勉強

【文系】大学の勉強と授業についていけない←やめたいと思うのは当然

2022年4月13日

【文系】大学の勉強と授業についていけない←やめたいと思うのは当然

 

悩んでる人
大学生です。大学受験をわりと頑張りまして、レベルの高い難関大学へ入学しました。ただ、大学に入ってから周りの友人と自分を比較してしまい、うまく勉強と授業についていけないです。正直なところ大学をやめたいと考えています。どうすればいいでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・大学の勉強と授業についていけない←やめたいと思うのは当然
・この状況を抜け出すための5つの方法
・「大学についていけない+抜け出す」は、人生でわりと大切

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

この記事を書いている僕は現役の大学生です。大学受験を頑張りまして、レベルの高い難関大学へ入学しました。

 

今回は、過去の自分へのメッセージです。

というのも、大学1年生の頃の僕は、以下のように考えていたからですね。

 

「レベルの高い難関大学へ入ってしまった…授業や勉強についていけない…」

 

上記のとおり。

なので、まずお伝えしたいことは『大学の勉強と授業についていけない』と考えるのは、8割くらいの大学生も同じ考えを持っていますよ、ということです。

 

そのため、ついていけないことに対してネガティブに考える必要はなくて、深く考えずに、ゆるく生きればOKです。

 

というわけで、本記事ではこのあたりを深掘りしつつ、解説をしていきますね。

では、いきましょう( ̄^ ̄)




大学の勉強と授業についていけない←やめたいと思うのは当然

大学の勉強と授業についていけない←やめたいと思うのは当然

 

結論、ついていけないのは当たり前です。

 

大学生が勉強と授業についていけない5つの原因

 

僕自身、以下の5つが大きな原因でした。

 

  • テスト範囲が広すぎる
  • 毎週の課題の量が多すぎる
  • 英語とか数学の基礎を忘れた
  • 授業や講義の進むスピードが速い
  • 教授が何を言っているのか意味不明

 

たぶん、あなたもいくつか当てはまるはず。

とはいえ、繰り返しですが「大学の勉強と授業についていけない…」と悩むのは、あなただけじゃないですよ。上記の悩みは、わりと誰しもが持つものでして、当たり前ですからね。

 

解決策:大学&学部の中で、トップを目指さなくてOK

 

これに尽きるかな、と思います。

 

 ここを狙いましょうの図

大学で狙うべきポジション

大学で狙うべきポジション

 

ここを狙えばOKです。

いわゆる「中の下」ってやつです。

 

 大学生の成績の法則

・トップ層:2割
・ミドル層:6割
・ボトム層:2割

 

よく『2:6:2の法則』と呼ばれますね。

こちらは大学生の成績でも同様でして、3グループに分けられます。

 

なので、無理にトップ層を狙う必要はなしでして「中の下」を狙えばOKです。

 

大学の勉強と授業についていけない僕でも、単位を取りきれた

 

「中の下でも大丈夫なの…?」と悩む方へ。

僕は今4年生でして、3年生の後期が終わる頃に「卒業単位」を取り切れました。

 

 卒業単位とは

「卒業するために必要な単位数のこと」

 

僕が所属している同志社大学は卒業単位数が『124』でした。

※学校によって違ってくるので、ホームページなどを見つつ確認をどうぞ。

 

そのため、僕のように「大学の勉強と授業についていけない…」と悩む方でも『中の下のポジション』を維持しつつ勉強をすれば、卒業単位は取れますからね。

 

なお、効率的に単位を取りたい大学生に向けて【効率的】大学生のテスト勉強の方法を公開【いつから始めるべきか】という記事を書きました。楽に過ごしたい方向けです。

 

大学生の8割くらいは、勉強と授業についていけない話

 

ぶっちゃけ話です。

僕の周りには、下記の友人がいます。

 

  • Aくん:指定校推薦で大学へ入学
  • Bくん:スポーツ推薦で大学へ入学
  • Cくん:レベルの高い高校から入学
  • オイラ:大学へギリギリで合格した

 

こんな感じ。

そして、僕の周りだけかもですが、だいたい8割くらいの大学生は「勉強と授業についていけない…」と話していましたからね。

 

というか、みなさん『テスト前だけ勉強を頑張りまくる勢』でしたね。そのため、ビックリするかもですが、こういったように8割くらいの大学生は、ついていけないという状態です。

 

