ブログ

【ブログ論】Googleアドセンスは稼げない『3つ』の理由を解説

2022年2月10日

【ブログ論】Googleアドセンスは稼げない『3つ』の理由を解説

 

悩んでる人
先日、ついにGoogleアドセンスの審査に合格しました。嬉しくてすぐに広告を貼ったものの「あまり稼げない」です。これは僕の広告の貼り方などが間違っているのでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・アドセンスは稼げない『3つ』の理由
・アドセンスは稼げないと感じた僕が取った行動【収益を上げるコツ】
・アドセンスは稼げないと理解しつつ、それでも頑張りたい方へ

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

この記事を書いている僕はブログ歴2年のブロガーです。今はブログで月16万円ほど稼ぎつつ、暮らしています。

 

まずは、結論ですね。

アドセンスで稼げない理由は、下記3つ。

 

  1. ブログ読者の「離脱」につながる
  2. アドセンスの広告単価が低すぎる
  3. 膨大なアクセス数&クリックが必要

 

上記のとおり。

実際、当ブログ(たつつぶ)も「アドセンスで稼ぐぜ」と考えていた頃はまったく稼げない状態でしたが、その思考をマルっと変えてからは『月16万円ほど』稼げるようになりました。

 

こういった背景を持つ僕が今回は、Googleアドセンスは稼げない『3つ』の理由を解説していきます。

 

※補足:本記事は単に「稼げない理由」を解説するだけでなく、あなたがこれから『稼ぐためにやるべきこと』もセットでご紹介しているので、ご安心を。

 

というわけで、いきましょう( ̄^ ̄)ゞ

 

Googleアドセンスは稼げない『3つ』の理由を解説

Googleアドセンスは稼げない『3つ』の理由を解説

 

結論は、以下の3つですね。

 

  1. ブログ読者の「離脱」につながる
  2. アドセンスの広告単価が低すぎる
  3. 膨大なアクセス数&クリックが必要

 

では、順に説明していきます。

 

理由①:ブログ読者の「離脱」につながる

 

こちらは、読者目線になればわかるはず。

というのも、アドセンス特化のブログだと、読んでいると「広告で読みにくい」と感じませんかね。(僕は超感じちゃいます)

 

広告で記事が読みにくい

広告で記事が読みにくい

 

イメージですが、こんな感じ。

結果、下記の最悪のケースになる可能性あり。

 

  1. 読者がブログへアクセスする
  2. 広告が多すぎて、離脱してしまう
  3. 滞在時間が下がり、SEO的にNG
  4. 他の記事の検索順位もダウンする
  5. アドセンス収益がグッと下がる

 

最悪ですよね。

もちろん、ごく自然に広告をブログに配置できる神ブロガー的な方もいますが、おそらくこの記事を読んでいる方は、そうじゃないはず。

 

なので、読者目線から考えて、アドセンスは稼げないかなと思いますね。

 

理由②:アドセンスの広告単価が低すぎる

 

個人的に、1番の稼げない理由です。

僕自身、ブログを2年ほど続けてきて、ザッと体感だと「広告単価」は以下のとおり。

 

「1クリックあたり1円〜100円ほど」

 

広告のジャンルによって変わるので明確ではないですが、体感はこんな感じ。

 

とはいえ、アドセンスは読者が広告を「クリック」しなければ収益にはならないので、そのハードルも考えると、やっぱり稼げないなと思います。

 

理由③:膨大なアクセス数&クリックが必要

 

単価が低いこととセットですね。

というのも、アドセンスでマルっと稼ごうとすると、膨大なアクセス数とクリックが必要。

 

 前提:収益の目安(方程式)

「アクセス数×0.2=アドセンス収益」

 

目安ですが、上記のとおり。

つまり、あなたがもし「月5万円」のブログ収益を得たいと考えているなら、ザッと『25万PVほど』のアクセス数が必要になってくるわけですね。

 

※こちらは(稼ぎたい金額÷0.2)で計算。

 

ぶっちゃけ、、、25万PVはあまり現実的じゃないですよ。なぜなら、毎日のように記事を書きまくっている僕でも、2年ほどでようやく「月5万PV」を達成できたので。

 

そのため、アドセンスで稼ぎたいなら、膨大なアクセス数とクリックが必要というわけです。

 

アドセンスで稼げない問題への解決策は、たった1つ

 

結論、アフィリエイトに特化すればOK。

理由はシンプルでして、単価が高いからです。

 

 目安:アフィリエイトの単価

「1件あたり500円〜7,000円ほど」

 

当ブログ(たつつぶ)が取り扱っているアフィリエイトの商品やサービスだと、上のとおり。

なので、アフィリエイトは広告単価が高めなので、少ないアクセス数でも稼ぐことは可能。

 

