Webライター

Webライターがリライトをする時の3つのポイント【失敗しない】

2021年2月5日

Webライターがリライトをする時の3つのポイント【失敗しない】

 

悩んでいる人
Webライターの仕事を見ていると、「リライト」と呼ばれるものがありました。リライトってなんですか?稼げますか?もし、リライトのポイントなどがあれば、教えてください。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・Webライターの仕事で「リライト」とは?
・Webライターがリライトをする時の3つのポイント
・Webライターがリライトをする時の注意点

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はWebライター歴1年と6ヶ月ほどです。月5万円ほどの収入をWebライターの仕事で得ていました。

 

Webライターのリライトとは、「Re(もう一度)+Write(書く)」のことでして、『文章を書き直すこと』です。

 

そこで今回では、Webライターがリライトをする目的を解説した上で、リライトの3つのポイントをご紹介していきます。

 

この記事を読むことで、これからWebライターとして普通の執筆だけでなく、リライトでも稼げるようになるので、収入を伸ばす1つのきっかけになります。

では、いきましょう(*^▽^*)

 

Webライターの仕事で「リライト」とは?

Webライターの仕事で「リライト」とは?

Webライターの仕事で「リライト」とは?

 

結論、文章を書き直すことです。

 

Webライターがリライトの仕事をする目的

 

では、どうして、1度書いた文章を書き直す必要があるのかといいますと、以下の2つの目的があるからです。

 

  1. 読みにくい文章をわかりやすい文章に変える
  2. 検索順位を上げて、アクセス数を増やす

 

上記のとおり。

「読みにくい文章をわかりやすい文章に変える」は、名前のとおりに、読者が読んでいて理解しにくいと感じた箇所をリライトといった形で『わかりやすい文章』に変えることです。

 

「検索順位を上げて、アクセス数を増やす」は、情報の追加や文字数(ボリューム)の増加などによって、Googleなどの検索上で上位に表示させつつ、アクセスを集めるためです。

 

質問:普通の執筆とリライトは、どっちが稼げる?

 

ここまで記事を読んだ方の中では、以下のような疑問を持った方もいるはず。

 

「え、なんかリライトって難しそう。普通の執筆でいいや。」

 

結論、その考え方でOKです。

というのも、Webライターを始めたての方は、他人が1度書いた記事をリライトするよりも自分で1から作成できる記事執筆の方が簡単だからですね。

 

これは料理をイメージすればわかりやすいかもです。「誰かが作った料理を作り直す場合」と「あなたが1から料理を作る場合」では、どちらの方がやりやすいですかね。

 

僕は1人暮らしをしていて、よく自炊をしますが、絶対に自分で「1から作る」場合の方が簡単ですよね。

 

なぜなら、他人が一度作ったものを作り直す時の味付けなどは難しいから。

 

こんな感じでして、Webライターとしての仕事に慣れるまでは1から自分で記事を執筆した方がいいかもです。そして、慣れてきたタイミングでリライトに挑戦しつつ、収入を伸ばす方が効率が圧倒的にコスパよしです。

 

Webライターがリライトをする時の3つのポイント

Webライターがリライトをする時の3つのポイント

Webライターがリライトをする時の3つのポイント

 

結論、リライトでは、以下の3つのポイントを抑えましょう。

 

  1. 元々の文章の流れや内容を頭に入れる
  2. 専門用語があれば、小学生でもわかる言葉に変える
  3. 情報の深掘りをして、ボリュームをアップさせる

 

では、順に説明していきますね。

 

その①:元々の文章の流れや内容を頭に入れる

 

あたりまえですが、リライトの前は、必ず元々の文章を読みまくりましょう。

 

理由は、元々の文章の流れや内容を理解しておかないと、同じ内容を書いてしまい、やり直しになってしまうからですね。

それだと時間がモッタイナイm(_ _)m

 

また、コツとしては、単に目で読むのではなく、「音読」を2〜3回ほどするといいですよ。そうすれば、自然と頭の中に文章の流れや内容が入ってきますので。

 

その②:専門用語があれば、小学生でもわかる言葉に変える

 

お次は、記事の中で使用されている難しい「専門用語」があれば、わかりやすい言葉に置き換えましょう。

ここでポイントは、『小学生でもわかる言葉』に変えることです。

 

どうして、小学生にもわかる言葉に変えるのかといいますと、小学生が理解できれば、おそらく多くの方も理解できるからですね。

 

