就活 浪人生

【例文】就活の挫折経験で『大学受験&浪人』はアリ【一浪での就職】

2022年9月29日

【例文】就活の挫折経験で『大学受験&浪人』はアリ【一浪での就職】

 

悩んでる人
一浪をして大学に入った就活生です。僕の中で大学受験は成功体験でもあり、大きな挫折経験でした。この大学受験のエピソードを就活の挫折経験で話しても大丈夫でしょうか?もし、一浪をして大学へ入った人で、浪人時代のエピソードを挫折経験で使っていたら、面接で話す例文などを教えてください。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・就活の挫折経験で『大学受験』はアリ
・就活で受験の挫折経験を考える手順
・大学受験の挫折経験を話すポイント

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

この記事を書いている僕は一浪で就職が決まった大学生です。就活の挫折経験では「大学受験」の話をしていました。

 

今回は『就活の挫折経験で大学受験&浪人はアリ』というテーマで解説です。

まず結論として、なぜ大学受験の話がOKなのかを書いておきますね。

 

 挫折経験で大学受験がOKな理由

大学受験&浪人のエピソードは「目標・努力・失敗・復活・改善などの要素」を挫折経験でアピールしやすいから。

 

上記のとおり。

僕も就活の挫折経験では、大学受験と浪人(一浪)の話をエントリーシートに書いたり、面接で話したりしましたが、大手企業の就職が決まりましたからね。

 

こういった背景の僕が、本記事では『就活の挫折経験で大学受験&浪人はアリ』というテーマで解説をしつつ、あなたの大学受験のエピソードを就活で活かす方法をご紹介していきます。

 

また、記事の後半では「就活で大学受験の挫折経験を考える手順」「大学受験の挫折経験を話すポイント」もセットでお話しているので、最後まで読んでみてくださいね。

では、いきましょうヽ(;▽;)ノ




就活の挫折経験で『大学受験&浪人』はアリ【一浪での就職】

就活の挫折経験で『大学受験&浪人』はアリ【一浪での就職】

 

結論、大学受験の挫折経験でもOKです。

 

そもそも、就活で面接官が求める挫折経験とは

 

「なぜ聞かれるのか?」といった部分ですね。

企業側が就活で聞く理由は、以下の5つのポイントをチェックするためです。

 

 企業がチェックしているポイント

  • 自分に合った目標を決められるのか
  • 決めた目標に向かって努力できるか
  • 失敗した時、どんな気持ちになるか
  • 挫折から立ち直ることができるのか
  • 学生生活で、経験を活かせているか

 

大きくは、こちらの5つですね。

※この記事を書いている僕も、上記の5つを意識して就活で話していました。

 

そして、さらに聞かれる簡単に理由をまとめるなら、次のようになるかなと。

 

「目標・努力・失敗・復活・改善など」

 

上記を就活の挫折経験では見ているはず。

 

なので、あなたの中で大学受験のエピソードが「目標」「努力」「失敗」「復活」「改善」などに当てはまるのなら、就活のエントリーシートや面接で使っても問題なしかなと思います。

 

実例:一浪の僕は大学受験と浪人の話を就活で伝えた

 

1つ実例というか実体験です。

この記事を書いている僕も、一浪をして「同志社大学」へ入学しました。

 

そして、就活では『大学受験&浪人』のエピソードを面接などで話しまして、外資系IT企業へ就職する予定です。

 

なので、ちょっと自慢に聞こえてしまったかもですが、挫折経験で大学受験のエピソードを話しても、普通に就職できますからね。

 

とはいえ、イメージがしにくいかなと思うので、一浪の僕が「就活のときに使っていたエピソード」を公開しますね。←部分によっては就活時と少し変えています。身バレ防止です。

 

 例文:就活で使っていたエピソード

私の挫折経験は『大学受験で失敗してしまったこと』です。私は「早稲田大学への合格」を目標に勉強に取り組みましたが、結果は不合格でした。正直、努力が報われないことに絶望しました。しかし、このまま落ち込んでいても仕方ないと考え、大学生活では挫折経験を活かして「ブログの運営」などの活動に注力しました。

 

文字数的に少し省略していますが、上記のようなイメージです。

 

とはいえ、エントリーシートで挫折経験を書く機会はあまりなく、面接で数回話した程度だったので、あまり就活で聞かれない質問なのかなと考えています。

 

就活の挫折経験において、エピソードに大小は必要ない

 

