大学生活

【最高】ダニエルウェリントンのバングルが『ダサい』わけがない話

2022年2月8日

【最高】ダニエルウェリントンのバングルは『ダサい』わけがない話

 

悩んでる人
大学生です。ダニエルウェリントンの腕時計を持っていて、バングルもそろそろ買おうかなと思っています。しかし、ダニエルウェリントンのバングルは「ダサい」という評判や口コミがありました。実際、ダサいのでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・バングルが『ダサい』わけがない話
・バングルが「ダサい」と言われる理由
・バングルの選び方を3つ紹介する
・バングルに関して、よくある質問

 

 記事の信頼性

たつつぶのプロフィール【経歴】

この記事を書いている僕は大学生です。ダニエルウェリントンの腕時計とバングルを愛用しています。

 

結論、ダニエルウェリントンのバングルは『ダサい』わけがないですよ。

理由はシンプルでして、下記の5つ。

 

  1. 価格がわりと安い
  2. サイズの調整が超簡単
  3. バングルだけつけるのもあり
  4. リング(指輪)との相性が最高
  5. 重ね付けすると、さらにおしゃれ

 

上記のとおりです。

実際、ダニエルウェリントンのバングルがあることで、いい感じにファッションのアクセントになっているので、超助かっています。

 

というわけで今回は、ダニエルウェリントンのバングルは『ダサい』わけがない理由について解説をしていきますね。

 

後半パートでは、ダニエルウェリントンのバングルの選び方に関してもセットでご紹介しているので、購入を考えている大学生はどうぞ。

では、いきましょう♪( ´θ`)

 

※「ダニエルウェリントンの腕時計を持っていない…」という方は【常識】ダニエルウェリントンが流行遅れじゃない5つの理由を読みつつ参考にどうぞ。

 

 

ダニエルウェリントンのバングルが『ダサい』わけがない話

ダニエルウェリントンのバングルが『ダサい』わけがない話

 

以下の理由から、ダサいわけがないですね。

 

  1. 価格がわりと安い
  2. サイズの調整が超簡単
  3. バングルだけつけるのもあり
  4. リング(指輪)との相性が最高
  5. 重ね付けすると、さらにおしゃれ

 

では、順に説明していきます。

 

その①:価格がわりと安い

 

「ダサい」とは関係ないかもですね。

とはいえ、大学生にとって価格は超大切。

 

 バングルの価格

「5,000円から7,000円ほど」

 

上のとおりでして、販売しているネット通販や店舗によって価格は前後するみたいですね。

 

しかし、『1万円以内』でダニエルウェリントンのブレスレットを購入できるのは、わりと価格的にコスパ良しかなと思っています。

 

その②:サイズの調整が超簡単

 

個人的に、サイズ調整は簡単だと思います。

 

 バングルのサイズ一覧

「S・M・L」

 

種類や色によって全サイズがあるとは限りませんが、ザッとこちらの3種類ですね。

 

ちなみに、メンズ大学生の僕は「Lサイズ」を愛用していまして、サイズ感としては『ちょっとゆとりがある感じ』で最高です。

 

 サイズの目安(男女別)

  • S:女性向け
  • M:女性&男性どちらでもOK
  • L:男性向け←大学生の僕もこちら

 

あなた自身の体格とか手首の細さとかにもよるかもですが、こんな感じですかね。

 

なので、僕と同じメンズ大学生の方は、とりあえず『Lサイズ』を選んでおけばOK。

 

その③:バングルだけつけるのもあり

 

個人的に、こちらが1番好きな理由です。

 

というのも、ダニエルウェリントンのブレスレットと聞くと「腕時計とセット」をイメージする大学生が多いかもですが、バングルだけつけるのも普通におしゃれですからね。

 

個人的な意見:夏とかバングルだけが神

 

上記のとおりでして、夏とかだと腕時計をつけていると汗をかいちゃうので、僕は夏はバングルだけをつけていましたね。

 

その④:リング(指輪)との相性が最高

 

さらに、アクセントをつけたい大学生向け。

ダニエルウェリントンには、腕時計やブレスレット以外にも「リング(指輪)」もありまして、相性は神ですよ。

 

 ダニエルウェリントンの指輪

 

超シンプルで、おしゃれですよね。

価格も5,000円から7,000円前後で購入できちゃうので、大学生のお財布に優しめです。

 

その⑤:重ね付けすると、さらにおしゃれ

 

ちょっと上級者向けかもです。

ダニエルウェリントンのブレスレットを「2つ」or「3つ」くらい重ね付けするのもあり。

 

 重ね付けのイメージです

「上にゴールド・下にシルバー」

 

