ブログ

【悲報】WordPressテーマ「Diver」はデメリットが多い【評判あり】

2021年4月17日

WordPressテーマ「Diver」のデメリット【評判+口コミあり】

 

悩んでいる人
WordPressテーマ「Diver」が気になっている。そこで、Diverのデメリットとメリットを知りたいな。また、評判や口コミなどもセットで見ておきたい。

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・WordPressテーマ「Diver」とは?
・Diverのデメリットを4つ紹介
・Diverのメリットを9つ紹介
・Diverを他のWordPressテーマと比較
・Diverの「評判・口コミ」まとめ

 

 記事の信頼性

カタクリのプロフィール【経歴】

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴1年4ヶ月のブロガーです。当サイトも有料のWordPressテーマ「AFFINGER6」を使用しており、月の収益は8万円まで伸びました。

 

今回は、Diverのデメリットをご紹介していきます。

なお、先にネタバレになってしまうかもですが、デメリットは下記のとおり。

 

  1. 初期設定に時間がかかる
  2. デザイン性&カスタマイズ性が高すぎる
  3. ブログの表示速度は、そこまで高くない
  4. 他のWordPressテーマよりも、料金が高い

 

上記の4つですね。

そして、まとめて言えることは、「Diver」は他のWordPressテーマよりも、スペックが高すぎるということです。これはメリットともデメリットとも考えられる点です。

 

そのため、「本気でブログで稼ぎたい方以外」は、この記事を読む必要なしですよ。

 

かなり前置きが長くなりましたね。

では、いきましょう(*´ω`*)

 

目次

WordPressテーマ「Diver」とは?

WordPressテーマ「Diver」とは?

公式サイト:https://tan-taka.com/diver/

名前Diver
デザイン性
カスタマイズ性
初心者の使いやすさ
料金17,980円(税込)

 

ザックリと解説するなら、こんな感じ。

上記のグラフを見てもらうとわかりますが、WordPressテーマの中でもトップクラスにデザイン性とカスタマイズ性が高いです。

 

そのため、ブログに関してわからないことが多い初心者の方には、あまり向いていません。

 

WordPressテーマ「Diver」の特徴

 

次に、WordPressテーマ「Diver」の特徴をご紹介しておきますね。

 

  • SEO対策がバッチリとされている
  • デザイン&カスタマイズが自由自在
  • 入力補助機能でスラスラ記事が書ける
  • 問い合わせ&サポートが充実している
  • アフィリエイトで収益を伸ばしやすい

 

こちらのとおり。デザイン性とカスタマイズ性が高いということは、扱いづらいというデメリットの反面、あなたが思うようなブログデザインを実現できるというわけです。

 

また、問い合わせ&サポートが充実しているという点も、他のWordPressテーマにはない大きなメリットですね。

 

Diverのデメリット=奥が深すぎる

 

繰り返しですが、最大のデメリットは、デザインやカスタマイズの奥が深すぎることです。

どうして、奥が深すぎることがデメリットなのかと言いますと、記事が書けなくなるから。

 

つまり、ブログのデザインに時間をかけるということ。これじゃあ、ブログへのアクセスや収益は伸びません。

 

 解決策:記事を書きつつ、いじる

これに尽きるかなと思います。

 

もちろん、サイトのデザインがおしゃれであれば、多くのユーザーを集客できるかもしれません。

 

しかし、ブログはコンテンツ(記事)があってこそユーザーを満足させられます。そのため、デザインやカスタマイズだけに時間を取られないことを意識すべき。

 

Diverの評判・口コミをサクッと紹介

 

では、評判・口コミをサクッと紹介していきます。

 

 

 

Twitter上では、あまりデメリット的な評判と口コミは少なく、わりと高評価でした。

 

そして中でも「機能性が高い」「サポートが充実」は、多くの方が発信していたので、大きなメリットですね。

 

とはいえ、評判や口コミにはなかったデメリットがいくつかありましたので、次の章から解説していきます。

 

Diverのデメリットを4つ紹介

Diverのデメリットを4つ紹介

 

結論、デメリットは下記の4つです。

 

  1. 初期設定に時間がかかる
  2. デザイン性&カスタマイズ性が高すぎる
  3. ブログの表示速度は、そこまで高くない
  4. 他のWordPressテーマよりも、料金が高い

 

では、順に説明していきますね。

 