就活生がよくイメージする挫折経験は、次のようなエピソードがあるはず。

 

・学生時代に起業をして失敗した話
・留学先で会話がうまくいかなかった話
・部活動の全国大会で負けてしまった話

 

僕も就活をする前は、こういったイメージを挫折経験に持っていました。

しかし、実際に就活をしていく中で、次のような考えへと変わりました。

 

「挫折経験などのエピソードは“大きさ”よりも“深さ”が求められている」

 

シンプルですが、上記のとおり。

このあたりについて少しだけ解説します。

 

挫折経験はエピソードの「大きさ」より『深さ』が大切

 

おそらく、画像の方がイメージしやすいはず。

 

 就活のエピソードの全体像

就活:挫折経験のエピソード

就活:挫折経験のエピソード

 

・縦軸(エピソードの深さ):どれだけ深く考えて、行動できているのか
・横軸(エピソードの大きさ):いわゆる、エピソードのインパクト的なやつ

 

というのも、多くの就活生は「横軸:大きさ」しか考えていないから「留学のエピソードが強い」とか「大学受験や浪人の挫折経験は弱い」といった考えになってしまうのかもです。

 

しかし、大切なことは『縦軸:深さ』でして、企業が就活で挫折経験を聞く理由は「どこまで深く考えつつ、そして行動できているのか」を確認するため。

 

そして、企業側がチェックしているポイントは、次の5つのポイントです。

 

 企業がチェックしているポイント

  • 自分に合った目標を決められるのか
  • 決めた目標に向かって努力できるか
  • 失敗した時、どんな気持ちになるか
  • 挫折から立ち直ることができるのか
  • 学生生活で、経験を活かせているか

 

繰り返しですが、これらを企業は見ています。

つまり、エピソード自体のインパクトはあまり関係なくて、起業だろうが大学受験だろうが、大切なことは『そのエピソードの深さ』です。

 

「あなたが何を考えつつ、どのように行動してきた経験なのか?」

 

これを企業はチェックしています。

そして、就活の面接などを通じて、あなたという「人間」を知る感じですね。

 

ちなみに、大学受験や浪人のエピソードよりも「アルバイトの経験」の方がアピールしやすそうであれば、その話をすべきですよ。

>>参考:【最強】バイトの挫折経験で『ミス&クレーム』は強い【ESの例文】

 

中でも「バイト中にミスをしてしまった話」とか「お客様からクレームをもらった話」とかは、就活ではわりと強かったりしますからね。

 

例文:ESや面接で使える、大学受験&浪人の挫折経験

 

いわゆる「テンプレ」の例文です。

※大学受験がテーマですが、ところどころアレンジしてみてくださいませ。

 

 例文:大学受験&浪人の挫折経験

私の挫折経験は『大学受験で失敗してしまったこと』です。私は「〇〇大学へ合格」を目標に勉強に取り組みましたが、結果は不合格でした。正直、□□といった感情になっていました。しかし、△△という出来事がきっかけで立ち直ることができました。この挫折経験を活かして、今は××などの活動に注力しています。

 

ザッと、こんな例文ですかね。

もちろん、正解とかはないので、あなたが使いやすい形に変更すればOKです。




大学受験&浪人をベースに、就活で使う挫折経験を考える手順

大学受験&浪人をベースに、就活で使う挫折経験を考える手順

 

結論、挫折経験は次の5ステップでOK。

 

  1. 大学受験における目標を思い出す
  2. 目標までの努力を細かく洗い出す
  3. 失敗したときの感情を明確化する
  4. 挫折経験から立ち直った背景を書く
  5. 学生時に活かした挫折経験を考える

 

では、順に説明していきますね。

 

手順⓪:就活で話す『挫折経験の全体像』を考える

 

まずは、ちょっとだけ前提部分です。

繰り返しですが、企業が挫折経験に求めるポイントを理解しておきましょう。

 

 企業が求めるポイント

・自分に合った目標を決められるのか
・決めた目標に向かって努力できるか
・失敗した時、どんな気持ちになるか
・挫折から立ち直ることができるのか
・学生生活で、経験を活かせているか

 

上記のとおりですね。

それらを手順ごとに落とし込んだ形が、この章で解説する以下の項目です。

 

  1. 大学受験における目標を思い出す
  2. 目標までの努力を細かく洗い出す
  3. 失敗したときの感情を明確化する
  4. 挫折経験から立ち直った背景を書く
  5. 学生時に活かした挫折経験を考える

 