上のような感じ。

なので、重ね付けをする前提で購入するなら、単品で購入するよりも『ペア(お揃い)セット』を購入した方がちょっとお得かもです。

 

 

また、重ね付けする以外にも「ゴールド」と「シルバー」の両方の色を持っておけば、腕時計を変えたり、ファッションを変えたりなどでうまくコーデできますよ。

 

補足:大学生の僕のおすすめの付け方

 

下記の付け方です。

 

 僕のおすすめスタイル

  • パターンA:腕時計+バングル
  • パターンB:バングルだけつける
  • パターンC:左に時計で右バングル

 

こういった感じで使い分けていましたね。

 

そのため、すでにダニエルウェリントンの腕時計を持っているなら、ブレスレットも購入すれば、よりファッションのレパートリーは増えるはず。

 

ぜひ、参考にどうぞ(*・ω・)ノ

 

ダニエルウェリントンのバングルが「ダサい」と言われる理由

ダニエルウェリントンのバングルが「ダサい」と言われる理由

 

下記の4つから、ダサいと言われますね。

 

  1. デザインがシンプルすぎる
  2. バングルを使っている人が多い
  3. 細いので、見た目が少し安っぽい
  4. ダサいという評判が耳についている

 

では、1つずつ解説をしていきますね。

 

理由①:デザインがシンプルすぎる

 

人によるかもですが、シンプルすぎるデザインだと「ダサい」と言いますね。

とはいえ、僕的にはシンプルがダニエルウェリントンの魅力だと思っています。

 

 

こういった感じですね。

なお、このあたりは好みの問題なので、あなた自身の判断でどうぞ。

 

理由②:バングルを使っている人が多い

 

人気すぎるがゆえですね。

というのも、ダニエルウェリントンの腕時計自体が大学生の中で超人気なので、セットで購入する人が多いんじゃないかなと思います。

 

 解決策:他の大学生と違う付け方をする

  • パターンA:腕時計+バングル
  • パターンB:バングルだけつける
  • パターンC:左に時計で右バングル

 

おそらく、多くの大学生は上記の「パターンA」の付け方をするかもですが、パターンBとかCの付け方をしている大学生は少ないはず。

 

なので、このあたりの付け方で周りとの変化を加えることは可能ですね。

 

理由③:細いので、見た目が少し安っぽい

 

スイマセン。こちらも好みの問題ですね。

繰り返しですが、ダニエルウェリントンのブレスレットはシンプルなので、「細いタイプ」がわりと主流です。

 

そのため、「細い=安っぽい」と考える大学生も多いかもですね。

 

 解決策:ちょっと太いタイプを購入する

 

実は、、、ダニエルウェリントンのブレスレットには「細いタイプ」だけではなく、「ちょっと太いタイプ」もありまして、そちらを購入すればOK。

 

理由④:ダサいという評判が耳についている

 

バングル自体が「ダサい」というよりも、周りの評判ですね。

たとえば、ネット上で[ダニエルウェリントン バングル]とググったら、以下の予測キーワードが出てきました。

 

[ダニエルウェリントン バングル]:検索結果

[ダニエルウェリントン バングル]:検索結果

 

上のように[ダサい]と表示されていますね。

 

なので、そういった背景から多くの人が「ダサい」という固定概念的なやつを持っているのかもです。

 

ダニエルウェリントンのバングルの選び方3つ

ダニエルウェリントンのバングルの選び方3つ

 

おすすめは、以下の3つの選び方です。

 

  1. 腕時計とマッチする色を選ぶ
  2. バングルをつける「目的」を決める
  3. サイズは、ゆとりのあるものを選ぶ

 

では、順に説明していきますね。

 

選び方①:腕時計とマッチする色を選ぶ

 

すでに、ダニエルウェリントンの腕時計を持っている大学生向けです。

好みでバングルを選ぶのもOKですが、腕時計との相性をチェックするのもありですよ。

 

 相性をチェックする方法

結論、インスタなどを見ればOK。

 

  • #DW
  • #danielwellington
  • #ダニエルウェリントン

 

おそらく、上記で検索をかければ、ゴリゴリっと「腕時計+ブレスレット」が出てくるので、モデルさんや芸能人の方を参考にしつつ、色などを決めればOKです。

 

選び方②:バングルをつける「目的」を決める

 

「なんのためにつけるのか」といったところ。

なぜなら、つける目的によって、選ぶ種類や色がマルっと変わってくるからですね。

 

・腕時計を目立たせたい→細めのやつ
・バングルを目立たせたい→太めのやつ
・高級感を出したい→ゴールドのやつ
・さりげなく出したい→シルバーのやつ 

 