デメリット①:初期設定に時間がかかる

 

Diverは、他のWordPressテーマと比べて、初期設定に時間がかかります。

というのも、「AFFINGER6」や「THE THOR」などの有料テーマは、購入した段階でサイトデザインをマルっと変更できるような設定があるから。

 

一方で、Diverの場合は、0から少しずつデザインをしていく必要があるため、わりと時間がかかります。

 

とはいえ、ネット上で[Diver 初期設定]などとググれば、1から丁寧に解説してくれている記事がありますし、わからなければ「お問い合わせ」に連絡すればOK。

 

デメリット②:デザイン性&カスタマイズ性が高すぎる

 

繰り返しで、スイマセンm(_ _)m

やっぱり、デメリットを考えた時に、1番に思い浮かんだことが「デザイン性&カスタマイズ性が高すぎる」でした。

 

ただ、こちらは「自分だけのおしゃれなブログにできる」というメリットもあります。まさに、諸刃の剣みたいな感じですが、他の人とデザインが被りたくないという方に、おすすめですね。

 

デメリット③:ブログの表示速度は、そこまで高くない

 

Diverの公式サイトの表示速度を測ってみたところ、かなり速いというわけではありませんでした。

 

Diver:表示速度

 

こんな感じ。

とはいえ、他のWordPressテーマと比べても、ほぼ表示速度は同じなので、あまり気にする必要なしかなと思います。

 

デメリット④:他のWordPressテーマよりも、料金が高い

 

こちらは、ブログ初心者の方にとっては、大きなデメリットかもですね。

WordPressテーマ「Diver」は、他の有料テーマよりも料金が高いです。

 

料金
AFFINGER614,800円(税込)
THE THOR16,280円(税込)
Diver17,980円(税込)

 

こちらのとおり。高スペック&使いやすい「AFFINGER6」と比べると、3,000円ほど違いますね。

 

そのため、「どうしてもDiverがいい!」という方以外は、コスパ抜群のAFFINGER6を選んだ方がお財布的にも安心かと。実際に、僕も料金に関しては、有料テーマを選ぶ時の基準にしていましたので。

 

Diverのメリットを9つ紹介

Diverのメリットを9つ紹介

 

次に、メリットを見ていきましょう。

 

  1. アフィリエイトの報酬が高い
  2. 複数のブログでDiverが使える
  3. SEO内部対策がバッチリされている
  4. 定期的にアップデートがあるので安心
  5. 入力補助機能でスラスラ記事が書ける
  6. 問い合わせ&サポートが充実している
  7. アフィリエイトで収益を伸ばしやすい
  8. カスタマイズ&デザインを自分好みにできる
  9. 公式サイトには、マニュアルが充実している

 

上記の9つですね。

では、順に説明していきます。

 

メリット①:アフィリエイトの報酬が高い

 

これから、アフィリエイトなどで収益を伸ばすなら、絶対に知っておくべきことです。

Diverのアフィリエイト報酬は、他の案件と比べてかなり高いです。

 

具体的には、あなたがブログなどで紹介して、ユーザーがDiverを購入したら、あなたに「5,394円」の報酬が入る感じ。

 

つまり、Diverの料金が17,980円(税込)なので、4件ほどアフィリエイトで購入されたら、元が取れますね。

 

メリット②:複数のブログでDiverが使える

 

他のWordPressテーマの場合、1つのサイトのみでしか使用できないケースが多いです。

「え、それがデメリットなの?」と思うかもですが、かなりデメリットですよ。

 

というのも、今後ブログを続けていくと、下記のような状態になります。

 

  1. 1サイト目を運営
  2. カテゴリーを増やしたいな
  3. そうだ、2サイト目を立ち上げよう

 

こんな感じ。しかし、複数のサイトで使えない有料テーマの場合、また購入しなければいけません。つまり、料金がかかってしまうということ。

 

ただ、Diverの場合は1度購入してしまえば、2サイト目を立ち上げた時も、使用することが可能。かなりコスパ良しですよね。

 

メリット③:入力補助機能でスラスラ記事が書ける

 

Diverには、入力補助機能というものがありまして、以下の画像のようなものです。

 

Diver:入力補助機能

Diverの入力補助機能

 

上記の画像のとおりでして、入力補助機能のボタンを押せば、使いたい記事装飾が出せるといった感じ。

 

