Blog

【大切】アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から

2020年9月14日

【大切】アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から

 

悩んでいる人
先日アドセンスから不合格の通知がきました。アドセンスに落ちまくる原因がわかりません。どうすれば、僕はアドセンスに合格できるのでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から
・アドセンスに落ちまくる人が行動すべき手順
・【結論】アドセンスに落ちまくる=経験不足

 

 記事の信頼性

カタクリのブログのプロフィール画像

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴9ヶ月のブロガーです。今までに300記事以上のブログを書いてきました。

 

結論から言うと、アドセンスに落ちまくる原因は、あなたが書いた「記事に価値がない」からです。

しかし、いきなり「記事に価値がない」と言われても、わけがわかりませんよね。

 

そこで本記事では、記事に価値がないとはどういうことなのかを解説していきます。

 

また、後半では、アドセンスに落ちまくる人が行動すべき手順などもお話ししているので、最後まで読んでみてください。

では、いきましょうψ(`∇´)ψ

 

この記事を読めば、アドセンスに落ちまくることはなくなります。
カタクリ




アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から

アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から

アドセンスに落ちまくる原因は「記事に価値がない」から

 

結論として、価値がない記事をいくら書いても、これからもアドセンスに落ちまくるでしょう。

 

理由はシンプルで、Googleアドセンス側も、価値のない記事に対して、お金を払いたくないから

 

そもそも「価値のある記事」とは?

 

「価値のある記事」とは、読者の悩みを解決できる記事です。

もう少し具体的にイメージするために、以下の画像をどうぞ。

 

価値のある記事:イメージ図

価値のある記事:イメージ図

 

「悩みを持った読者」に対して、「価値のある記事」を提供し、「悩みを解決」してもらうといった流れです。

 

つまり、アドセンスに落ちまくる原因は、「読者の悩みを解決できていない=価値のある記事を書けていない」からです。

 

Googleの理念【アドセンスに落ちまくる原因】

 

アドセンスに落ちまくる1番の原因は、根本的にあなたの記事がGoogleの理念と反しているからです。

以下は、Googleが掲げている理念の1つです。

 

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Googleが掲げる10の事実

 

上記のとおりですね。

まずは、読者のためにブログを書くことで、読者に対して「価値提供」ができるわけです。

 

では、次の章から、読者の悩みを解決できるような「価値のある記事」を書く手順をご紹介していきます。

 

アドセンスに落ちまくる人が行動すべき手順

アドセンスに落ちまくる人が行動すべき手順

アドセンスに落ちまくる人が行動すべき手順

 

結論、読者の悩みを解決できる「価値のある記事」を書きましょう。

以下は、価値のある記事を書く手順です。

 

 価値のある記事を書く手順

  1. ブログの方向性を決める
  2. 需要のあるキーワードを探す
  3. 読者の悩みを解決する記事を書く

 

それぞれの手順に沿って記事を書けば、アドセンスに落ちまくることは、今後なくなります。

では、順に説明していきます。

 

手順①:ブログの方向性を決める

 

まずは、あなたのブログの方向性を決めましょう。

なぜなら、ブログの方向性を決めなければ、読者に提供できる価値の方向性が決まらないからです。

 

ブログの方向性が決まっていない&提供できる価値の方向性が決まっていない具体例は以下のとおり。

 

  • ブログの方向性:ラーメン屋さんを運営
  • 価値の方向性:焼きそばを提供

 

方向性がバラバラですね。かなり極端な例ですが、意外とアドセンスに落ちまくる人はしてしまっているミスです。

 

 ブログの方向性はあなたが「得意なこと」でOK

 

「読者に価値提供をする=専門性が高いむずかしいこと」と考えてしまいますよね。

しかし、これは間違いでして、あなたが「得意なこと」で読者に価値提供をすればOKです。

 

