Webライター

【衝撃】Webライターに年齢は関係ある【歳をとっていた方が有利】

2021年1月24日

【衝撃】Webライターに年齢は関係ある【歳をとっていた方が有利】

 

悩んでいる人
40歳です。今からWebライターを始めるのは、年齢的に難しいですか?できれば、自宅でお金を稼げる仕事がしたいです。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・Webライターに年齢が関係ある理由【歳をとっていると有利です】
・年齢を重ねている人がWebライターをするメリット

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年5ヶ月です。過去に月5万円ほどWebライターで稼いでいました。

 

結論から言うと、Webライターに年齢は関係あります。

というのも、年齢を重ねている方がWebライターでは有利だったりするからですね。

 

そこで本記事では、Webライターに年齢が関係ある理由というテーマでお話ししていきます。

 

この記事を読むことで、年齢という制限を気にすることなく、今日からWebライターを始めることができます。

では、いきましょう|( ̄3 ̄)|

 

Webライターに年齢が関係ある理由【歳をとっていると有利です】

Webライターに年齢が関係ある理由【歳をとっていると有利です】

Webライターに年齢が関係ある理由【歳をとっていると有利です】

 

結論、若い人よりも「人生経験」があるから。

 

人は年齢を重ねるにつれて、いろいろな経験をする

 

あたりまえですが、人は年齢を重ねるにつれて、過去の経験とは違った経験をしますよね。

 

たとえば、「20代のあなた」と「40代のあなた」では、考えていることや持っている知識も違うはず。

 

つまり、年齢を重ねている方が、蓄積されている経験値の量が違うというわけです。

 

Webライターは、年齢を重ねている方が単価が高い仕事もある

 

では、年齢を重ねていることが、どうしてWebライターでは有利なのか。

結論、単価が高い仕事があるからですね。

 

具体例としては、以下のとおり。

 

  • 専門的な情報について
  • ビジネスマナーについて
  • 人生で苦労したことについて

 

もちろん、20代でも上記の仕事ができるかもですが、やはり40代の方と比べると差は大きい。

 

そのため、年齢を重ねていることは、Webライターの仕事ではデメリットではなく、むしろメリットとして働く場合が多いわけです。

 

質問:年齢を重ねていてもWebライターのスキルは身につくのか?

 

結論、スキルに関しては問題なしです。

というのも、少し極端ですが、Webライターの仕事は「文字を打つこと」がメインだから。

 

つまり、サラリーマンにとって当たり前の「アポ取りのテクニック」「提案資料の作成方法」などのスキルを身につける必要なしです。

 

 よくある質問:タイピングが苦手だけど、大丈夫?

結論、こちらも問題なしです。

なぜなら、タイピングは作業を毎日すれば、自然と上達するから。

 

また、実際にWebライターとして稼いでいる人も、最初からパチパチとタイピングができていたわけではないです。

 

つまり、スキルやタイピングに関しては、0からでも気にする必要がないわけですね。

 

年齢を重ねている人がWebライターをするメリット

年齢を重ねている人がWebライターをするメリット

年齢を重ねている人がWebライターをするメリット

 

結論、メリットは以下の3つです。

 

  1. 在宅で完結するので、体に負担がかからない
  2. 家族のスケジュールに合わせて仕事ができる
  3. ツライと感じた時にすぐにやめることができる

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:在宅で完結するので、体に負担がかからない

 

Webライターの仕事は、パソコンとネット環境さえあれば、メール1つで完結するので、外に出る必要なしです。

 

そのため、スーツを着たり、満員電車に乗ったりしないでOKなので、体に負担がかかりません。

 

また、上記のような仕事に入るまでの準備の時間と通勤時間がゼロなので、メリットが大きいですね。

 

その②:家族のスケジュールに合わせて仕事ができる

 

年齢を重ねるにつれて、家族との時間がより貴重になってきますよね。

 

とはいえ、サラリーマンの場合、家族に何かあった時に、すぐに休んだり、早退したり、などができないです。

 

しかし、Webライターの場合、仕事の納品日さえわかっていれば、その間のスケジュールを家族中心で決められます。そのため、家族との時間を大切にしつつ、何かあった時でもすぐに対応ができますね。

 

その③:ツライと感じた時にすぐにやめることができる

 

サラリーマンで仕事に就いた場合、自分がツライな、、、と感じた時にすぐにやめられませんよね。あたりまえですが。

 

しかし、Webライターの場合、基本的に仕事の取り引きは単発、もしくは一定期間で終わることが多いので、ツライと感じたら、すぐにやめることができます。

 

もちろん、やめることが100%正しいというわけではないですが、「やめても大丈夫」といった気持ちの方が意外と仕事に集中できたりします。

 

まとめ:Webライターは、年齢をとっていた方が有利です

まとめ:Webライターは、年齢をとっていた方が有利です

まとめ:Webライターは、年齢をとっていた方が有利です

 

今回は、Webライターに年齢が関係ある理由というテーマでお話ししました。

結論として、Webライターは年齢を重ねている方が有利です。

 

そのため、「自分は歳をとっているから…」といった理由で諦める必要はありません。

まずは、自分でやってみて、そこで合わないな、と感じたらやめればOKなので。

 

年齢を重ねても、まだまだ挑戦できますので、思いたったら行動あるのみですね。

>>Webライターの始め方を3ステップで解説【月5万円は誰でも可能】

 

    -Webライター