たとえば、グラフを出したいなと思えば「横棒グラフ」というボタンを押せばOKですし、評判などで星(スター)を出したい場合は「レビュー」を押せばOK。最強ですね。

 

他の有料テーマの場合は、HTNLやCSSなどのコードを打ち込む必要があり、わりとメンドイです。

 

しかし、Diverの場合は、入力補助機能がありますので、HTNLやCSSなどのコードを打ち込まずに、スラスラと記事を書くことに集中できますよ。ブログ初心者には嬉しい機能ですね。

 

※入力補助機能は、現在23種類ほどあります。今後もガンガン増えていくみたいなので、より記事を書くのがスムーズになりますね。

 

メリット④:SEO内部対策がバッチリされている

 

Diverには、SEO内部対策がされていることもメリットの1つです。

ちなみに、実装されているSEO内部対策は下記のとおり。

 

  • noindex設定
  • メタディスクリプション設定
  • 定期的なバージョンアップ

 

こちらのとおり。とくに他のテーマの場合、noindex設定とメタディスクリプション設定は「All in One Seo Pack」というプラグインの導入が必要でして、こちらがかなりサイトの表示速度を重くします。

 

しかし、デフォルトで「All in One Seo Pack」の機能がSEO内部対策として実装されているので、サイトの表示速度を落とすことなく、SEO対策ができます。

 

また、「最新のSEOを検証」「定期的なバージョンアップ」が繰り返されているので、常に最新のSEO対策ができます。結果、ブログへのアクセスアップが期待できるということですね。

 

メリット⑤:定期的にアップデートがあるので安心

 

こちらは、かなり大きなメリットかと。

DiverというWordPressテーマは、定期的にアップデートが行われます。

 

具体的には、「機能面の改善」や「バグの修正」「機能の追加」などですね。

 

また、アップデートは原則永久に無料でして、最新版のバージョンへとアップデートができます。最強すぎますね。

 

そのため、アップデートがある度に購入をする必要はなく、1度購入してしまえば、常に最新版のバージョンを使えるということ。

 

メリット⑥:問い合わせ&サポートが充実している

 

結論、問い合わせやサポートがかなり充実しているため、ブログ初心者でもわからないことがあれば、すぐに解決できます。

 

Diver:問い合わせ&サポート

Diverのサポート内容

 

こちらは、「Diverの公式サイト」に書かれているサポートについてです。

上の画像を見てもらったらわかるとおり、サポート期限や回数などは『無制限』でお問い合わせができますね。

 

また、基本無料で問い合わせ&サポートをしてくれるため、ブログ初心者でも安心かと。

 

メリット⑦:アフィリエイトで収益を伸ばしやすい

 

Diverには、アフィリエイトで収益を伸ばしやすい下記の機能があります。

 

  • AMP:モバイルのページ速度を高速化させる機能
  • CTA:ユーザーに購入などの行動を促す機能
  • ランキング&レビュー:商品の順位や評判を可視化させる機能

 

こちらのとおり。とくに、初心者に優しいのは「ランキング&レビュー機能」ですね。

無料のWordPressテーマの場合、HTMLやCSSを打ち込まないと実現できませんが、Diverであれば、サクッと呼び出せます。

 

結果、アフィリエイトの収益もグッと伸ばせる、といった感じ。

 

メリット⑧:カスタマイズ&デザインを自分好みにできる

 

「デザイン性&カスタマイズ性が高すぎる」をデメリットとして紹介しました。

しかし、これは裏を返せば、あなた好みのサイトを作れるということ。

 

ちなみに、下記はDiverの公式サイトで紹介されているデモサイトです。

 

Diver:デモサイト一覧

Diverのデモサイト一覧

 

どうでしょうか。ひとことで言うなら、「おしゃれすぎ」ですよね。こういった、あなた好みのデザインを実現可能。

 

なお、「もう少し詳しくデモサイトを見たい!」という方は公式ページをどうぞ。

 

メリット⑨:公式サイトには、マニュアルが充実している

 

正直、有料テーマを導入すると、最初はわからないことが多いです。

しかし、Diverの場合、公式サイトにはマニュアルが充実されているため、わからないことがあれば、すぐに解決できますよ。

 

Diver:マニュアル

Diverのマニュアル

 

こういった感じでして、現在は35記事ほどのマニュアルがあります。

 

