大学生

【暴論】大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしです

2021年10月19日

【暴論】大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしです

 

悩んでいる人
1日5時間ほどゲームをしている大学生です。親に「大学生にもなってゲームばかりするな」と言われています。はたして、時間の無駄なのでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしです
・ゲームをやりつつ、大学生活を楽しむ方法

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

たつつぶ(@tatsutsublog

この記事を書いている僕は現役の大学生です。現在はブログを書きつつ、生活をしています。

 

今回は、大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしですといったテーマで解説をしていきます。

 

※なお、この記事を書いている僕もわりとゲーム好きでして、ほぼ毎日のようにプレイしています。

 

また記事の後半部分では、ゲームをやりつつ、大学生活を楽しむ方法もセットでご紹介していますので、大学生活を充実させたい方は最後まで読んでみてくださいませ。

では、いきましょう( ̄^ ̄)

 

大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしです

大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしです

 

結論、ゲームをやめる必要なしですよ。

 

ゲームに熱中できるのは、素晴らしい話

 

何か1つのことに毎日のように熱中できるのって、普通に考えてスゴくないですかね。

というのも、3日坊主という言葉があるとおり、人ってわりと続けられませんからね。

 

 熱中=改善する思考力がつく

個人的に、熱中ってわりと最強です。

 

  1. ゲームに集中
  2. うまくいかない
  3. 改善ポイントを探しつつ、次のプレイから実践
  4. 少しずつ上達していく

 

上記のとおり。つまり、好きなことだからこそ、改善を繰り返しつつ、レベルアップできますよね。

この考え方や行動って、大学生だけでなく、社会人になってからも超大切になってくるはずなので、「ゲーム=時間の無駄」ではないですよ。

 

ゲーム好きの大学生は、好きなことをバイトにせよ

 

大学生に定番のアルバイトですが、あなたがおもしろいと感じないバイトをする必要はないですよ。

 

「飲食店」「小売店」「塾講師」

 

こういった感じ。というのも、好きではないことに時間を使うのって、超モッタイナイからですね。

そのため、『ゲームテスター』といった種類のバイトがおすすめでして、具体的な作業内容は下記のとおり。

 

  • 発売前のソフトやアプリをプレイ
  • 不具合やバグなどをチェック
  • 接客や営業がなく、黙々と作業

 

ゲーム好きの大学生には最高のアルバイトじゃないですかね。

 

また、アルバイト特有の「接客や営業」がない点が魅力的ですよね。

>>ゲームテスターのバイトを探す

 

実体験:大学生の僕もゲームばかりしていた

 

ここで1つ実体験です。

実際、大学生の僕も毎日のようにプレイしまくっていました。なお、当時は「荒野行動」というアプリに熱中しておりまして、授業中もずっと友達と通信していましたね。

 

 アプリをやりまくって良かったこと

結論、「改善しまくる力」がつきましたね。

 

先ほどもチラッとお話ししましたが、熱中しまくると、改善する力がつきます。

 

たとえば、「ポケモン」とかの対戦で1度負けたら、下記のような思考になりませんかね。

 

  • みずタイプを手持ちに入れるべきだった。
  • もう少し草むらでレベル上げが必要だな。
  • まずは、「でんじは」とかで、まひらせるべきだった。

 

ちょっとマニアックな例で、スイマセン。

とはいえ、このようにやりまくることで、自然と「今回は〇〇が原因でダメだった。次は△△でやってみよう。」といったように、改善のサイクルをグルグル回せるんですよね。

 

なので、今僕はブログの運営に熱中しておりまして、その中で改善のサイクルをグルグル回せているのは、わりとゲームをやりまくったことも大きいのかなと思っています。

 

注意点:「熱中=課金しまくる」ではない

 

ただ1つ注意点がありまして、「熱中しまくる=課金をしまくる」ではないですよ。

 

なぜなら、同じ熱中でも、「頭の中で考えつくしてプレイすること」「お金で強キャラをゲットしつつ、ゴリ押しすること」では大きく違うから。

 

