ブログ

ブログ3000文字を書くための3つのコツ【時間がなくてもOK】

2020年12月10日

ブログ3000文字を書くための3つのコツ【時間がなくてもOK】

 

悩んでいる人
記事を書くと、いつも1500記事くらいで手が止まります。そこで、初心者の僕でもできるような、ブログ3000文字を書くためのコツがあれば、教えてください。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・ブログ3000文字を書くためのコツ①:記事の企画書を作成する
・ブログ3000文字を書くためのコツ②:作業効率化ツールを導入する
・ブログ3000文字を書くためのコツ③:ニッチすぎるキーワードを狙わない

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

 

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴1年のブロガーです。今はブログで月8万円の収益をあげています。

 

この記事を読むことで、あなたは今日からブログ3000文字を必ず書くことができます。

 

なぜなら、本記事でご紹介する「ブログ3000文字を書くためのコツ」を実践した結果、当ブログの100記事以上の記事が3000文字を越えているからですね。

 

そこで本記事では、時間がないでも必ずブログ3000文字を書けるようになる3つのコツをご紹介していきます。

では、いきましょう♪( ´θ`)ノ

 

※「1,000文字も書けていないよ...」という方は、本記事よりもブログで1000文字以上を書けない3つの原因【書くコツあり】を先に読んでいただいた方が頭にスッと入ってきやすいので、そちらをどうぞ。

 

ブログ3000文字を書くためのコツ①:記事の企画書を作成する

ブログ3000文字を書くためのコツ①:記事の企画書を作成する

ブログ3000文字を書くためのコツ①:記事の企画書を作成する

 

記事の企画書を作成するかどうかによって、ブログ3000文字書けるor書けないが決まります。

なぜなら、企画書があれば、3000文字に到達するか到達しないが事前に明確になり、到達しない場合は情報を事前に追加できるからですね。

 

もう少し記事の企画書について深掘りをします。

 

ブログにおける記事の企画書とは?

 

そもそも「記事の企画書とは?」といった前提の部分からお話ししていきますね。

記事の企画書とは、以下の3つを決めることです。

 

  • 狙うキーワード
  • ペルソナ(記事を読む読者)
  • タイトルと見出し

 

上記のとおりです。

※キーワードとは、読者がネットで検索する「検索キーワード」のこと。

 

では、実際に記事の企画書を作成する手順を解説していきます。

 

記事の企画書を作成する手順【3ステップ】

 

ブログ記事の企画書を作成する手順は、以下の3ステップです。

 

 ブログ記事の企画書を作成する手順

  1. キーワードを設定する
  2. ペルソナを作成する
  3. タイトルと見出しを決める

 

では、順に説明していきます。

 

 ステップ①:キーワードを設定する

まずは、読者が検索するキーワードを設定しましょう。

設定する方法は簡単でして、Googleなどの検索エンジンに入力するだけ。

 

[ブログ アクセス]:検索結果

[ブログ アクセス]:検索結果

 

上の画像は、Googleで[ブログ アクセス]と入力した結果です。

あとは、上記の場合でしたら、[ブログ アクセス数 増やす]などのようなキーワードを設定すればOKです。

 

 ステップ②:ペルソナを作成する

ペルソナとは、あなたの記事を読んでくれる読者のことでして、「ペルソナを設定していない=誰にも刺さらない文章」になってしまいます。

 

ペルソナを作成する方法は、「過去の自分に向けて記事を書く」こと。

 

ただ、これだけです。

過去の自分であれば、「何に対して悩んでいたのか?」がはっきりとわかるはず。

 

 ステップ③:タイトルと見出しを決める

最後は、具体的にタイトルと見出しを決めていきましょう。

 

タイトルと見出しは簡単でして、先ほどのペルソナで設定した過去の自分の「悩み」「解決するまでに行ったこと」を企画書に記載すればOKです。

 

あとは、企画書に記載した「キーワード」「ペルソナ」「タイトルと見出し」をベースにして、記事を書けば、自然と3000文字は越えるはず。

 

記事の企画書を作るときの注意点

 

注意点は1つだけでして、「適当に作らないこと」です。

なぜなら、企画書の質で、記事の質が9割が決まってしまうからですね。

 

つまり、記事を書くことよりも、企画書を作成することの方が、圧倒的に大切です。

 

ブログ3000文字を書くためのコツ②:作業効率化ツールを導入する

ブログ3000文字を書くためのコツ②:作業効率化ツールを導入する

ブログ3000文字を書くためのコツ②:作業効率化ツールを導入する

 

2つ目のコツは、作業効率化ツールを導入することです。

 

作業効率化ツールの必要性とは?