こんな感じです。

つまり、全体像としては「企業が求める5つのポイント」をベースにしつつ、そこから手順ごとに組み立てていくので、この章で『企業が求める挫折経験』をカッチリと作り込めるはず。

 

というわけで、話を戻していきますね。

 

手順①:大学受験における目標を思い出す

 

最初は『大学受験の目標』ですね。

とはいえ「志望校への合格」が大きな目標になってくるはずです。

 

 浪人していた僕の場合

「早稲田大学へ合格すること」

 

こちらが浪人時の僕の目標でした。

※かなり前の記憶になってしまうかもですが、目標を思い出してみてください。

 

 ポイント:志望校の志望理由を考える

エピソードを話した後に、99%くらいの確率で聞かれる質問ですね。

 

「なぜ〇〇大学を志望したの?」

 

大学受験をするときの記憶があればOKですが、なければ今作ってしまってOK。

※僕は「校風に憧れていた」とか「指導法が魅力的だった」と答えていました。

 

手順②:目標までの努力を細かく洗い出す

 

「どんな努力をしたのか?」の部分です。

 

 NGな努力の例

「毎日のように勉強に励みました」

 

 おすすめな努力の例

「現状と志望校までの距離を分析して、自分には〇〇と□□の弱みがあることに気づきました。そこで△△や××などの勉強法を実践して改善しました」

 

ここでのポイントは『より具体的に』です。

単純に「勉強しました」ではなく「どのように勉強したのか」が大切ですね。

 

エントリーシートの文字数や面接での回答時間的に、努力の部分は書かない&言わないことが多めですが、挫折経験を話した後に質問として聞かれるかもなので、考えておくのがベスト。

 

手順③:失敗したときの感情を明確化する

 

ちなみに「悔しい」とか「悲しい」というひとことで表現するのはNGです。

なぜなら、同じ「悔しい」という気持ちでも、複数の意味があるからですね。

 

 例:「悔しい」という感情の場合

  • 努力したけど失敗したから悔しい
  • 友達に負けてしまったから悔しい
  • 親の期待に応えられないから悔しい

 

日本語って難しいですよね。

とはいえ、これも挫折経験を話した後に「どんな風に悔しかったの?」と聞かれる可能性大なので、準備しておくといいかもですね。

 

手順④:挫折経験から立ち直った背景を書く

 

おそらく、大学受験に失敗すると「ネガティブな感情」になるはずですよね。

そのネガティブな感情から『立ち直った背景』をハッキリとさせる感じです。

 

 浪人(一浪)後の僕の場合

「全力で勉強して落ちたから後悔はない。この気持ちを、大学生活を充実させるためのプラスの気持ちに変えよう」

 

僕の場合は「やり切った」「大学生活を充実させる」が大きかったですね。

このあたりは人によって変わるので、立ち直った背景を考えてみてください。

 

手順⑤:学生時に活かした挫折経験を考える

 

簡単に言うなら「挫折経験が今のあなたに活かせられているか」ですね。

理由は、挫折経験を失敗とするのではなく『次に繋げているか』が大切だから。

 

 浪人(一浪)後の僕の場合

大学受験で「努力はしたけど、方向性が間違っていた」という学びがあったので『ブログの運営』に活かしています。

 

上記のとおり。

なので、まずは「なぜ大学受験&浪人が失敗したか?」を考えるのが先ですね。

 

補足:大学受験&浪人の挫折経験では『Why』が重要

 

ちょっとカッコよく書きましたが、つまり「なぜ?」という問いが大切です。

 

 例文:「なぜ?」という問いかけ

・〇〇大学を志望しました
→なぜ〇〇大学を大学受験で志望した?

・□□などの勉強法を実践しました
→なぜ□□などの勉強法を実践したの?

・大学受験に失敗した時は悔しかった
→なぜ失敗して悔しいと感じたの?

