浪人生

【孤独】浪人生に友達がいなくなるのは当然【遊ぶ頻度を少なくする】

2022年8月11日

【孤独】浪人生に友達がいなくなるのは当然【遊ぶ頻度を少なくする】

 

悩んでる人
浪人生です。浪人を決めてから現役で大学へ行く高校の友達との距離感がわかりません。僕は勉強に集中したいけれど、友達と遊ぶ頻度が少なくなれば、友達がいなくなるんじゃないかと不安です。どうすれば浪人中の勉強も集中しつつ、友達とも仲良くいれるでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・浪人生に友達がいなくなるのは当然
・高校の友達と疎遠にならないコツ
・友達と遊ぶ以外のリフレッシュ方法

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

この記事を書いている僕は1年間の自宅浪人をしました。遊ぶ頻度を減らしつつ、わりと孤独な浪人生活を送りました。

 

今回は『浪人生に友達がいなくなるのは当然』というテーマで解説します。

なお、この記事を読む浪人生の「悩み」は、下記をイメージしています。

 

 あなたが持っている悩み

・友達との距離感がわからない…
・浪人をするからには成功させたい…
・疎遠な友人関係になりたくない…

 

上記のとおりですね。

実際、この記事を書いている僕も浪人中は同じことを悩んでいました。

 

こういった背景の僕が今回は『浪人生と友達の関係性や距離感』について解説しつつ、後悔のない浪人生活を送るための情報を公開します。

 

記事の後半パートでは「現役で大学へ行った高校の友達と疎遠にならないコツ」「遊ぶ以外のリフレッシュ方法」もセットでご紹介しているので、最後まで読んでみてください。

では、いきましょうヽ(*´∀`)




浪人生に友達がいなくなるのは当然【遊ぶ頻度を少なくする】

浪人生に友達がいなくなるのは当然【遊ぶ頻度を少なくする】

 

結論、友達がいなくなるのは当たり前です。

 

友達がいなくなる理由:勉強に全集中するため

 

超シンプルですよね。

とはいえ、これが1番の理由です。

 

 現役で大学へ行った高校の友達

「よっしゃ、大学生だ。サークルとかバイトをして、大学生活を楽しむぞ」

 

 浪人をしているあなた

「来年のリベンジをするために勉強に鬼集中しよう、バグレベルに頑張るぞ」

 

こういったように、見ている方向が違います。

※「友達:遊ぶこと」で「あなた:勉強すること」みたいな感じですね。

 

見ている方向が違えば、考えていることや使う時間も変わってきますからね。

結果、遊んでも「話が合わない」や「考え方が合わない」とかに繋がります。

 

実体験:浪人生の僕は連絡を無視して、孤独になった話

 

僕自身、超孤独でした。

孤独になった原因は「僕が連絡をフル無視していたから」です。

 

 連絡をフル無視した理由

「志望校へ合格したいと思ったから」

 

たったこれだけです。

しかし、当時は「今遊んでいる人たちを見返したい」という気持ちで鬼勉強しました。まあ何かをされたわけじゃないですが、謎の『リベンジ魂』的なやつが燃え上がっていましたね。

 

とはいえ、友達からの連絡をフル無視したことは申し訳なく思っていますね。

 

遊ぶとかの考えを極限までゼロにしたことで、勉強に集中ができたことも事実。

 

 好きな言葉があります

何かを得るには、何かを失う必要がある

 

いわゆる『等価交換の法則』ですね。

これは受験勉強でも同じことが言えると思っていて「仲良く遊ぶこと」「勉強に集中して志望校へ合格すること」の2つをゲットするのは難しいんじゃないかなと思っています。

 

※もちろん、器用な浪人生ならどちらもできるかもですが、わりと不器用な僕には無理ゲーでした。なので、後者の「勉強に集中して志望校へ合格すること」を優先した(*・ω・)ノ

 

ちなみに、このあたりの僕が志望校へ合格するまでにやったことを【事実】浪人生の合格率が低い理由は5つある【成績が上がる割合】にてまとめています。友達より、まずは受験に集中したい浪人生向け。

 

友達と遊ぶと、浪人に失敗したときの言い訳になる

 

ここまでは「受験勉強に集中するために友達からの連絡をスルーしました」とお話ししましたが、実はもう1つ理由がありまして、それは『言い訳を作るのが嫌だったから』です。

 

 友達と遊んで、浪人に失敗した場合

「もし、高校の友達と遊んでいなかったら、志望校に合格できたのになぁ…」

 

これって最悪じゃないですかね。

しかし、人間って責任を他人に押し付けることで「自分は悪くない」と正当化しがちな生き物なので、僕はそれが嫌で『そもそも他人が責任を負う可能性を作らない』を意識しました。