 

昔の僕もそうだったのですが、「ブログにツールなんか、いらなくない?」と思っていました。

しかし、作業効率化ツールを導入するorしないによって、作業時間が2倍近く変わってきます。

 

具体的な数字を出すなら、3000文字書くために6時間かかるところが、ツールによって3時間まで短縮されます。

 

そのため、今まで時間がなくて1500文字だった方でも、ツールを使えば時間が短縮されるため、時間の余裕を持って3000文字を書くことができるわけですね。

 

導入すべきブログ運営ツール

 

個人的に、初期段階で導入すべきブログ運営ツールは、有料のWordPressテーマです。

 

「なぜ、有料のWordPressテーマが必要なのか?」

 

結論、記事を書くことや装飾する時間が圧倒的に短縮されるから。

 

たとえば、無料のWordPressテーマの場合、記事の装飾するために、HTMLやCSSを1つ1つ打ち込む必要あり。

しかし、有料のWordPressテーマの場合は、ほとんどワンクリックで装飾をすることが可能。

 

つまり、記事を書くことに集中できるわけですね。

 

 おすすめのWordPressテーマ

AFFINGER6

おすすめのWordPressテーマ

 

結論、当ブログも使用している「AFFINGER6」を選んでおけば間違いなしです。

AFFINGER6は、初心者〜上級者に愛されているWordPressテーマでして、「稼ぐこと」に特化している最強テーマです。

 

「AFFINGER6についてもう少し知りたいな。」という方は、以下の公式サイトを見てみてください。

 

注意:ブログツールはあくまで「手段」です

 

ブログ初心者にありがちなケースですが、ツールなどを導入して満足することです。

ぶっちゃけ、ツールは作業効率化をするための「手段」でしかないです。

 

そのため、ツールを導入したら、早速ブログを書いていきましょう。

 

ブログ3000文字を書くためのコツ③:ニッチすぎるキーワードを狙わない

ブログ3000文字を書くためのコツ③:ニッチすぎるキーワードを狙わない

ブログ3000文字を書くためのコツ③:ニッチすぎるキーワードを狙わない

 

最後は、ニッチすぎるキーワードを狙わないことです。

なぜニッチすぎるキーワードを狙わないかといいますと、ニッチすぎるとネタがなくなりやすい&高い専門性が必要になってくるからです。

 

では、もう少し深掘りをしていきますね。

 

ブログにおけるニッチの定義とは?

 

ブログのキーワードにおけるニッチの定義は、月間の検索ボリュームがあまりにも少ないことです。

※月間の検索ボリュームとは、1ヶ月の間で特定のキーワードが「どれくらい検索されたのか」を数値化したもの。

 

[ブログ アクセス]:ウーバーサジェスト

[ブログ アクセス]:ウーバーサジェスト

 

たとえば、[ブログ アクセス]といったキーワードの場合、月間で320回ほど検索されているわけですね。

 

ちなみに、上記のように月間の検索ボリュームをチェックする方法は、「ウーバーサジェスト」という無料ツールを使えば一発です。

>>ウーバーサジェストはこちら

 

 質問:どれくらいからニッチなのか?

結論、月間の検索ボリュームが20以下。

 

ぶっちゃけ、月間の検索ボリュームが20以下の場合、ほとんどアクセスがきません。

 

つまり、いくら3000文字の記事を書いても、アクセスがなければ、悲しいですよね。そのため、検索ボリュームが20以上のものを狙いましょう。

 

レッドオーシャンすぎるのはNGです

 

「検索ボリュームが20以上のものを狙いましょう」とお話しすると、以下のように考える人がいるはず。

 

「月間の検索ボリュームは、多ければ多い方がいいのか?」

 

月間の検索ボリュームが多すぎるのはNGです。

なぜなら、「検索ボリュームが多い=ライバルが多い」からですね。

 

もちろん、検索ボリュームが多いに越したことはないですが、ライバルが多すぎて検索結果の上位に表示されなければ、アクセスがないです。

 

おすすめの検索ボリュームのキーワード

 

結論、20〜100以下のキーワードを狙いましょう。

理由はシンプルでして、ニッチすぎない&ライバルが強すぎないからですね。

 

当ブログがアクセスを集めている記事のキーワードの検索ボリュームは、ほとんど20〜100以下です。

 

そのため、ブログを始めて最初の頃は、ニッチすぎず、レッドオーシャンすぎないキーワードを狙うことが大切です。

 

まとめ:ブログを3000文字書く時は常にコツを意識しよう!

まとめ:ブログを3000文字書くには常にコツを意識しよう!

まとめ:ブログを3000文字書くには常にコツを意識しよう!

 

今回は、時間がないでも必ずブログ3000文字を書けるようになる3つのコツをご紹介しました。

 

 ブログ3000文字を書くためのコツ

  1. 記事の企画書を作成する
  2. 作業効率化ツールを導入する
  3. ニッチすぎるキーワードを狙わない

 

ブログを書くことに慣れてくれば、上記の3つが自然とできるようになりますが、最初の頃は忘れてしまうことが多いです。

 

そのため、ブログを3000文字書く時は常にコツを意識しましょう。

今回は以上です。

 

    -ブログ