とはいえ、イメージしにくいかもなので、1つ具体例をどうぞ。

 

  • 前:辛辣な言葉が彼女に浴びせられた。
  • 後:きびしい言葉を彼女は言われた。

 

上記のとおり。わかりやすさがグッと変わりましたね。

もし、あなたにもわからないような言葉が使われていた場合、ググりつつ、わかりやすい言葉に書き換えましょう。

 

その③:情報の深掘りをして、ボリュームをアップさせる

 

リライトでは、文字数(ボリューム)をアップさせる目的で、クライアントから「ボリュームを増やして。」と言われることがあります。

 

とはいえ、自分が書いた文章ならまだしも、他の人が書いた文章のボリュームを増やすのって、わりと難しいんですよね。

 

 解決策:ラッコキーワードを使う

ラッコキーワード」とは、1つの単語を入力すれば、その言葉の関連語を教えてくれるツールでして、使用例としては以下のとおり。

 

[ダイエット やり方]:検索結果

[ダイエット やり方]:検索結果

 

たとえば、[ダイエット やり方]という単語を入力すると、上の画像のように、たくさんの関連語が出てきます。

 

あとは、リライトの前に記事で使用されていない言葉をチェックして、文章に付け足せば、簡単にボリュームをアップできます。

 

Webライターがリライトをする時の注意点

Webライターがリライトをする時の注意点

Webライターがリライトをする時の注意点

 

逆に、リライトをする時の注意点は、以下の3つです。

 

  1. 他の記事の内容をそのまま使う
  2. 1つのサイトの情報しか参考にしない
  3. 記事の内容と違う見出しを作ってしまう

 

では、順に説明していきます。

 

注意点①:他の記事の内容をそのまま使う

 

結論、リライトで他の記事の内容をそのまま使うのはNGです。

なぜなら、単純に「著作権侵害」にあたる可能性があるからです。

 

それに、Googleの検索エンジンは、他の人が書いた内容を記事にそのまま取り入れても、評価をしてくれません。むしろ、評価が下がってしまう可能性ありです。

 

とはいえ、文書を書いていく中で自然と誰かが書いたモノと似通ってしまうことはあります。

そのため、「Copy Content Detector」などのコピペチェックツールを使いつつ、対策をしましょう。

 

注意点②:1つのサイトの情報しか参考にしない

 

記事を書く時は、必ず複数のサイトを参考にしましょう。

 

理由は、先ほどと同様で、他のサイトと似通った文章ができあがってしまうからですね。

 

また、目安としては、5サイト〜10サイトを参考にするといいかもです。

 

注意点③:記事の内容と違う見出しを作ってしまう

 

ぶっちゃけ、ここが1番やってはいけないことでして、それは「記事の内容と違う見出しを作る」ことです。

イメージとしては、以下のとおり。

 

違う見出しの作成

違う見出しの作成

 

少し極端な例ですが、上記のとおりです。

「ダイエットのやり方」「ダイエットのコツ」という流れに対して、リライトで「筋トレに向いている食事」について紹介してしまっていますね。

 

これじゃあ、読者に記事を読んでもらえませんし、クライアントから必ずやり直しの連絡がきます。そのため、Webライターの仕事でリライトをする時は、文章の流れを理解しつつ、全体の内容が統一されるようにしましょう。

 

まとめ:Webライターを始めたての頃はリライトではなく、執筆をしよう

まとめ:Webライターを始めたての頃はリライトではなく、執筆をしよう

まとめ:Webライターを始めたての頃はリライトではなく、執筆をしよう

 

今回は、Webライターがリライトをする時の3つのポイントをご紹介しました。

 

  1. 元々の文章の流れや内容を頭に入れる
  2. 専門用語があれば、小学生でもわかる言葉に変える
  3. 情報の深掘りをして、ボリュームをアップさせる

 

結論として、Webライターがリライトの仕事を受ける時は、ある程度ライティングの仕事に慣れている方がいいです。

 

そのため、まずは、Webライターとして1から執筆をするライティングの案件を取り組みつつ、経験値を貯めましょう。

 

また、「今後Webライターで稼ぎたい!」という方は【保存版】Webライター初心者が月5万円の収入を稼ぐ手順を解説するにて稼ぐ手順を丁寧に解説していますので、そちらを参考にどうぞ。

 

    -Webライター