログを書く理由は自分で見つけるべし

 

今回は、ブログを書く3つの理由を一般人の僕が解説しました。

 

 ブログを書く理由

  • 影響力をつけられる
  • 0から1を自分で生み出せる
  • 個人のブランディングをつけられる

 

結論として、ブログを書く理由は人それぞれです。

 

そのため、「〇〇さんが言っているからブログを書く理由はこれだ!」と決めるのではなく、ブログを書く理由は自分自身で見つけましょう。

今回は以上です。

 

 ブログの始め方

関連記事
【超簡単】WordPressブログの始め方を解説する【10分でできる】
【超簡単】WordPressブログの始め方を解説する【10分でできる】

 

-Blog

Copyright © Katakuri Blog , All Rights Reserved.