雑記

毛布をいつからいつまで使うの?【快適な睡眠をお届けします】

2020年1月12日

毛布をいつからいつまで使うの?

 

悩んでいる人
・毛布をいつから使うのかがわからない。

・毛布をいつまで使うのかを知りたい。

 

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・毛布をいつから使うのか

・毛布をいつまで使うのか

・毛布を衣替えする手順

 

本記事では、毛布をいつからいつまで使うのかを徹底解説します!

 

この記事を読むと、毛布をいつからいつまで使うのかを理解できます。

 

では、いきましょう(^з^)-☆

毛布をいつから使うのか

毛布をいつから使うのか

 

毛布をいつから使うのかを決めるポイントは3つあります。

 

 毛布をいつから使うのかを決めるポイント

①季節で毛布をいつから使うのかを決める

②温度で毛布をいつから使うのかを決める

③湿度で毛布をいつから使うのかを決める

 

では、順に説明していきます。

 

季節で毛布をいつから使うかを決める

 

日本はそれぞれの季節によって、大きく気候が変わるので、それを目安にして毛布をいつから使うのかを決めましょう。

 

×

 

このように季節を目安にして、毛布をいつから使うのかを決められると考える必要がないですよ。

 

温度で毛布をいつから使うかを決める

 

毛布をいつから使うのかを決めるとき、室内の温度を目安にしましょう。

 

15度以下15度以上
×

 

このように室内の温度が15度以下になったら、毛布を使いましょう。

 

また、室内の温度が10度以下になったら、掛け布団を使い始めてもよいですね。

 

悩んでいる人
毛布だけだと寒いけど、掛け布団を使ったら暑いとき、どうすればよい?

 

毛布だけだと寒い原因は、その毛布が薄いからです。

 

湿度で毛布をいつから使うのかを決める

 

一見、季節や温度などで毛布をいつから使うのかを決める人が多いです。

 

しかし、僕自身おすすめの決め方は、湿度で毛布をいつから使うのかを決めることです。

 

50度以下50度以上
×

 

このように湿度が50度以下になれば、毛布を使いましょう。

 

なぜなら、人間が睡眠をする際の快適な湿度は50度とされているからです。

 

また、温度が低くても湿度が高ければ、蒸し暑いという現象が起きてしまいます。

 




毛布をいつまで使うのか

毛布をいつまで使うのか

 

毛布をいつまで使うのかを決めるポイントは2つあります。

 

 毛布をいつまで使うのかを決めるポイント

①季節で毛布をいつまで使うのかを決める

②温度で毛布をいつまで使うのかを決める

 

では、順に説明していきますね。

 

季節で毛布をいつまで使うのかを決める

 

×

 

基本的に秋から春にかけてはずっと毛布を使ってもよいです。

 

ただ、春から夏に変わるとき、少し毛布を使っていると、暑苦しく感じるかもしれません。

 

その際は、掛け布団などを使うのではなく、毛布のみを使いましょう。

 

温度で毛布をいつまで使うかのかを判断する

 

15度以上15度以下
×

 

温度としての目安は、15度以上になったら、毛布を使わないでおきましょう。

 

悩んでいる人
でも、タオルケットなどに変えるのがめんどくさいな。

 

確かに、毛布の衣替えはかなり面倒な作業ですよね。

 

そのような場合は、以下でお話ししている、1年間いつまでも使える毛布を使えばOKです。

 

1年間いつまでも使える毛布

 

結論、1年間いつまでも使える毛布を使用すれば、衣替えをする必要なしです。

 

mofua(モフア)毛布は、マイクロファイバーの超極細繊維が暖かいときは、あなたの汗を吸収してくれ、寒いときは冷気からあなたを守ってくれます。

 

つまり、1年間毛布を使えるため、衣替えの手間なしです。

 

 

ちなみに、私はAmazon Primeに加入していたので、次の日からすぐに使うことができました。
カタクリ

 

毛布を衣替えする手順

毛布を衣替えする手順

 

毛布を衣替えする手順は4つあります。

 

 毛布を衣替えする手順

①まずは毛布を干しましょう
②毛布をしまっていたスペースに掃除機をかける
③これからしまう布団も干す
④布団を圧縮する

 

では、順に説明していきます。

 

まずは毛布を干しましょう

 

毛布をしまっていた間に、毛布には多くの湿気がたまっています。

 

その湿気を飛ばすためにも、暖かい太陽の元で毛布の湿気を飛ばしましょう。

 

毛布をしまっていたスペースに掃除機をかける

 

衣替えをして毛布をしまう前に、毛布をしまっていたスペースに掃除機をかけましょう。

 

そうすることで、ダニなどの虫の繁殖を防ぎます。

 

これからしまう布団も干す

 

ダニなどの虫が繁殖するのを防ぐために、しまう布団も干しましょう。

 

もし、汚れが目立つ場合は、クリーニングやコインランドリーに持っていきましょう。

 

また、干しても以前のようにフワフワ感がなかったり、羽毛が外から飛び出したりしている場合は、買い替えても良いですね。

 

布団を圧縮する

 

布団を収納する場所には、除湿剤を置き、布団を入れる布団袋には防虫剤も入れておきましょう。

 

布団圧縮袋で布団を圧縮される場合は、圧縮袋の中に除湿剤も入れましょう。

 

布団は吸湿性があるため、布団の収納場所は、時々換気をしたり、除湿剤を定期的に交換したりするなどして、湿度が高くならないように心がけましょう。

 

布団の収納場所の除湿管理をすると、次のシーズンに出してきたとき、気持ちよく使用できますよ。




毛布をいつからいつまで使うのかのまとめ

 

今回は、毛布をいつからいつまで使うのかを徹底解説しました!

 

毛布をいつからいつまで使うのかは意外と知られていないことです。

 

また、地域差や個人差で毛布を衣替えする期間が異なります。

 

自分にあった毛布を使用する時期を考えられると良いですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-雑記

Copyright © Katakuri Blog , All Rights Reserved.