たとえるなら、前者は草むらで野生のポケモンを倒しまくって、少しずつレベルを上げつつ、ワザ構成などを考えること。後者は友達からレベル100のポケモンを交換してもらって、無思考でジムリーダーをゴリ押しすること。←これくらい違います。

※またポケモンの例え話で、スイマセン。

 

そのため、無思考で課金をしまくると「時間の無駄」になってしまうかもです。

 

それを防ぐためにも、まずは「改善できることはないか?」と考えつつ、プレイすべしですよ。(課金はここぞという時だけにしましょう)

 

ゲームをやりつつ、大学生活を楽しむ方法

ゲームをやりつつ、大学生活を楽しむ方法

 

次に、ゲームをやりつつ、大学生活を楽しむ方法を4つ解説していきますね。

 

  1. 熱中度合いを少し下げる
  2. YouTubeでゲーム実況に挑戦
  3. ゲームテスターのバイトをやってみる
  4. いろいろなことにチャレンジしてみる

 

では、順に説明していきます。

 

その①:熱中度合いを少し下げる

 

何かに熱中することは、素晴らしいことです。

しかし、他のことの熱中度合いを0にしてしまうのはNGですよ。

 

  • ゲーム:100%
  • 大学の勉強:0%
  • 友達との飲み会:0%

 

上記のとおり。

大学生活は、わりといろいろなことにチャレンジしたり、経験したりできる時間です。

 

だからこそ、好きなことに熱中しつつ、他のことにも力を注げるといいかもです。

 

その②:YouTubeでゲーム実況に挑戦

 

「好きなことを仕事にしましょう」です。

というのも、今は大学生でもサクッと簡単にYouTubeなどを始められる時代になりましたからね。

 

 質問:具体的に、なにをするの?

結論、プレイ中の動画を配信したり、プレイ後の動画に声などをつけたりしつつ、解説することですね。なお、人によって実況方法が変わってくるので、あなたに合った実況方法を選べばOK

 

その③:ゲームテスターのバイトをやってみる

 

先ほどもチラッとお話ししましたね。

主な仕事内容は、下記のとおり。

 

  • 発売前のソフトやアプリをプレイ
  • 発売前のソフトやアプリをプレイ
  • 接客や営業がなく、黙々と作業

 

こちらのバイトを通じて、ソフトやアプリなどを隅々までチェックできるので、今までとは違った角度から楽しめますよ。

 

なお、細かいチェックなどが必要なので、わりと集中力がある大学生向けかもですね。

>>ゲームテスターのバイトを探す

 

その④:いろいろなことにチャレンジしてみる

 

大学生活って、わりと長いので暇です。

だからこそ、いろいろなことにチャレンジしてみる時間ですよ。

 

 大学生がチャレンジすべきこと

  • ブログ
  • Webライター
  • プログラミング

 

上記のとおりでして、なにか「スキル」を獲得できることですね。

 

実際、僕は「ブログ」を現在も運営しておりまして、毎日のように記事を書いています。←超たのしいです(≧∀≦)

 

なお、具体的な内容については大学生がやるべきことは、たった1つだけ【文系・理系は関係なし】にて詳しく解説しています。「やることないよ…」という大学生はどうぞ。

 

まとめ:大学生はゲームばかりしていてもOKです

まとめ:大学生はゲームばかりしていてもOKです

 

今回は、大学生はゲームばかりするな←やめる必要なしですといったテーマで解説をしていきました。

本記事の内容をまとめると、以下のとおり。

 

 本記事のまとめ

  • 改善する思考がつくので、熱中できることを続けるべし。
  • とはいえ、大学生活もセットで充実させよう。
  • なお、おすすめは「ゲームテスターのバイト」です。

 

こんな感じですかね。繰り返しですが、「やめろ…」と言われても、やめる必要なしですよ。

なぜなら、大学生がゲームをやりまくることで、「改善する思考」がつくからですね。

 

なので、好きなことを楽しみつつ、大学生活もセットで充実させていきましょう。

今回は以上です。

 

 大学生がチャレンジすべきこと

大学生がやるべきことは、たった1つだけ【文系・理系は関係なし】
大学生がやるべきことは、たった1つだけ【文系・理系は関係なし】
 

    -大学生