なので、あまり気にする必要なし(・ω・)ノ




大学の勉強と授業についていけない人が、抜け出すための方法

大学の勉強と授業についていけない人が、抜け出すための方法

 

下記の5つが抜け出す方法です。

 

  1. 授業の復習などの勉強を毎日する
  2. 英語や数学などの基礎を勉強する
  3. プログラミングなどの分野を学ぶ
  4. テスト前は、アルバイトを入れない
  5. 大学を休学しつつ、授業から離れる

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:授業の復習などの勉強を毎日する

 

1番に思い浮かぶことですね。

具体的な流れは、以下のとおり。

 

①:大学で授業を受ける
②:カフェへ移動するor自宅に帰る
③:今日の授業の範囲を復習する

 

こんな感じですね。

「そもそも復習の時間を取れないよ…」という大学生は『時間の取り方』を工夫すれば解決しますよ。このあたりについては【目安】大学生の理想の勉強時間は、1日5分だけでOKですを参考にどうぞ。

 

 質問:復習でわからないところは?

結論、ネットでググりましょう。

※もちろん、教科書で調べるでもOKです。

 

[カリギュラ効果 とは]
[Webサイト ブログ 違い]
[パレートの法則 わかりやすく]

 

上記のように、ググれば解決するはず。

ぶっちゃけ、今は「99%」くらいの確率でググれば解決できちゃうので、大学生活の中で『ググる癖』をつけておくといいかもです。

 

その②:英語や数学などの基礎を勉強する

 

「教授が何を言っているのか意味不明」と悩む大学生向けです。

こちらの問題への解決策は『基礎を学ぶ』ですね。

 

 基礎を学ぶ具体例:英語の場合

  • 単語帳で英単語を覚える
  • 文法書で1から文法を覚える
  • 問題集で長文問題に取り組む

 

英語だと、基礎はこんな感じですかね。

ただ「数学」とか「物理」「化学」の場合は、基礎がかなり深いかもですね。

 

なので、1日の大学の授業の復習とセットで、独学で基礎を勉強するのがベスト。

※独学で勉強する場合は「参考書」がおすすめ。基礎固めファイトですヽ(´▽`)/

 

その③:プログラミングなどの分野を学ぶ

 

「大学の授業や勉強はついていけない…」と認めつつ、他の勉強をするのもあり。

なぜなら「1つもついていかない状態」よりも『何か1つでもついていけている状態』では、精神的な状態がまったく違うからですね。

 

・大学の授業や勉強→最低限でOK
・プログラミングなど→わりと頑張る

 

上記のとおり。

実際、僕は大学の授業や勉強がツマラナイと感じたので『Webマーケティング』『Webライティング』『SEO対策』などのスキルを勉強しまくりましたからね。

 

そのため、興味のある方を選べばOKです。

>>参考:【独学NG】大学生がプログラミングで稼げない理由+稼ぐコツ

 

その④:テスト前は、アルバイトを入れない

 

普段の授業や勉強についていけないと悩む大学生向けです。(過去の僕です)

ぶっちゃけ、大学の評価基準はシンプルです。

 

 例:大学の評価基準

  • 授業への出席:10%
  • レポート課題:20%
  • 筆記などのテスト:70%

※授業によって異なります。一例としてどうぞ。

 

こちらのとおり。

つまり、上記のような授業の場合は「テストが大きな鍵」を握るわけです。

 

そのため、テスト前はアルバイトのシフトを入れずに、テスト勉強をすべき。

※目安:僕はテスト1週間前くらいからバイトを休んでいました。

 

なお、テスト期間中もアルバイトをしたい大学生向けに【両立】大学生はテスト期間にバイトをしてもOK【過ごし方のコツ】という記事を書きました。うまく両立できるようになるはずです。

 

 質問:お金がないんだけれど?

結論は、テストまで貯金をしておきましょう。

なぜなら、貯金をしておけば、テスト前にお金を気にせずにバイトを休めるから。

 

「貯金の目安:1ヶ月分の生活費」

 

上記のとおり。

たとえば、僕の場合「月5万円〜7万円ほど」なので、それくらいを貯金する感じ。

 

とはいえ、僕も貯金が超苦手でした。

 

大学1年生の頃とかは「月の収入=月の支出」だったので、余裕のない大学生でしたからね。しかし、現在はしっかりと貯金ができています。そのあたりの貯金法を以下でまとめました。

>>【無料公開】貧乏大学生だった僕が『貯金30万円』を貯めた方法

 

こちらの記事では「貯金30万円」と書いていますが、目標が「1ヶ月分の生活費」なら、わりと難易度は低めなはず。

 

その⑤:大学を休学しつつ、授業から離れる

 

休学も1つの手段です。というか、おすすめ。

実際、僕も大学3年生の頃に「1年間の休学」をしましたからね。

 

 僕が休学した理由

ブログを頑張りたかったからです。

 

上記のとおり。

僕のように「明確に〇〇がやりたい」じゃなくて、シンプルに「大学の勉強と授業についていけない…」と悩むなら、まずは一旦休むのもありかなと思います。

 

 不安:就活で不利になるのでは?