 

その結果が「遊ぶことを控える」&「連絡を無視する」だったのかもです。←とはいえ、これも「連絡を無視して勉強した自分は悪くない」と正当化しているのかもですね。

 

本当に仲の良い友達なら、浪人後も遊んでくれる

 

少しだけポジティブなメッセージです。

浪人中は連絡を無視していましたが、浪人後は普通に遊んでくれましたよ。

 

「本当に仲の良い友達なら、あなたを理解してくれて浪人後も遊んでくれる」

 

わりと真実かなと思っています。

なので、浪人期間中は友達も「1人で勉強に集中したいんだな…」とわかってくれるはずでして、そこには全力で甘えて良いんじゃないかなと思っています。

 

「友達と遊んでばかりいる」&「志望校へ合格できる」とか人生イージーモードすぎなので、まずは『どちらか1つを選ぶこと』が大切ですね。カッコよく言うなら『選択と集中』です。




浪人生が現役で大学生になった友達と、疎遠な関係にならないコツ

浪人生が現役で大学生になった友達と、疎遠な関係にならないコツ

 

それは「連絡しておくこと」です。

 

連絡せずに1人で孤独になって、絶望した←失敗談

 

僕の失敗談です。

※反面教師にしてくださいm(_ _)m

 

僕自身、ずっと下記で悩んでいました。

 

浪人を決めてから、高校の友達との距離感がわからん。勉強に集中したいけど、友達と遊ぶ頻度が少なくなれば、友達がいなくなるんじゃないかと不安だ…

 

こういった悩みですね。

そして、出した答えが次のとおり。

 

「連絡を無視する、1人で孤独になる」

 

当時はプレッシャーとか不安があったので、視野が狭くなっていました。

 

なので、自分が1番ダメージの少ない「無視をする」という選択を取りましたが、それは完全に『自分を守るための行為』でして、友達への想いが足りなかったなと思っています。

 

解決策:友達にLINE(ライン)で報告すればOK

 

別にあまり仲良くのない友達とかに送る必要はなくて「あなたのことを応援してくれる人」にLINE(ライン)などを使いつつ、メッセージを送って報告すればOKかなと思います。

 

 おすすめのLINE(ライン)の例文

「この1年間、浪人をして〇〇大学へ合格したい。だから、浪人が終わるまでは△△と遊べないかもしれない。ごめん。浪人が終わったら、いっぱい遊ぼう」

 

こんな感じでいいと思います。

ポイントは、以下の3つを意識すればOK。

 

  • 絶対に浪人を成功させたい気持ち
  • 遊べないことへの申し訳ない気持ち
  • 浪人が終わってから遊びたい気持ち

 

上記のとおり。

LINE(ライン)などのメッセージで伝えにくい場合は、直接会いつつ、伝えたいことをハッキリと伝えてみるのがいいと思います。

 

浪人中は仲の良い友達とだけ、遊ぶのがおすすめ

 

僕もやっていた方法でして、わりとおすすめ。

 

「友達と遊ぶ頻度:1ヶ月に1回ほど」

 

実際、浪人中は仲の良い友達と1ヶ月に1回くらい夜ご飯を食べに行っておりまして、そこでうまくリフレッシュをしていましたね。

 

 ポイントが1つある

それは「あなたから遊びに誘う」です。

なぜなら、友達に次のような負担がかかってしまう可能性があるからですね。

 

・断られたら、どうしよう…
・「うざい」と思われないかな…
・タイミング的に誘っても大丈夫かな…

 

こういった負担ですね。

なので、あなたのタイミングで友達に遊びの誘いをすべきです。




浪人生が疲れたときに友達と遊ぶ以外で、リフレッシュする方法

浪人生が疲れたときに友達と遊ぶ以外で、リフレッシュする方法

 

最後は、リフレッシュ方法です。

 

  1. 好きなマンガを読みまくる
  2. 1日30分ほどの運動を習慣化する
  3. 頭を使うゲームをする←アプリです
  4. バイトで人と話さない癖を付けない

 

こちらの4つですね。

では、順に説明していきます。

 

その①:好きなマンガを読みまくる

 

浪人時代から大学生時代もやっていました。

無料で読めるマンガアプリをシェアしますね。

 

 ①:マンガアプリ

マンガワン

マンガワン

posted withアプリーチ

 

 ②:マンガアプリ

マンガBANG

マンガBANG

posted withアプリーチ

 

こちらの2つです。

リフレッシュに、ぜひどうぞ( ̄^ ̄)ゞ

 

