ブログ

ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由

2020年12月8日

ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由

 

悩んでいる人
ブログを100記事書いたけど、まったく稼げません。Twitterなどを見ていると、他のブロガーの方は100記事を書いた時点で月10万円とか稼いでいます。僕にはブログの才能がないのでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・ブログを100記事書いたけど、稼げない理由
・ブログを100記事書いたけど、アクセスが増えない理由
・100記事から、収益をグイッと伸ばす方法【初心者でもOK】
・100記事を越えた後も、ブログを継続するコツ

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴1年のブロガーです。今はブログで月8万円の収入を得ています。

 

今回は、ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由を解説していきます。

 

なお、この記事を書いている僕も100記事を書いた時点では、月の収益は9,000円ほどでして、「半年で月10万円を突破!」と発信しているブロガーを見ては、、、嫉妬をする毎日でした。

 

ただ、他のブロガーに嫉妬していても稼げませんし、アクセスは増えません。

 

とはいえ、いったい何を改善すれば、稼げる&アクセスが増える状態になるのかがわからない方も多いはず。

そこで本記事では、ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由を3つずつ解説していきます。

 

この記事を読みつつ実践することで、稼げないブログが少しずつ稼げるブログへと変化していきます。また、変化を楽しむことで、他のブロガーへの嫉妬もなくなりますので、幸福度アップです。

 

前置きが長くなりましたね。スイマセン。

では、いきましょう(・ω・)

 

 まだ100記事に到達していない方は、以下をどうぞ

 

ブログを100記事書いたけど、稼げない理由

ブログを100記事書いたけど、稼げない理由

 

結論、稼げない理由は、以下の3つです。

 

  1. アクセス数が少ない
  2. アドセンス収益に頼っている
  3. 競合サイトのジャンルが強すぎる

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:アクセス数が少ない

 

まず、アクセス数が少ないと、稼げません。

なぜなら、ブログで収益を稼ぐには、以下の方程式を最大化させる必要があるから。

 

PV×CTR×CVR=収益

 

それぞれをわかりやすく解説するなら、下記のとおり。

 

アクセス数×広告のクリック率×商品の購入率=収益

 

こちらのとおりです。

つまり、そもそもアクセス数が少ないと、ブログ収益を増えませんよ、ということです。わりとシンプルですよね。

 

※クリック率や購入率を上げる方法として「セールスライティング」などの手法がありますが、やはり前提は『アクセス数』ですよ。いきなり応用問題を解くのではなく、基礎問題を解くべしです。

 

その②:アドセンス収益に頼っている

 

「100記事書いたけど、稼げないよ...」と悩んでいる方の90%くらいは、アドセンス収益に頼りすぎていることが原因です。

というのも、アドセンスとアフィリエイトの収益を比べた時に、アフィリエイトの方が収益率が高いからですね。

 

  • アドセンス:1クリック5円〜30円ほど
  • アフィリエイト:1成約1,000円以上

 

こんな感じ。もちろん、アフィリエイトは「読者に商品を購入してもらう」といったように、アドセンスよりもハードルは高いかもですが、それでも収益率は高い。

 

たとえば、1成約3,000円の商品を購入してもらい、得られるアフィリエイト報酬と比べると、アドセンスの場合は100回ほど広告をクリックしてもらう必要がありますからね。

 

なので、膨大なアクセス数を集められない初心者こそ、ブログで稼ぎたいなら「アフィリエイトに特化」すべきです。

 

なお、アフィリエイトを頑張るならASPに登録しておかないと勝負になりませんよ。他のブロガーたちは、当たり前のように登録していますので。

 

その③:競合サイトのジャンルが強すぎる

 

ぶっちゃけ、競合サイトが強すぎるジャンルで100記事ほど書いても、稼げませんよ。

わかりやすい具体例は、以下のとおり。

 

町にパン屋さんが10軒ある「A町」と、町にパン屋さんが1軒しかない「B町」があるとします。新しく参入するなら、どちらの方が売れやすそうですかね?

 

言うまでもなく、後者の「B町」ですね。

理由は、1つの市場(町)に対して、パン屋さんが多数あるor少数しかないから。

 

つまり、ブログも同様でして、いくら質の高い記事を書いたとしても、市場が強すぎる場合、競合サイトに勝てません。

 

「そもそも自分が戦っているジャンルは、競合サイトが強いのか?」を知りたい方はアフィリエイトでレッドオーシャンとは【避けつつ、稼ぐコツも紹介】を読むといいかもです。

 

ブログを100記事書いたけど、アクセスが増えない理由

ブログを100記事書いたけど、アクセスが増えない理由

 

次に、アクセスが増えない理由は以下の3つ。

 

  1. 上位サイトを分析していない
  2. SEOキーワードを選定していない
  3. 読者の悩みを「徹底的に」考えていない

 

では、順に説明していきます。

 

その①:上位サイトを分析していない

 

まずは、1つ質問です。

 

「ブログを書く前に、上位サイトを分析していますか?」

 