こんな感じ。

ちなみに、僕は「腕時計を目立たせたい+高級感を出したい」という目的を持っていたので、ブレスレットは『細いタイプのゴールド色』を選びました。

 

選び方③:サイズは、ゆとりのあるものを選ぶ

 

個人的に、ピッタリよりも少しゆとりがある方がおしゃれに感じますね。

 

 サイズの目安(男女別)

  • S:女性向け
  • M:女性&男性どちらでもOK
  • L:男性向け←大学生の僕もこちら

 

目安としては、上のとおりです。

僕と同じメンズ大学生の方であれば、間違いなく『Lサイズ』を選んでおけばOK。

 

おまけ:偽物のバングルの見分け方

 

ちょっとおまけです。

ダニエルウェリントンのバングルは人気ということもあり、わりと偽物が多めです。

 

 偽物の見分け方

  • 箱や説明書などがついているか
  • 価格が安すぎるor高すぎないか
  • 評判が悪すぎるor良すぎないか

 

このあたりを意識できればOK。

 

とはいえ、こういった不安が少しでもあるなら「正規取扱店」で購入した方が安心ですね。

>>ダニエルウェリントンの正規取扱店はこちら

 

ダニエルウェリントンのバングルに関して、よくある質問

ダニエルウェリントンのバングルに関して、よくある質問

 

最後に、下記の質問への回答です。

 

  1. バングルの色の種類は?
  2. お風呂でも、つけっぱなしでOK?
  3. 男女でペア(お揃い)はありなの?
  4. バングルをつける年齢層は大学生?
  5. ダニエルウェリントンの腕時計は必要?

 

では、1つずつ回答をしていきますね。

 

質問①:バングルの色の種類は?

 

大きくは、下記の3種類です。

 

  • ゴールド
  • シルバー
  • ローズゴールド

 

僕は「ローズゴールド」を買いましたね。

 

ちなみに、個人的に僕の周りは「ゴールド」をつけている人があまりいなかったので、「シルバー」or「ローズゴールド」を選んでおけば間違いなし。

 

質問②:お風呂でも、つけっぱなしでOK?

 

基本的に、あまりおすすめしませんね。

 

しかし、ダニエルウェリントンのブレスレットは「ダブルメッキステンレススチール」という素材で作られているみたいなので、さびにくい性質らしいです。

 

とはいえ、可能性が1%でもあるなら、お風呂などでつけっぱなしはNGですね。

 

質問③:男女でペア(お揃い)はありなの?

 

超ありだと思います。

 

というのも、「ペア(お揃い)セット」が販売されているほどなので、男女でブレスレットをつけるのはありよりのありですね。

 

 

質問④:バングルをつける年齢層は大学生?

 

結論、年齢層としては「20代〜30代」がメインだと思います。

 

僕と同じ『大学生』に幅広く愛されている印象ですね。

 

また、ダニエルウェリントンのバングルはわりと低価格なので、大学生期間だけ使うとかでもOKな気がします。(たぶん、僕はそうなるはず)

 

質問⑤:ダニエルウェリントンの腕時計は必要?

 

あった方がおしゃれになりますね。

とはいえ、ブレスレットだけでもシンプルなデザインなので、必須というわけではないです。

 

なお、「ダニエルウェリントンの腕時計を買うか迷っている…」という大学生は、以下の記事を参考にどうぞ。

 

関連記事
【常識】ダニエルウェリントンが流行遅れじゃない5つの理由
【常識】ダニエルウェリントンが流行遅れじゃない5つの理由

 

まとめ:ダニエルウェリントンのバングルがダサいわけがない

まとめ:ダニエルウェリントンのバングルがダサいわけがない

 

今回は、ダニエルウェリントンのバングルは『ダサい』わけがない理由を解説しました。

 

 『ダサい』わけがない理由

  1. 価格がわりと安い
  2. サイズの調整が超簡単
  3. バングルだけつけるのもあり
  4. リング(指輪)との相性が最高
  5. 重ね付けすると、さらにおしゃれ

 

上記の5つですね。

実際、僕はダニエルウェリントンの腕時計を持っていたということもあり、ブレスレットを購入しましたが、相性が良すぎて超大満足です。

 

5,000円から7,000円前後で買えちゃうので、腕時計+@としてワンポイントのアクセントが欲しい大学生は、ぜひどうぞ。

 

 

というわけで、今回は以上です。

 

次の記事>>【悲報】大学生で〇〇の腕時計は『ダサい』です【メンズは注意セヨ】

 

-大学生活