当ブログ(たつつぶ)も月5万PVで、月16万円ほど稼げましたからね。

 

そのため、アクセスが集まっていない状態なら、圧倒的にアフィリエイトの方が稼げますよ。

 

なお、アフィリエイトでゴリゴリ稼ぐには『ASP』と呼ばれる「広告主との仲介業者」的なやつに無料登録する必要ありです。(たぶん1つ3分くらいで登録できるはず)

 

 おすすめのアフィリエイトASP

 

こちらのとおりですね。

1つ3分ほどで無料登録ができちゃうので、この機会に済ませておくのがベストかと。

 

ちなみに、上記以外にも無料で登録できるASPが多数ありまして、本気で稼ぎたい方はどうぞ。

>>【無料】ブログ初心者におすすめのアフィリエイトASPを7つ紹介

 

アドセンスは稼げないと感じた僕が取った行動【収益を上げるコツ】

アドセンスは稼げないと感じた僕が取った行動【収益を上げるコツ】

 

ちょっと実体験的なやつです。

僕は「稼げないな」と感じ、行動をしました。

 

  1. 内部リンクで回遊率を上げた
  2. アフィリエイトに超特化した
  3. より記事を「読みやすく」した
  4. SEO対策を学びつつ、実践した
  5. 特化ブログから雑記よりに変えた

 

上の5つですね。

順番に、解説をしていきます。

 

その①:内部リンクで回遊率を上げた

 

少しSEO的なお話しです。

ブログには「内部リンク」という機能がありまして、記事同士をリンクでつなぎつつ、読者に深い情報を与えることができます。

 

 内部リンクのイメージ

内部リンクのイメージ

内部リンクのイメージ

 

こういったやつですね。

ちなみに、本記事でもすでに登場済みです。

 

本記事の内部リンク箇所

本記事の内部リンク箇所

 

赤い枠線で囲いつつ、青色の箇所ですね。

このように、さらに読者に深い情報を伝えたい時に、他の記事へと誘導してあげることを「内部リンク」って言います。

 

 内部リンクを使うメリット

SEOの観点で言うと、ブログ全体の「回遊率」が上がることですかね。

もっと具体的に言うなら、読者1人あたりの『記事を読む数』が増えることです。

 

サイト全体の回遊率の比較

サイト全体の回遊率の比較

 

上のとおりでして、内部リンクがあると「読者1人あたりの記事を読む数」が増えます。

 

その結果、Googleから「このサイトは読者に深い情報を与えるために、複数の記事を用意しているんだな」的な感じでSEOに良い評価を与えられるということですね。そして、検索順位が上がりつつ、アクセスも伸びる感じ。

 

なお、適当にポチポチと内部リンクを貼っても読まれませんよ。効果的な貼り方やコツについては【大切】ブログの内部リンクの貼り方を解説する【SEO効果あり】にて解説済みです。

 

↑こんな感じです(´ω`)

 

その②:アフィリエイトに超特化した

 

繰り返しですが、当ブログ(たつつぶ)が大きく収益を伸ばせたのは、やっぱりアフィリエイトに特化したことが大きかったですね。

具体的な「アフィリエイト特化の記事」「アドセンス特化の記事」の比率は、下記です。

 

  • アフィリエイト特化の記事:98%
  • アドセンス特化の記事:2%

 

ほぼほぼアフィリエイトですね。

なので、今「アドセンスで稼げないな…」と感じるなら、マルっとアフィリエイトに特化してみるのもあり。稼げる可能性が高いかもです。

 

 まだアフィリエイトを始めていない方へ

アフィリエイトASPのおすすめ6選【稼ぎたいなら、必須です】
【無料】ブログ初心者におすすめのアフィリエイトASPを7つ紹介

 

上記の記事を読みつつ、登録をどうぞ。

 

ちなみに、月に16万円ほどアフィリエイトで稼ぐ僕は、上の記事でご紹介しているアフィリエイトASPにすべて登録済みです。(なんせ無料で登録できるので)

 

その③:より記事を「読みやすく」した

 

ここまで記事を読んでわかるかもですが、ちょっと読みやすくないですかね。

※自分で言ってしまい、スイマセンm(_ _)m

 

なぜここまで記事が読みやすくなっているのかと言うと、以下の3つを意識しているから。

 

  • 「リスト」で箇条書きをしている
  • 適度に「ボックス」を使っている
  • 「文字の色」をいい感じにしている

 

もちろん、文章の書き方とか構成もあるかもですが、上の3つも重要なはず。

 

こういったように「リスト」とか「ボックス」「文字の色」は『WordPressテーマ』を使えば、サクサクっとカスタマイズすることができますからね。

 