上記の質問に対して、「上位サイトを確認はしているけれど、分析はしていない」という方は要注意。

なぜなら、上位サイト=Googleの答えだからです。

 

 具体例:[ブログ 構成案]

具体例:[ブログ 構成案]

 

たとえば、[ブログ 構成案]といったキーワードでググると、記事内に下記のような共通点があります。

 

  • ブログの構成案とは?
  • ブログの構成案を作る手順
  • ブログの構成案を作る時の注意点

 

上記の3つの共通点があり、それらが記事に含まれています。

つまり、上記のような状態で「構成案が必要のない理由」とか「構成案なしで収益を上げる方法」などはGoogleと読者から求められていないということです。

 

なお、このあたりは多少の慣れが必要です。毎日ジムに通っていたら、少しずつ持ち上げられる重さが変わるのと同じですね。

そのため、日々ライティングをする中で「Googleや読者は、このキーワードで何を求めているのか?」を考えましょう。

 

その②:SEOキーワードを選定していない

 

ここまで「キーワード」という単語を何回か出してきましたが、その度に「???」と感じた方は、今すぐにSEOキーワード選定を学ぶべきです。

というのも、アクセス数を増やすには、下記のような流れが必要だから。

 

「SEOキーワードを選定する」→「SEOキーワードをベースにしつつ、記事を書く」→「検索上位に表示され、アクセス数が増える」

 

上記のとおり。

要するに、SEOキーワード選定をしていないと、そもそもベースにする土台がないため記事が書けませんし、アクセスは集まりませんよ、ということ。

 

ただ、SEOキーワード選定は手順ごとに実践すれば、初心者でもアクセスが集まるキーワードを選べますよ。詳しくはブログでキーワード選定をするコツ【初心者向けマニュアル】を参考にどうぞ。

 

その③:読者の悩みを「徹底的に」考えていない

 

読者は必ず「悩み」を持っています。

おそらく、この記事を読んでいるあなたも「ブログを100記事書いたけど、稼げないし、アクセスが増えない。どうすればいいのか?」といった悩みを持っていたはず。

 

こちらは、あなたのブログを読む読者も同じですよ。必ず悩みを持っていますので、その悩みを徹底的に考えつつ、解決策を提示するべき。

 

また、読者の悩みを徹底的に考えるなら、そもそも「どんな読者か」を設定する必要ありですよ。詳しくは以下の記事を読んでみてくださいませ。

>>ブログのターゲットの決め方を解説【読者に刺さる記事を書こう】

 

100記事から、収益をグイッと伸ばす方法【初心者でもOK】

100記事から、収益をグイッと伸ばす方法【初心者でもOK】

 

では、100記事から、ブログ収益を伸ばす方法について解説していきますね。

 

高単価のアフィリエイト案件を探すべし

 

収益を伸ばすなら、低単価よりも高単価の案件を探しつつ、扱うべきです。

というのも、高単価の案件の方が1成約あたりに得られる報酬も増えますので、ブログ収益が伸びやすいからですね。

 

なお、高単価のアフィリエイト案件を探すなら「タウンライフアフィリエイト」がおすすめですよ。1成約につき10,000円オーバーの案件がゴロゴロありますので、その分だけ収益も伸ばしやすいです。

 

「高単価の案件=売れにくい」←勘違い

 

とはいえ、昔の僕もそうだったのですが、高単価の案件と聞くと、下記のように考えていました。

 

「売れにくいのでは...?」

 

結論、大きな勘違いですよ。

なぜなら、値段の高いor低いというのは、その人の悩みによって変わるから。

 

たとえば、「モテたいから、痩せたい」と思っている人は月額1万円のジム料金を高いと思わないはず。一方で、「そこまで痩せなくてもいっか」と考えている人からすれば、月額1万円のジム料金は高いと感じるはず。

 

つまり、値段の高いor低いといった感覚は、あなたと読者では大きく違います。

 

そのため、「高単価の案件=売れにくい」といった考えは今すぐに捨てるべきでして、ブログ収益を伸ばしたいなら、「高単価の案件」こそ狙うべきですよ。

※あくまで読者が求めているものを選びましょう。ブログは読者ファーストです。報酬が高いだけの魅力的でない商品は購入されません。

 

案件を選ぶ時間は、1日以上かかって当然です

 

1つアドバイスというか注意点ですね。

高単価の案件を選ぶ時間は、1日とかでは無理ですよ。何日も時間をかけて選ぶべき。

 

理由はシンプルでして、短い時間で選んでしまうと、下記のようなリスクがあるからです。

 

  • 品質が低いものを選ぶ
  • 競合が多いものを選ぶ
  • 売れにくいものを選ぶ

 

こちらのとおりです。

案件選びは、ブログ収益の「核」となる部分です。

 

時間がかかってしまうのは当然なので、焦らずに、ゆっくりと探しましょう。

 

補足:アクセス数(PV数)が増えると、難易度が下がる話

 

繰り返しですが、ブログで稼ぐには、下記の方程式が必要。

 

