Webライター

Webライターが失敗をしてしまう原因【成功する方法は、1つだけ】

2021年2月8日

Webライターが失敗をしてしまう原因【成功する方法は、1つだけ】

 

悩んでいる人
Webライターで失敗をしてしまうのは、何が原因なんだろう。できれば、失敗をしたくないし、Webライターで成功したいな。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・Webライターが失敗をしてしまう原因【1つだけ】
・Webライターが思考力と継続力を身につける方法

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年6ヶ月ほど。100人以上のWebライターに仕事を振った経験がありまして、その中で成功する人と失敗する人を数多く見てきました。

 

先日に、下記のツイートをしました。

 

 

Webライターで失敗してしまう原因は、99%継続ができていないからですね。ぶっちゃけ、Webライターに限らず、ブログもそうですが、継続していれば、スキルや知識は身につきますし、収入もセットで上がるはず。とはいえ、無思考で継続してもあまり効果なしです。結論、思考をしつつ、継続しましょう☺️

 

今回は、上記のツイートにあるとおり、Webライターが失敗をしてしまう原因を深掘りしていこうと思います。

 

この記事を読み終わる頃には、Webライターで成功するために必要な「思考力と継続力」がセットで身に付いているので、失敗しづらくなっているかと思います。

では、いきましょう(*’ω’*)

 

Webライターが失敗をしてしまう原因【1つだけ】

Webライターが失敗をしてしまう原因【1つだけ】

Webライターが失敗をしてしまう原因【1つだけ】

 

結論、継続ができていないからですね。

 

そもそも「失敗」なんて存在しない話

 

まずは、あなたに質問です。

 

「失敗の定義は、なんですか?」

 

おそらく、多くの方が「うまくいかない」や「人よりもできていない」といったような回答をするはず。

 

しかし、それらって、失敗ではなく、『改善点』じゃないですかね。

 

うまくいかないなら、「どうしたらうまくいくか」を考えればいいですし、人よりもできていないなら、「自分は何が得意で何が苦手なのか」を考えればいいだけです。

 

要するに、Webライターも同じでして、失敗というものは存在していなくて、改善すべき点を解消しつつ、実践すれば、自然と成功するということ。

※こちらは、「Webライターが思考力と継続力を身につける方法」にて、具体例に合わせて後述しています。

 

Webライターでは、継続できる人がほとんどいない

 

少し話を戻します。

 

僕は今まで100人以上のWebライターを見てきましたが、ほとんどが半年も続けられなかったです。中には、数日でやめた人もいました。

 

「その人に合わなかっただけでしょ。」

 

上記のように考える方がいるかもです。もちろん、人によって合うor合わないはあるかもです。とはいえ、数日や半年で、『それ』ってわかるものなのでしょうか。

 

それに、ぶっちゃけ、Webライターに才能は必要なしでして、続けていればスキルと知識は身につけられますよ。

 

ただ、このあたりをここで解説してしまうと、記事がグッと長くなってしまいますので、詳しくは【悲報】Webライターに向いている人とは?【ネタバレ:いません】をどうぞ。

 

そのため、Webライターで失敗してしまう原因は、続けられていないからでして、続けることができれば、成功するわけです。

 

注意点:無思考で続けていても、時間の無駄です

 

とはいえ、何も考えずに、日々Webライターの仕事をしていても、成長なしです。というか、時間の無駄です。

 

イメージするなら、毎日何も考えることなく、素振りをしている人と同じ。おそらく、プロの選手は同じ素振りをするにしても、「ピッチャーが投げてくるコース」や「振り方の修正」などを考えつつ、素振りをしていますよね。

 

たとえ話が微妙だったかもですが、ザックリとお分かりいただけたはず。

つまり、Webライターで失敗しないためには、日々いろいろ思考をしつつ、続けることが大切なわけですね。

 

Webライターが思考力と継続力を身につける方法

Webライターが思考力と継続力を身につける方法

Webライターが思考力と継続力を身につける方法

 

昔の僕もそうだったのですが、いきなり「思考しながら、続けてみよう。」と思っても、なかなかうまくいかないんですよね。

 

なので、いきなり2つの力を求めるのではなく、分解していきましょう。

「二兎追うものは一兎も得ず」なので。

 

思考力を身につける方法:原因から解決策を探す

 

まずは、思考力から身につけていきましょう。

ぶっちゃけ、こちらは「とにかく原因を探す」ことが大切です。

 

少しイメージしにくいかもなので、具体例を出しつつ、解説していきますね。

 

 具体例:うまく記事を書けない人

では、まずは、「どうして、うまく記事を書けないのか?」を考えてみましょう。

 

おそらく、うまく記事を書けない原因は、以下のようなことが多いです。

 

  • やる気が起きない
  • リサーチができていない
  • ライティングの知識がない

 

上記のとおり。ここで1つ注意点として、「才能がない」「向いていない」といったような言葉で片付けないことです。それじゃあ、いつまでも失敗し続けてしまいますので。

 

次に、それぞれの原因に対しての「解決策」を出していきましょう。

こちらも先ほどの具体例を使用します。

 

  • やる気が起きない→机に5分だけ向かう
  • リサーチができていない→効率的なリサーチ方法を探す
  • ライティングの知識がない→本で学びつつ、実践してみる

 

こんな感じでしょうか。

なお、リサーチ方法に関しては【コツ】Webライターがリサーチをする時のポイント【たった3分】にて解説しているので、そちらをどうぞ。

 

また、ライティングの知識を学べる本は【必読】Webライター初心者が読むべき本と読み方のコツを解説するにて厳選したものだけをご紹介しています。

 

もし、Webライターの仕事をしていく中で失敗をしてしまったら、また原因を探しつつ、解決策を出して、実践していけばOKです。

 

継続力を身につける方法:挫折をしない考え方にする

 

お次は、継続力を身につける方法です。

こちらは、かなり単純でして、「挫折をしない考え方を持つ」です。

 

というのも、Webライターが失敗してしまう原因が継続できないことだとするならば、継続できないことの原因が『挫折』だからです。

 

このあたりについては【超簡単】Webライターが挫折する3つの理由と対策法を解説するにて理由と対策法をセットで解説していますので、そちらを読んでもらえるとわかりやすいかと。

 

まとめ:Webライターの失敗は、思考力と継続力で解決する

まとめ:Webライターの失敗は、思考力と継続力で解決する

まとめ:Webライターの失敗は、思考力と継続力で解決する

 

今回は、Webライターが失敗をしてしまう原因と解決策をご紹介しました。

本記事の内容をまとめると、以下のとおり。

 

 本記事のまとめ

  • Webライターの失敗とは、改善点のこと。
  • 続けていれば、自然とスキルと知識が身につくので成功する。
  • とはいえ、無思考ではなく、思考をしつつ、継続をする。

 

こんな感じでしょうか。

結論として、Webライターの失敗は、思考力と継続力を身につければ、自然と解決できます。

 

そのため、最初はうまくいかないことが多いかもですが、じっくりと時間をかけつつ、改善すればOKです。

今回は以上です。

 

    -Webライター