お値段は1万円前後してしまいますが、アフィリエイトで収益をあげれば、元が取れますよ。(当ブログも回収済み)

 

ちなみに、当ブログは『AFFINGER6』というWordPressテーマを使っていますが、その他にもおすすめがあるので、気になる方は以下の記事を参考にどうぞ。

>>WordPressの有料テーマ『おすすめ3選』を紹介【使い回しOK】

 

その④:SEO対策を学びつつ、実践した

 

SEOもわりと頑張りましたね。

 

 当ブログ(たつつぶ)のSEO実績

たつつぶ:上位表示されている記事

当ブログ(たつつぶ)のSEO実績

 

上の画像のとおりでして、検索1位を多数ゲットしています。感謝です。

 

このように僕がSEOでゴリゴリ頑張って得られたノウハウを【完全版】SEOライティングのコツ【個人ブログが企業に勝つ方法】にてまとめました。わりと有益な情報なので、記事を書く前と後のマニュアル代わりにどうぞ。

 

その⑤:特化ブログから雑記よりに変えた

 

当ブログは、もともと「ブログ×アフィリエイト×SEO」のジャンルに特化していました。

 

 その結果

「収益の柱が少数になってしまった」

 

上記のとおり。

もっと詳しくお話しするなら、「ブログ×アフィリエイト×SEO」のジャンルでしか収益をゲットできないサイトになっていたんですよね。

 

そのため、そこから「Webライター系」「WordPressのカスタマイズ系」などと少しずつ特化型から雑記型にサイトの方向性を変えていきました。

 

結果、収益の柱がわりと分散できたので、ちょっとリスクも回避できたかなと思っています。

 

アドセンスは稼げないと理解しつつ、それでも頑張りたい方へ

アドセンスは稼げないと理解しつつ、それでも頑張りたい方へ

 

これから頑張る方向けです。

中でも、アドセンスで稼ぎたい方向けですね。

 

  1. トレンドアドセンスを狙う
  2. 広告単価の高いジャンルを狙う
  3. 「稼げない」理由を再度確認する
  4. アドセンス広告を適材適所に貼る
  5. アドセンスで稼ぐ仕組みを理解する
  6. 記事数をとにかく増やす←大変です
  7. SNSとブログでもアクセスを増やす

 

こちらの7つコツです。

このあたりを意識すれば、月3万円〜5万円はわりと実現可能かなと思います。

 

というわけで、1つずつ見ていきましょう。

 

コツ①:トレンドアドセンスを狙う

 

アドセンスで稼ぐなら必須です。

 

 トレンドアドセンスとは

アクセス数がマルっとゲットできるトレンド記事を書きつつ、アドセンスで稼ぐ手法のこと。

具体例は、下記のとおり。

 

  • [芸能人の熱愛報道]
  • [スタバの新作の感想]
  • [新作ゲームの攻略情報]

 

こんな感じ。

専門的な知識などは必要なしなので、ネットを見つつ、情報を調べつつ、徹底的に手を動かせば、トレンドアドセンスで稼ぐことは可能。

 

コツ②:広告単価の高いジャンルを狙う

 

アドセンスでは、広告単価の「高いもの」or「低いもの」がありますね。

 

 高単価の見分け方

「ターゲット」に購買力があるかどうか

 

上記のとおり。

たとえばですが、子どもばかりが読む記事に「保険の広告」とか「育毛剤の広告」とかを出しても、購買力がほぼゼロなので、あまり効果はなしです。

 

しかし、「50代のサラリーマン」ならどうですかね。おそらく、先ほどの「子ども」よりは効果が期待できるはず。

 

こういったように、記事を読む『ターゲット』の購買力があるかどうかといった観点でジャンルを選ぶと、アドセンス広告がわりと高単価になりやすいです。

 

ちなみに、アドセンスで稼ぐことにおいてジャンル選びって超重要です。「書きたいジャンルがありすぎて選べないよ…」という方は、以下の記事を読みつつ、ジャンルを決めるべし。

>>ブログのジャンルは複数でもOK?【結論:3つに絞りましょう】

 

コツ③:「稼げない」理由を再度確認する

 

繰り返しですが、やっぱりアドセンスは稼げないです。だからこそ、「どうして稼げないのか?」といった理由の分析は必要ですよ。

 

なぜなら、稼げない理由を熟知しておけば、逆のことをすれば稼げるからですね。

 

 アドセンスが稼げない理由3つ

  1. ブログ読者の「離脱」につながる
  2. アドセンスの広告単価が低すぎる
  3. 膨大なアクセス数&クリックが必要

 

上のとおり。

つまり、「読者の離脱を避ける」「広告単価が高いジャンルを取り扱う」「アクセス数をマルっと集める」ということですね。

 

