ブログ

【便利】ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説します

2021年3月16日

【便利】ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説します

 

悩んでいる人
ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法が知りたいな。また、Twitterを埋め込む時の注意点などもセットで教えてください。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説
・ツイッターを埋め込みする時の注意点
・ツイッターの埋め込みに関する質問

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴1年3ヶ月のブロガーです。今はブログで月8万円ほどの収益をあげています。

 

今回は、ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説していきます。

また、ブログにTwitterを埋め込むメリットは、以下の3つです。

 

  • 説明の補足になる
  • Twitterへと誘導できる
  • 評判などの記事の場合、信頼性が上がる

 

上記のとおりですね。

 

なお、ブログにツイッターを埋め込みする方法は、1分ほどでできますので、この機会に実践してみましょう。

では、はじめていきますね(・Д・)ノ

 

ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説

ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説

 

結論、以下の3つの手順です。

 

  1. 埋め込みたいツイートを選択
  2. ツイッターのコードをコピー
  3. ブログ記事に貼り付ける

 

実際に、僕も画像を使いつつ解説していきますので、一緒に進めていきましょう。

 

手順①:埋め込みたいツイートを選択

 

まずは、ブログ記事に埋め込みたいツイートを選択しましょう。

 

ツイートを選択

 

今回は、上記のツイートを選択しました。

※なお、練習ですので、適当なものでOK。

 

また、普通のツイートだけでなく、リプライの埋め込みもできます。

 

手順②:ツイッターのコードをコピー

 

お次は、URLコードのコピーです。

 

ツイートを埋め込む

 

ツイートの右上の「・・・」をクリックしつつ、「ツイートを埋め込む」をクリックしてください。

 

コードをコピーする

 

そしたら、上記のような画面に移動しますので、「Copy Code」のボタンをクリックすれば、URLをコピーできます。

 

手順③:ブログ記事に貼り付ける

 

そして、WordPressへと移動しましょう。

 

テキストエディタに変更

 

このままコードを貼り付けてしまうと、単純にコードが表示されるだけになってしまうので、必ず投稿画面にて「ビジュアル」「テキスト」に変更しましょう。

 

コードの貼り付け

 

最後に、先ほどのコードを貼り付ければOKです。

 

埋め込み成功

 

また、確認程度にプレビューなどで埋め込みができているかチェックしましょう。

上の画像のように、しっかりと表示されていれば完了です。

 

 Twitterのカスタマイズ方法

Twitterのカスタマイズ方法①

 

「set customization options」をクリックしてください。

 

Twitterのカスタマイズ方法②

 

デフォルトでは「Light」になっているので、ここを「Dark」に変更してあげると、埋め込んだTwitterの色が「白」「黒」に変更されます。

 

Twitterのカスタマイズ方法

 

こんな感じ。ちょっとシックになりましたね。

そのため、サイトのデザインや記事の種類によって、使い分けると、読者にとって読みやすいブログになります。

 

補足:Twitterのタイムラインを埋め込む方法

 

最後に1つ補足です。

1つのツイートだけでなく、Twitterのタイムラインを埋め込む方法を解説しておきますね。

 

プロフィールのURLをコピー

 

自分のタイムラインを表示させる場合は、「プロフィール」をクリックしつつ、URLをコピーすればOK。

 

URLの貼り付け

 

そして、以下のサイトへジャンプしつつ、先ほどのURLを入力しましょう。

>>Twitter Publish

 

入力ができたら、「→」をクリックしてくださいね。

 

「Embedded Timeline」を選択

 

左側の「Embedded Timeline」を選択しましょう。

 

タイムラインのコードをコピー

 

あとは、先ほどと同様に、「Copy Code」をクリックしつつ、投稿画面の「テキスト」にてコードを貼り付ければ完了です。簡単でしたね。

 

ブログにツイッターを埋め込みする時の注意点

ブログにツイッターを埋め込みする時の注意点

 

とはいえ、ブログ記事にツイッターを埋め込みする場合には、3つほど注意点があります。

 

  1. ブログの表示速度が落ちる可能性あり
  2. 多くのツイートを埋め込みするのはNG
  3. ツイッターの本人から連絡が来たら、すぐに削除

 

上記の3つですね。

それぞれ順に解説していきます。

 

その①:ブログの表示速度が落ちる可能性あり

 