たとえば、あなたが高校時代にバスケをしていて、シュートが得意だったとします。あなたからすれば、あまり価値のないことかもですが、「シュートをうまく打ちたい」という悩みを持った読者からすれば価値のあることですよね。

 

このように、0から読者に提供できる価値を探すのではなく、現状あなたが持っている「得意なこと」で読者に価値提供をしましょう。

 

手順②:需要のあるキーワードを探す

 

次は、需要のあるキーワードを探しましょう。

理由は、需要のないキーワードで記事を書いても、誰にも読まれない記事になってしまうからです。

 

 需要のあるキーワードの探し方

需要のあるキーワードの探し方

需要のあるキーワードの探し方

 

上の画像は[読書 おすすめ]といったキーワードで検索した画面です。

いろいろな検索結果が表示されていますよね。これらは、すべて「読者の悩み」です。

 

このように、Googleなどの検索画面を使用すれば、読者の悩みを見つけられます。

 

手順③:読者の悩みを解決する記事を書く

 

最後は、実際に読者の悩みを解決する記事を書いていきましょう。

読者の悩みを解決するイメージは以下のとおり。

 

  • 読者の悩み:[読書 おすすめ 社会人]
  • 解決する記事:社会人が読書をするときにおすすめの本を紹介する

 

こんな感じですね。つまり、まずは、読者の悩みを明確にして、そこから記事を書けば、あなたの記事も「価値のある記事」になります。

 

最初はむずかしいかもですが、記事を書いていく中で慣れていきます。
カタクリ

 

【結論】アドセンスに落ちまくる=経験不足

【結論】アドセンスに落ちまくる=経験不足

【結論】アドセンスに落ちまくる=経験不足

 

ぶっちゃけ、アドセンスに落ちまくるのは、単純に経験不足だからです。

つまり、逆に経験を積んでいけば、アドセンスに落ちまくることは絶対にないです。

 

毎日ブログを書きましょう

 

結論、毎日ブログをゴリゴリ書きましょう。

経験不足は、ひたすら経験をすることで積み上げられます。

 

 毎日ブログを書く時間を取れない場合

 

社会人の人などで、毎日ブログを書く時間を取れない場合は、ブログのことを考えるだけでOKです。

具体例を出すと以下のとおり。

 

  • 明日はどんなブログを書こうか
  • 昨日のブログの改善点はなにか?
  • 僕ならどんな悩みを今持っているか?

 

こんな感じですね。ブログは書くだけがすべてではないです。

そのため、ブログを書く時間が毎日取れなくても、ブログのことを考える時間は毎日取りましょう。

 

ブログを書いたらTwitterで発信

 

ブログを書いたら、Twitterで発信して、他の人に見てもらいましょう。

 

他の人からの意見を取り込むことで、ブログは成長していきます。

 

ブログを多くの人に見てもらうためにTwitterを利用しましょう。
カタクリ

 

まとめ:アドセンスに落ちまくるのは仕方がないので次へ活かそう!

まとめ:アドセンスに落ちまくるのは仕方がないので次へ活かそう!

まとめ:アドセンスに落ちまくるのは仕方がないので次へ活かそう!

 

今回は、アドセンスに落ちまくる原因についてお話ししました。

結論として、アドセンスに落ちまくる原因は、あなたの記事に価値がないからです。

 

 価値のある記事を書く手順

  1. ブログの方向性を決める
  2. 需要のあるキーワードを探す
  3. 読者の悩みを解決する記事を書く

 

しかし、価値のある記事を書くには、上記の3つの手順で記事を書けば、初心者でも書くことができます。

 

「次こそは確実にアドセンスに合格したい!」という人は【保存版】アドセンスの合格率を上げる5つの方法【サルでもできる】にてアドセンス合格の必勝法をご紹介しているので、そちらを読んでみてください。

 

アドセンスに落ちまくるのは仕方がないので、今までの失敗を次へ活かしましょう。

今回は以上です。




-Blog
-

Copyright © Katakuri Blog , All Rights Reserved.