また、マニュアル以外にも「よくある質問」「お問い合わせ」なども充実していますので、わからないことがあれば、すぐに解決できますね。

 

Diverを他のWordPressテーマと比較

Diverを他のWordPressテーマと比較

 

では、Diverを他のWordPressテーマと比較していきましょう。

※今回は、有料テーマの中でも最強と言われている「AFFINGER6」と「THE THOR」の2つを比較対象にしています。

 

料金面では、Diverのコスパはわるい

 

料金
Diver17,980円(税込)
AFFINGER614,800円(税込)
THE THOR16,280円(税込)

 

上のグラフを見てもらったらわかるとおり、料金に関しては、、、少し高めですね。

 

なので、コスパを求めるなら、ハイスペック&安めの「AFFINGER6」がおすすめです。

 

デザイン性&カスタマイズ性は、どのテーマも同じ

 

デザイン性カスタマイズ性
Diver
AFFINGER6
THE THOR

 

それぞれ高スペックな有料テーマなので、どれを選んでも間違いなしですよ。

 

 ザックリとしたイメージ

  • Diver:おしゃれなデザインにしたい方
  • AFFINGER6:SEO重視。アフィリエイトで稼ぎたい方
  • THE THOR:オリジナリティ。他サイトと差別化したい方

 

こんな感じ。

なお、このあたりは好みによるかもなので、実際に公式ページを見つつ、あなたの雰囲気に合ったテーマを選べるといいですね。

 

WordPressテーマ「Diver」におすすめな人

 

結論、「デザインやカスタマイズを頑張りつつ、おしゃれなブログで稼ぎたい方」です。

 

というのも、Diverは高スペックです。だからこそ、あなた好みのおしゃれなサイトを実現できますし、ユーザーも魅力的に感じるはず。

 

そのため、おしゃれなデザインにしたい方は、Diver一択ですよ。

 

Diverの「評判・口コミ」をまとめてみた

Diverの「評判・口コミ」をまとめてみた

 

最後に、Diverの「評判・口コミ」をご紹介しておきますね。

なお、よい評判だけでなく、わるい評判もまとめていますので、不安要素を消してくださいませ。

 

Diverのわるい評判・口コミ

 

 

 

 わるい評判・口コミをまとめると

  • カスタマイズをいじるのが難しい
  • 海外向けのデザインではない

 

こういった「わるい評判・口コミ」がありました。

カスタマイズの件に関しては、繰り返しですが、Diverが高スペックすぎるからですね。

 

また、海外向けのデザインではないに関しては、カスタマイズをいじりつつ、海外向けのデザインにアレンジしていけばOK。

 

Diverのよい評判・口コミ

 

 

 

 

 

 よい評判・口コミをまとめると

  • SEOに強い
  • 設定が楽&おしゃれ
  • 問い合わせの対応が素晴らしい
  • 高機能で使いやすいWordPressテーマ

 

こういった「よい評判・口コミ」がありました。

なお、Twitterで調べたところ、比率としては「わるい評判:よい評判=2:8」といったように、かなり高評価のテーマでした。

 

そのため、多くのユーザーが『満足』と感じているということですね。

 

WordPressテーマ「Diver」のデメリットのまとめ

WordPressテーマ「Diver」のデメリット・メリットのまとめ

 

今回は、Diverのデメリットをご紹介しました。

 

 デメリット一覧

  1. 初期設定に時間がかかる
  2. デザイン性&カスタマイズ性が高すぎる
  3. ブログの表示速度は、そこまで高くない
  4. 他のWordPressテーマよりも、料金が高い

 

こんな感じ。結論として、「Diver」はハイスペックすぎるため、ブログ初心者におすすめしません。

 

とはいえ、デザイン性&カスタマイズ性の奥が深いので、あなたのオリジナルのおしゃれなブログを作りたい方にとっては、かなり向いていますね。

 

また、SEO内部対策もバッチリなので、書いた記事が上位表示されて、アクセスや収益も伸ばしやすいです。そのため、有料テーマの分の料金はサクッと回収できますよ。

 

これからブログを頑張りたい方はどうぞ。

 

なお、「Diverを他のWordPressテーマと比較したい!」という方は【WordPress】有料テーマで使い回しができるものを3つ紹介するを参考にどうぞ。

 

    -ブログ