アクセス数×広告のクリック率×商品の購入率=収益

 

もう覚えましたかね。

上記の方程式の数字で1番増やしやすいのは「アクセス数」です。

 

セールスライティングなどのテクニックよりも、まずはアクセス数を増やすことも目標にしましょう。(目安は月1万PVくらいは欲しいところ)

 

100記事を越えた後も、ブログを継続するコツ

100記事を越えた後も、ブログを継続するコツ

 

最後に、100記事を越えた後(稼げなくても)、ブログを継続する4つのコツをご紹介しておきます。

 

  1. 記事を書くことを習慣にする
  2. ブログに疲れた時は、とことん休む
  3. 興味があることを「ネタ」にする
  4. Twitterの利用は、ほどほどにする

 

実際、僕は上記の4つを実践することで「250記事を突破&16ヶ月ほど」継続できました。

今日からできることばかりなので、まずは実践してみてくださいませ。

 

コツ①:記事を書くことを習慣にする

 

継続には「習慣化」が効果的です。

というのも、習慣になれば、モチベーションなどに左右されなくなるからですね。

 

 習慣化するための方法

結論、自分ルールを作ればOKです。

 

具体例を出すなら、「朝起きたら、必ず20分間、勉強をする」「寝る前の1時間は記事を書く」といったようなものですね。

 

あとは、上記の自分ルールを毎日実践するだけでOK。簡単ですね( ̄^ ̄)ゞ

 

コツ②:ブログに疲れた時は、とことん休む

 

ぶっちゃけ、休むことは成果を出す上で1番大切です。

なぜなら、疲れている状態で、いい記事は書けないからですね。

 

また、疲れが溜まってしまうと、結果としてやめてしまう可能性が大です。

 

 疲れた時に休むかどうかの判断軸

 

上記のツイートのとおり。

単に「疲れた」→「休む」ではなく、しっかりと収益やアクセスにつながるかどうかを考えることが大切ですね。

 

コツ③:興味があることを「ネタ」にする

 

よく「ブログは仕事だ。稼ぐためなら、どんなジャンルでも書け」という方がいますが、個人的にNG。

理由は超シンプルでして、自分が興味のないジャンルでは、うまくいかないから。もっと深掘りするなら、下記の手順が稼ぐためには必須。

 

「興味があることをネタにする」→「その分野に対して、もっと勉強する」→「そのネタorジャンルについて専門性が高まる」→「ブログの収益とアクセス数が増える」

 

こういった感じ。

興味がないネタの勉強とかリサーチとかって、やる気が出ませんよね。これは、小学校の時の理科とかと同じ。

 

なので、ブログも「あなたが興味のあるネタやジャンル」を選ぶべき。そうすれば、自然と収益とアクセス数は増えますよ。

 

コツ④:Twitterの利用は、ほどほどにする

 

昔の僕もそうだったのですが、ブログよりもTwitterの運用に時間をかけていたんですよね。

もちろん、Twitterからの集客も大切です。しかし、いくら読者を集客しても、コンテンツ(記事)の質が低ければ、意味がないですよ。

 

ラーメン屋さんに例えるなら、ラーメンの味を美味しくせずに、看板を磨いたり、チラシを配ったりしているのと同じ。

 

まずは、あなたが作るラーメン(ブログの記事)の質を上げた後に、Twitterの運用をしましょう。

 

朗報:100記事を書く前に、ほとんどのブロガーは辞める

 

最後に、1つ朗報です。

ほとんどのブロガーは、100記事を書く前に辞めてしまいますよ。

 

つまり、「ブログを100記事書いたけど、稼げない...」といった悩みを持っていたあなたは、ブロガーの中では上位です。そして、成果を出しているブロガーは、あなたよりも、ちょっぴりうまくいっているだけですよ。

 

そのため、他のブロガーを嫉妬して、ネガティブに考えるだけでなく、まずは自分を褒めてあげることが大切です。自分をうまく甘やかしつつ、楽しくブログを頑張りましょう。

 

なお、この記事を書いている僕も日々Twitterで楽しく発信しています。よろしければ、僕のTwitterアカウント(@katakuri_29)をフォローしてくださいませ。

 

ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由のまとめ

ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由のまとめ

 

今回は、ブログを100記事書いたけど、稼げない&アクセスが増えない理由を解説しました。

 

結論として、100記事書いたけど、稼げないという問題は、わりと普通ですよ。

Twitterなどで発信されている情報(半年で月10万円を突破)とかは、天才です。

 

そのため、あまり他のブロガーを気にすることなく、コツコツ積み上げればOKです。マイペースが大切ですね( ̄∀ ̄)

 

なお、250記事ほどブログを書くことで、収益が月8万円を突破しました。まさに継続は力なりです。「やる気が出ないな...」という方は、以下の2記事をモチベアップに使ってくださいませ。

>>ブログを200記事ほど書いたら、月8万円の収益を稼げた話【報告】

>>【発表】ブログが250記事を達成したので、収益とアクセス数を公開

 

    -ブログ