Blog

【結論】書評ブログは稼げないです【儲からない理由と対策法あり】

2020年12月16日

【結論】書評ブログは稼げないです【儲からない理由と対策法あり】

 

悩んでいる人
書評ブログを書いています。しかし、なかなか稼げないです。やはり、書評ブログは儲からないのでしょうか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・書評ブログが稼げない理由【儲からない原因】
・書評ブログが稼げない時の対処法

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴1年のブロガーです。今はブログで月8万円の収益をあげています。

 

結論から言うと、書評ブログは稼げないです。

 

そこで本記事では、書評ブログが稼げない理由を解説していきます。

 

また、後半の部分では、稼げない時の対処法も紹介しているので、最後まで読んでみてください。

では、いきましょう( ̄― ̄)

 

 書評ブログを始めたい方へ

「書評ブログを始めたい。本の紹介でお金を稼ぎたい」という方は始め方を【簡単】書評ブログの始め方を3ステップで解説【収益化のコツあり】にて解説しています。10分ほどでサクッと始められますよ。

 

書評ブログが稼げない理由【儲からない原因】

書評ブログが稼げない理由【儲からない原因】

書評ブログが稼げない理由【儲からない原因】

 

書評ブログが稼げない理由は、以下の3つです。

 

 書評ブログが稼げない理由

  1. 報酬の単価が低すぎる
  2. ブログ更新までに手間がかかる
  3. 書評ブログを書く人が多すぎる

 

では、順に説明していきます。

 

その①:報酬の単価が低すぎる

 

書評ブログにおいて、1番儲からない理由は、本が1冊売れても、そこまで報酬を得られないことです。

具体的な数字を出すなら、1冊1,000円の本が売れた時に得られる報酬は、20円〜30円ほど。

 

つまり、月に1万円を稼ぎたい場合、300冊以上の本を売る必要があるわけですね。ぶっちゃけ、かなり難易度が高いので、稼げない。

 

その②:ブログ更新までに手間がかかる

 

書評ブログは、1記事更新するまでに、かなりの時間と手間がかかります。

たとえば、普通のブログの場合、記事を書くまでの流れは以下のとおり。

 

 普通のブログの場合

  1. 記事の構成を考える
  2. 記事を書く
  3. 記事を投稿する

 

一方で、書評ブログの場合は以下のとおり。

 

 書評ブログの場合

  1. 本を読む
  2. 記事の構成を考える
  3. 記事を書く
  4. 記事を投稿する

 

上記のとおりですね。

つまり、手間がかかる1番の理由は、「本を読む」必要があることです。

 

結果、普通のブログで記事を書くよりも、1.5倍ほど時間がかかるわけですね。

 

その③:書評ブログを書く人が多すぎる

 

ぶっちゃけ、書評ブログを書く人が多すぎて、レッドオーシャンです。

なぜ、書く人が多いのかといいますと、誰でも書きやすいからです。

 

ブログに対する知識やライティング方法などが一切なくても書けますからね。

 

書評ブログが稼げない時の対処法

書評ブログが稼げない時の対処法

書評ブログが稼げない時の対処法

 

書評ブログは、クロスセルを狙いましょう。

 

クロスセルとは?

 

クロスセルとは、関連商品を紹介して、1人あたりの顧客単価を上げることです。

 

たとえば、ハンバーガー屋さんへ行くと、ハンバーガー以外にも「ドリンク」や「ポテト」をセットで買いませんか?

 

上記は、ハンバーガーだけだと単価が低いため、ドリンクやポテトも同時に頼んでもらうことで、1人あたりの顧客単価を上げているのです。

 

つまり、本1冊の単価が低いのであれば、関連商品を紹介して、読者1人あたりの報酬単価を上げればOKです。

 

書評ブログで使えるクロスセル【具体例2つ】

 

ちなみに、書評ブログで使えるクロスセルは、以下の2つです。

 

 書評ブログで使えるクロスセル

  1. Kindleの購入
  2. Amazonプライムへの加入

※Kindleとは、Amazonが販売している電子書籍のデバイスのこと。

 

それぞれについて解説していきますね。

 

 その①:Kindleの購入

書評ブログでは、絶対に本を販売する、といったようなルールは存在しません。

そのため、本を紹介しつつ、Kindleの購入を訴求すればOKです。

 

ちなみに、Kindleの購入の訴求で使える例文は以下のとおり。

 

「〇〇」は電子書籍でも読むことが可能でして、Kindleがおすすめです。

※〇〇=本の名前

 

こんな感じですね。

上記の例文に「あなたの体験談」「どんな人がKindleに向いているのか」を書くことで、購入率がグッと高まります。

 

 その②:Amazonプライムへの加入

Amazonプライムへの加入を訴求すると、報酬額が伸びやすいです。

なぜなら、本の単価よりも、Amazonプライムの加入の方が報酬額が高いからですね。

 

具体的には、「もしもアフィリエイト」の場合、1人がAmazonプライムへ加入すると、報酬として「500円」がもらえます。

※2020年12月16日時点

 

また、Amazonプライムのアフィリエイトは、もしもアフィリエイトで可能でして、無料登録ができるので、よかったらどうぞ。

>>もしもアフィリエイトの公式サイトはこちら

 

本とAmazonプライムへの加入を訴求する例文は、以下のとおり。

 

これは個人的な話ですが、私はAmazonプライムに加入していたため、本を注文した2日後には、本が家に届きました。

 

こんな感じで、「すぐに本を読みたい!」と考えている読者に訴求すると効果的です。

 

補足:動画配信サービスへの訴求もあり

 

KindleやAmazonプライム以外にも、動画配信サービス(U-NEXTなど)の登録に訴求するのもありです。

なぜなら、活字を読むのが苦手な人は、本よりも映画やドラマで作品を観たいから。

 

とくに、小説などから映画やドラマへと実写化されたものですね。

 

また、U-NEXTなどのアフィリエイト報酬は、「バリューコマース」であれば、1件につき「1,100円」です。

※2020年12月16日時点

>>バリューコマースの公式サイトはこちら

 

そのため、本を紹介しつつ、クロスセルを狙いながら、報酬額を上げていきましょう。

 

まとめ:書評ブログで稼げない→クロスセルを狙いましょう

まとめ:書評ブログで稼げない→クロスセルを狙いましょう

まとめ:書評ブログで稼げない→クロスセルを狙いましょう

 

今回は、書評ブログが稼げない理由を解説しました。

結論として、書評ブログは稼げないです。

 

しかし、読者に本を紹介するだけでなく、KindleやAmazonプライムへの加入などのクロスセルを狙っていくことで、まだまだ稼げることも事実です。

 

そのため、「本しか紹介しない」といったような考えを少し変えて、報酬を上げていきましょう。

今回は以上です。

 

人気記事趣味ブログは楽しいです【稼げない理由+収益化のコツを解説】

 

-Blog
-

© 2021 Katakuri Blog