あたりまえですが、ツイッターを埋め込むと、余計なコードが読者に表示されてしまうので、ブログの表示速度が落ちる可能性ありです。

 

「速度が落ちても良くない?」と思う方がいるかもですが、ぶっちゃけ、速度はかなり重要ですよ。

 

なぜなら、ブログの表示速度が遅い場合、読者が離脱してしまうからですね。

 

 読者が離脱しすぎる場合のリスク

結論、SEOの評価が落ちます。

それもそのはずでして、Googleに「読者がすぐにブログから離脱=記事の質が低い」といった判断をされるからですね。

 

そのため、ツイッターを埋め込みする場合は、最高でも2つか3つまでにしておくべきですね。

 

その②:多くのツイートを埋め込みするのはNG

 

こちらは先ほどの補足です。

よく評判系や口コミ系の記事を書く方で、1記事に10個以上の埋め込む方がいます。

 

結論、ブログの表示速度がかなり落ちてしまいますのでNGです。

 

 質問:大量の口コミを書きたい場合は、どうすればいい?

ボックスや吹き出しなどで代用しましょう。

具体的には、以下のとおり。

 

20才男性

このパソコンへの満足度はかなり高いです。理由は、今まで使ったパソコンの中で1番スムーズに動きますし、なにより使いやすいからですね。なので、パソコンの購入を検討している方は、「〇〇」が超おすすめです。

 

こんな感じです。なお、当ブログは「AFFINGER6」というWordPressテーマを使っているため上記のような演出ができますが、無料テーマの場合は、「引用ボックス」などを使っても問題なしです。

 

その③:ツイッターの本人から連絡が来たら、すぐに削除

 

Twitterを埋め込みしていると、本人から削除依頼がくることもあります。

 

そのような場合は、すぐに削除をしましょう。

 

また、削除をした後に、謝罪のメールなどを入れておくと、円満に解決できます。

 

ツイッターの埋め込みに関する質問に回答

ツイッターの埋め込みに関する質問に回答

 

最後に、ツイッターを埋め込む時に、よくある質問に1つずつ回答していきます。

 

質問①:ツイートの著作権に関して、他人の許可は必要?

 

結論、他人の許可は必要なしです。

なぜなら、Twitterの利用規約で、以下のように記載されているからですね。

 

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が、既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります(明確化のために、これらの権利は、たとえば、キュレーション、変形、翻訳を含むものとします)。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

引用:Twitterサービス利用規約

 

上記のとおりですね。

なので、ツイッターを埋め込む時に、他人に許可を取る必要はありません。

 

 画像や動画などには注意せよ

ツイッターの埋め込みに著作権の許可は必要なしですが、ツイート内に顔が映っている場合は、あまり埋め込まない方がいいかもです。

いわゆる、肖像権と呼ばれるものですね。

 

質問②:動画や画像が入ったツイートも埋め込みできる?

 

結論、動画や画像が入ったものでも可能です。

 

とはいえ、動画や画像のツイートは、ブログ記事に埋め込むと、見にくくなってしまいますので、強調したい場合は、ツイートとは別に貼り付けた方がいいですね。

 

質問③:Twitterが表示されない時の対処法は?

 

コードがしっかりと入力されているかを確認しましょう。

 

Twitterが表示されない

 

もし、コードの入力ミスがあると、上記のようにうまく表示されないです。

なので、「コピー」「コードの貼り付け」の手順の中で、余分な文字が入っていないか、必要な文字を消していないかをチェックしましょう。

 

質問④:ハッシュタグが入ったツイートも埋め込み可能?

 

結論、ハッシュタグが入っていても埋め込みできます。

 

とはいえ、ハッシュタグが大量にあると、読者からすれば、見づらくなってしまいますので、埋め込み時は、注意が必要ですね。

 

まとめ:ブログにツイッターの埋め込みをしてみましょう

まとめ:ブログにツイッターの埋め込みをしてみましょう

 

今回は、ブログ記事にツイッターを埋め込みする方法を解説しました。

 

ブログにTwitterを埋め込むことで、記事の雰囲気が変わったり、読者が読みやすくなったりします。

 

そのため、うまくツイッターを活用しつつ、読者から読まれるブログ記事を書きましょう。

今回は以上です。

 

    -ブログ