その②:1日30分ほどの運動を習慣化する

 

浪人中は勉強をずっとしがちで、運動習慣がない人が多い印象です。

しかし、運動をすることで「ストレス解消」に大きく繋がるのでおすすめ。

 

 浪人生におすすめの運動

結論は「歩くこと」です。

中でも、移動手段を変えるといいかもです。

 

・自転車で移動→徒歩で移動する
・バスで移動→帰りは徒歩にする
・電車で移動→1駅分だけ歩いてみる

 

ちなみに、歩くとポイントが貯まる『トリマ』などのアプリを使えば、リフレッシュをしつつ、ポイント集めができるので一石二鳥ですね。

>>トリマをインストールする

 

トリマ

トリマ

posted withアプリーチ

 

なお、歩くこと以外でも浪人生におすすめな運動は多数ありまして、詳しくは【必要】浪人生が『運動』をすべき3つの理由【勉強の効率もUP】を参考にどうぞ。

 

その③:頭を使うゲームをする←アプリです

 

ゲームもリフレッシュになります。

とはいえ、1つポイントがありまして「頭を使うゲームをセヨ」です。

 

 具体例:頭を使うゲーム

ナンプレ&スピードくじ

ナンプレ&スピードくじ

posted withアプリーチ

 

たとえば、こちらは『ナンプレ』という頭を使うゲームでして、ボックスに数字を入れつつ、ステージをクリアしていくゲームです。

 

リフレッシュをしつつ、ゲームも楽しめるので浪人生におすすめですね。

 

ちなみに『ナンプレ』には「スピードくじ」という機能がありまして、ゲームをプレイするとAmazonギフト券などがゲットできるチャンスありです。参考書の購入にぜひどうぞ。

>>ナンプレをインストールする

 

その④:バイトで人と話さない癖を付けない

 

僕は自宅で浪人をしていたこともあり「人と話さない」ことが多かったです。

※具体的には1日の中で発する言葉がゼロの時もありましたからね。

 

なので、おすすめは『シェアフル』などの単発バイトアプリを使いつつ、1日単位からサクッとアルバイトをして、人と話す状況を作るのがいいかもです。

 

 『シェアフル』とは

シェアフル

シェアフル

posted withアプリーチ

 

シェアフル』とは単発でバイトができるアプリでして「履歴書&面接が不要」「平均時給が1,200円以上のお仕事が豊富」といった感じで、大学生から人気のアプリですね。

 

リフレッシュもしつつ、お金も稼げちゃうので、浪人生にわりとおすすめ。

>>シェアフルをインストールする

 

余談:浪人中に「食べること」を楽しみすぎるのは注意

 

最後は、少しだけ余談です。

僕の浪人中の楽しみは「食べること」で、下記のような状態になりました。

 

「浪人中に30キロほど太った」

 

これはかなり極端な例かもですが、ストレス発散が食べることでしたからね。

>>参考:【受験太り】浪人生は『太る』ので注意【僕は1年で30キロ太った】

 

そのため、浪人中に「食べること」を楽しみすぎるのは注意が必要です。




まとめ:浪人中は友達と遊ぶ頻度を減らしつつ、孤独になるのが大切

まとめ:浪人中は友達と遊ぶ頻度を減らしつつ、孤独になるのが大切

 

今回は『浪人生に友達がいなくなるのは当然』というテーマで解説しました。

 

 本記事のまとめ

・浪人中は勉強に鬼集中するために、友達がいなくなるのは当たり前な話。
・「何かを得るには、何かを失う必要がある」ので、僕は遊ぶのを減らした。
・現役で大学へ進学した高校の友達には、LINEなどで連絡をしておくと◎

 

こんな感じですかね。

実際、僕は良くも悪くも1つのことしか集中できない人間なので、浪人中は友達からの連絡をフル無視しつつ、勉強に鬼集中していました。

 

しかし、本当に仲の良い友達であれば、LINE(ライン)などでメッセージをしつつ「浪人中は遊べない」的な感じで連絡をしておけば、きっと理解して受け入れてくれるはずです。

 

友達と遊べないのは辛いかもですが、浪人生活を成功させるためには『鬼勉強をするしかない』と思っています。

 

かなり辛い1年間になるかもですが、その分だけ「大きな経験」になるはず。

 

全力で勉強をしつつ、後悔のない浪人生活を送りましょう。

というわけで、今回は以上です。

 

人気記事【地獄】浪人生がつらいと感じる理由7つ【しんどい&辛い時期あり】

人気記事【宅浪】浪人は苦しいけど『楽しい』です【ヒント:勉強が楽しすぎ】




 

-浪人生