コツ④:アドセンス広告を適材適所に貼る

 

過去の僕がやっていた失敗です。

当時、考えていたことは次のとおり。

 

「アドセンスで稼ぎたいなぁ。そのためには、記事にたくさん広告を貼ろう」

 

結論、こちらの考え方はNGです。

 

というのも、記事にアドセンス広告を貼りすぎると「読者の満足度を下げること」につながり、結果としてクリックされないので、稼げないことにつながるからですね。

 

 解決策:広告を貼る位置を最適化する

  • 目次の上
  • 記事の終わり部分

 

こちらの2箇所だけでOKです。

とはいえ、このあたりは「ブログのジャンル」「読者の属性」によってグッと変わってきますので、あなたのブログでテストをしつつ、収益率が高い位置を見つけるべしです。

 

コツ⑤:アドセンスで稼ぐ仕組みを理解する

 

アドセンスで「どうやって稼ぐのか?」といった部分ですね。

※ここをあまり理解していないブログ初心者の方が多めです。なので、ザックリとでOKなので、理解しておくと周りと差をつけられます。

 

 アドセンスで稼ぐ仕組み

Googleアドセンスの仕組み

アドセンスで稼ぐ仕組み

 

①あなた:広告を貼る
②読者:広告をクリックする
③広告主:あなたに広告収入を支払う

 

こちらの3ステップです。

なお、ちょっとだけ踏み込みます。

 

 広告がクリックされるまでの流れ

  1. 読者が記事を見つける
  2. 記事内で広告を見つける
  3. 読者が広告をクリックする

 

上のとおり。

 

そして、それぞれの項目の数値を最大化させるためには、SEOでアクセスを集めたり、読者の満足度を高めつつ広告を貼る位置を工夫したり、単価の高いジャンルを選んだり、などが必要というわけです。

 

コツ⑥:記事数をとにかく増やす←大変です

 

ぶっちゃけ、ここが1番重要。

そして、大変なポイントですね。

 

 アドセンスで稼ぐブロガーの努力

「1日に5記事〜10記事ほど書く」

 

ツラいかもですが、アドセンス1本で稼ぐなら、これくらいの努力が必要になってきますね。

 

なお、1日に5記事〜10記事ほど書くと問題として「ブログのネタがない…」と悩むかもですね。ぶっちゃけ、そういった問題は『余裕』で解消可能。詳しくは以下を参考にどうぞ。

>>【簡単】ブログ記事のネタ切れを解消する方法は、〇〇だけ

 

コツ⑦:SNSとブログでもアクセスを増やす

 

記事を書くだけでなく、SNSもセットで運用しておくと稼ぎやすくなるはず。

 

 SNSを活用するメリット

Twitterとブログの宣伝の循環

SNSを活用するメリット

 

こういったように、わりとメリット多めです。

また、Twitterなどは無料でアカウント開設ができちゃうので、やっておいて損はないはず。

 

ちなみに、Twitterは「宣伝方法」が命だったりします。宣伝をするコツなどは【最高】Twitterでブログの宣伝をしたら、超効果があった話を参考にどうぞ。

 

まとめ:Googleアドセンスは稼げないので、僕はもうやらないです

まとめ:Googleアドセンスは稼げないので、僕はもうやらないです

 

今回は、Googleアドセンスは稼げない『3つ』の理由を解説しました。

 

結論として、アドセンスは稼げないので、僕はアフィリエイトに特化します。

 

なので、もし今「アドセンスで稼げないな…」と悩んでいるのであれば、下記の行動が必要。

 

 行動すべきこと5つ

  1. アフィリエイトに超特化する
  2. より記事を「読みやすく」する
  3. SEO対策を学びつつ、実践する
  4. 特化ブログから雑記よりに変える
  5. 内部リンクを貼り、回遊率を上げる

 

上記のとおりですね。

実際、当ブログ(たつつぶ)は、アドセンスからアフィリエイト特化のサイトに方向性を変えてから、ブログ収益が月16万円までマルっと伸びました。

 

そのため、アドセンスで稼げないという問題にぶつかっているなら、まずは『アフィリエイト』にチャレンジしてみるのもありだと思います。

 

関連記事
アフィリエイトASPのおすすめ6選【稼ぎたいなら、必須です】
【無料】ブログ初心者におすすめのアフィリエイトASPを7つ紹介

 

最初の1歩目は、上記をどうぞ。

※アフィリエイトで稼ぐなら、登録必須。

 

というわけで、今回は以上です。

 

人気記事【大切】アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から

人気記事【保存版】アドセンス合格後にやることは5つだけ【収益化を開始】

 

    -ブログ