ぶっちゃけ、休学をしたくらいじゃあまり悪影響はなしですよ。

>>参考:【後悔しない】大学生は休学をしても、人生終わりではない話

 

僕は「大学受験で浪人」+「1年間の休学」をしましたが、第1志望の『外資系IT企業』から内定をいただけました。

 

なので、「大学の勉強と授業についていけない…」と悩みつつ、精神が消耗するなら一旦休んでみるのもありだと思います。人生で常に走り続けるとか無理ゲーですからね。

 

「大学についていけない+抜け出す」は、人生でわりと大切

「大学についていけない+抜け出す」は、人生でわりと大切

 

大学生活だけじゃなく、人生において重要。

 

今後の大学生活&人生で、ついていけないことはある

 

当たり前ですが、完璧な人間はいません。

なので、新しい環境へ飛び込んだ時に「ついていけない」ということは必ず起こります。

 

 具体例です

  • バイトの業務に、ついていけない
  • サークルのノリに、ついていけない
  • 就職先の仕事に、ついていけない

 

こんな感じで、大学生活の「授業&勉強」以外にも、これからぶつかる壁なはず。

しかし、そういった時に「ついていけない+抜け出す」という考え方は超大切。

 

例:〇〇についていけない+抜け出す方法

 

例とセットでご紹介です。

 

・バイトの業務に、ついていけない
➡︎業務マニュアルを熟読しまくる

・サークルのノリに、ついていけない
➡︎僕ならすぐに辞めます。スイマセン。

・就職先の仕事に、ついていけない
➡︎上司の方に仕事の進め方やコツを聞く

 

わりとシンプルですよね。

要するに「ついていけないこと」を考えつつ「抜け出す方法」を実行する感じ。

 

このような『考え方+行動』を大学生活のうちにマスターしておけば、新しいバイト先で働く場合とか社会人になって就職した先でも、あなた自身で壁を壊していけるはず。

 

勉強や授業に限らず、何事も「60%」くらいでOKです

 

正直なところ「100%」とか無理ゲーです。

 

それなら、まず『60%くらい』を目指した方がうまくいきますからね。

 

あまり肩に力を入れすぎず、気軽にゆるく生きていけばOKです( ̄^ ̄)ゞ

 

ちなみに、大学をうまくサボるコツなどは【だるい】大学の授業をサボるのは『わりと普通』です【罪悪感なし】にて解説をしています。「60%」くらいで単位を取りにいきましょう。

 

まとめ:大学の勉強と授業についていけないのは、わりと当たり前

まとめ:大学の勉強と授業についていけないのは、わりと当たり前

 

今回は「大学の勉強と授業についていけない」と悩んでいた過去の僕(大学1年生の頃)に向けて記事を書きました。

 

 ついていけない時の対処法5つ

  1. 授業の復習などの勉強を毎日する
  2. 英語や数学などの基礎を勉強する
  3. プログラミングなどの分野を学ぶ
  4. テスト前は、アルバイトを入れない
  5. 大学を休学しつつ、授業から離れる

 

大切なことは『中の下でOK』という考え方。

無理に大学の授業とか勉強でトップ層を狙う必要なしです。最低限の勉強だけをしつつ、あなたの好きなことに大学生活の時間を使いましょう。

 

ちなみに、勉強と授業についていけない原因の1つに「単位を効率的に取るコツを知らないこと」が挙げられるかなと。そういった方に向けて【ショック】大学で単位を落とすとやばい【落とした1年生へ届け】という記事を書いたので、気になる方はどうぞ。

というわけで、今回は以上です。

 

人気記事大学生におすすめの勉強場所は、たった1つ【コスパ最強です】

人気記事【ガチ勢】大学生が勉強しまくると、どうなる?【人生が変わった】



 

-勉強