 

これは挫折経験だけでなく、就活におけるすべての質問で大切な考え方です。

ぶっちゃけ、ここまでしている就活生は少ないので、差がつくポイントですね。




就活の面接で「大学受験&浪人の挫折経験」を話すポイント

就活の面接で「大学受験&浪人の挫折経験」を話すポイント

 

最後に、挫折経験を話す時のポイントですね。

 

  1. 他の挫折経験も就活で話してみる
  2. 挫折経験とのイメージを統一化する
  3. ガクチカや自己PRなども作り込む

 

こちらの3つを意識すればOKです。

というわけで、1つずつ解説をしていきます。

 

その①:他の挫折経験も就活で話してみる

 

今回は「大学受験&浪人」で考えましたが、他のエピソードも考えるべしです。

理由はシンプルで、他のエピソードを考える中で、新たな発見があるから。

 

 例:新たな発見

「この言葉の言い回しや文章の書き方は、大学受験のエピソードで使えそう」

 

上記のとおり。

また、就活で「大学受験の他の挫折経験はないの?」と聞かれる可能性もあるので、2〜3つほどエピソードを持っておくといいかもです。

 

その②:挫折経験とのイメージを統一化する

 

これはわりと大切です。

具体的には「あなたのイメージ」「挫折経験のイメージ」の統一ですね。

 

 NG例:統一されていない

・あなたのイメージ:熱血系で、頭で考えるより、常に行動で解決するタイプ
・挫折経験のイメージ:分析系で、とにかく行動より、思考を重視するタイプ

 

別人レベルに違いますよね。

就活の面接では、面接官が「あれ?なんか違うな」といった『違和感』を持たれた瞬間に、選考に通る確率がグッと下がりますからね。

 

なので「あなたのイメージ」と「挫折経験のイメージ」の統一は重要です。

 

 あなたの強みなどを知る方法

引用:オファーボックス公式サイト

引用:オファーボックス公式サイト

 

こちらは『オファーボックス』という就活サイトでして、登録すれば「AnalyzeU+」という自己分析ツールが無料で使えますよ。

 

〈自己分析ツールでわかること〉
・あなたの「強み」がわかる
・一方で、あなたの「弱み」もわかる
・それを就活へと活かすことができる

 

こういった感じで『オファーボックス』を使うことによって、あなたの強みと弱みをサクッと自己分析ツールで診断することができますよ。

>>オファーボックスで自己分析をする

 

もちろん、本などでも自己分析をすることはできますが、僕の場合は「早く知りたい」という気持ちの方が強かったので『オファーボックス』などをフル活用していましたね。

 

その③:ガクチカや自己PRなども作り込む

 

今回は挫折経験のエピソードを作り込みましたが、これは「ガクチカ」や「自己PR」なども同様に、しっかりと作り込む必要ありです。

 

 エピソードを作り込む方法

・What:具体的には、なにをしたのか
・When:どれくらいの期間の話なのか
・Who:誰が関わったエピソードなのか
・Why:なぜ行動をしようと思ったのか
・Where:どこで起こったエピソードか
・How:どのような手段を考えたのか

 

やり方は簡単で『5w1h』を意識するだけ。

>>参考:【当たり前】就活の志望動機は嘘つき大会←TOEICなど資格は危険

 

いきなり『5w1h』を見せられても意味不明な就活生が多いかもですが、これがわりと大切でして、ガクチカや自己PRなどを作り込みたい人は、上記の記事を参考にどうぞ。




まとめ:就活の挫折経験では、大学受験&浪人(一浪)でもOK

まとめ:就活の挫折経験では、大学受験&浪人(一浪)でもOK

 

今回は『就活の挫折経験で大学受験&浪人はアリ』について解説しました。

 

 挫折経験を考える手順5つ

  1. 大学受験における目標を思い出す
  2. 目標までの努力を細かく洗い出す
  3. 失敗したときの感情を明確化する
  4. 挫折経験から立ち直った背景を書く
  5. 学生時に活かした挫折経験を考える

 

こちらの5つの手順ですね。

繰り返しですが、話すエピソードに「強い」とか「弱い」はないですからね。

 

 大切なことは1つだけ

「あなたが何を考えつつ、どのように行動してきた経験なのか?」

 

上記のとおり。

なので、大学受験や浪人のエピソードを話すなら、企業が求めている「目標」「努力」「失敗」「復活」「改善」などの視点から考えて話すのがベストですね。

 

実際、この記事を書いている一浪の僕も『大学受験&浪人のエピソード』を就活で話しましたが、大手企業への就職が決まりましたからね。

 

そのため、話すエピソードに大小などはなくて、大学受験や浪人のエピソードを話しても、普通にあなたが志望している企業へと就職することはできますよ。

 

というわけで、後悔のない就活をどうぞ。

今回は以上です。

 

人気記事【就活】面接で挫折経験がない人の対処法【困難を乗り越えた経験】

人気記事【低い】就活にGPAが関係ない5つの理由【1点台でも大手へ就職】




 

-就活, 浪人生