Blog

【解決】ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しよう

2020年8月19日

【解決】ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しよう

 

悩んでいる人
1週間前くらいからブログを始めました。いくつかブログを書いたのですが、もうブログで何を書けばいいのかわからなくなってしまいました。そこで、どうすればブログで何を書けばいいのかわからなくなる問題を解決できますか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しよう
・ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順
・ブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツ
・ブログで何を書けばいいのかわからない人がよくする質問

 

 記事の信頼性

カタクリのブログのプロフィール画像

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はブログ歴8ヶ月のブロガーです。今までに200記事以上のブログを書いてきましたが、ブログで何を書けばいいのかわからないということは一切ありませんでした。

 

結論、ブログで何を書けばいいのかわからなくなる問題はこの記事を読めば解決します。

 

本記事では、ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順をご紹介しています。

 

また、後半ではブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツなどもお話ししているので最後まで読んでみてください。

では、いきましょう(´;ω;`)

 

2分ほどで読める記事なので、サクッと読めるかと思います。
カタクリ

 

ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しよう

ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しよう

ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しよう

 

結論、ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を発信しましょう。

なぜなら、ブログで書くべき正解のことなど存在していないから。

 

実際に僕も過去の経験から当ブログを書いています。

 

そのため、ブログで何を書けばいいのかわからない人は今までの過去の経験をブログで発信していきましょう。

 

ブログに書くための過去の経験を洗い出そう

 

ブログで何を書けばいいのかわからない人は、ブログに書くための過去の経験を洗い出しましょう。

言葉だけだと少しわかりにくいかもなので、実際に僕の過去の経験を例として洗い出しますね。

 

 過去の経験

  • 10年間、野球部に所属
  • 大学受験に失敗
  • 1年間の浪人経験
  • Webマーケティングの会社でインターン

 

このあたりでしょうか。1つポイントとして、過去の経験では成功体験だけでなく、挫折経験などをあげるとブログでは発信しやすいかもです。

 

挫折経験をブログで発信する例は以下のとおり。

 

  • 挫折経験:大学受験に失敗
  • ブログで発信する内容:大学受験で失敗してしまうマインド/勉強方法

 

このように、過去の挫折経験からブログで発信できたりします。

 

「大学受験の失敗なんて需要あるの?」と考えている人が多いかもですが、需要大アリです。

 

理由は、成功体験がありふれている中で、挫折経験を発信している人は少ないから。

 

つまり、あなたが発信する内容で価値のないものなど一切ありません。

 

1人でもあなたの情報を求めている人がいれば、それは価値のあるブログです。
カタクリ

 

経験がないなら「行動」してみよう

 

「成功体験も挫折経験もまったくない。」という人は、とりあえず行動してみましょう。

なぜなら、人は行動しなければ、経験を得られないからです。

 

たとえば、先ほどの大学受験の失敗も、自分のレベルよりも高い大学に挑戦という行動をしたからこそ、得られた経験です。

 

つまり、現状の自分が何かに対して行動しなければ、経験を1つも得られないというわけですね。

 

行動から経験をゲットしていきましょう。
カタクリ

 

ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順

ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順

ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順

 

次にブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順をご紹介していきます。

 

 ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順

  1. 興味があることに行動する
  2. 行動した結果をブログに書く
  3. ブログに慣れてきたらテーマを決める

 

では、順に説明していきます。

 

手順①:興味があることに行動する

 

まずは、あなたの興味があることに行動してみましょう。

ここでは、成功するとか失敗してしまうとか関係なしに、とりあえず興味があることに対して行動してみましょう。

 

個人的にブログに書けるようなものは以下のとおり。

 

  • 転職
  • FX・株
  • プログラミング

 

上記のとおりですね。「ハードルが高い」と思った人はかなりチャンスです。

 

なぜなら、人は「ハードルが高い」と感じることに行動すれば、大きな経験を得られるからです。

 

 最低1週間は継続しましょう

 

興味があることに対して行動することは素晴らしいことです。

 

しかし、どんなことでも1週間以上は行動しなければ、あまり経験として得られないかもです。

 

そのため、興味があることに対して行動をする時は最低でも1週間は継続しましょう。

 

手順②:行動した結果をブログに書く

 

次は行動した結果をブログに書いていきましょう。

ここで1つポイントをあげるなら、客観的な意見よりもあなたの体験談をベースにしていきましょう。

 

具体例をあげるなら以下のとおり。

 

  • 辛かった。
  • むずかしかった。
  • 思っていたよりも簡単だった。

 

どんなレベル感でもOKなので、客観的な意見よりもあなたの体験談をベースに行動した結果をブログで書きましょう。

 

また、プラスアルファとして、行動する前の状態や心情なども書いておくと、ブログを読んだ読者のためになるかもです。

 

手順③:ブログに慣れてきたらテーマを決める

 

最後はブログに慣れてきたらテーマを決めましょう。

 

ブログテーマは、これからブログを運営していく上で非常に重要な要素でして、ブログテーマが決まっていなければ、また「ブログで何を書けばいいのかわからない」という問題が再発します。

 

ちなみに当ブログのテーマは「ブログ×アフィリエイト×SEO」です。
カタクリ

 

 質問:ブログテーマのおすすめの決め方とかある?

 

ブログテーマのおすすめの決め方は以下のとおり。

 

  • 市場の大きさ
  • ライバルの確認
  • ブログ運営者の興味

 

それぞれブログテーマを決めるときに必要な要素です。

 

ブログテーマの決め方については【保存】ブログのテーマの決め方を6つ解説する【決定する手順あり】にて詳しく解説しているので、そちらをどうぞ。

 

ブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツ

ブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツ

ブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツ

 

続いてブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツをご紹介していきます。

※ブログの収益化に関して興味がない人はスルーでOKです。

 

 ブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツ

  1. 複数の案件を取り扱う
  2. ライバルが少ない市場を狙う
  3. 1日2時間はブログに投資する

 

では、順にお話ししますね。

 

コツ①:複数の案件を取り扱う

 

ブログで何を書けばいいのかわからない人は、アフィリエイトの案件からブログに書くことを考えてもOKです。

具体例をあげるなら以下のとおり。

 

  • ジム
  • サプリメント
  • ウォーターサーバー

 

このあたりですね。正直、アフィリエイト案件を見れば、僕自身よくブログで書くことを思いつくので、かなりおすすめです。

 

また、アフィリエイト案件の数を増やすには、無料登録しておくASPの数も増やしておく必要ありです。

 

 無料登録しておくべきASP

 

上記の4つのアフィリエイトASPは、案件数が多いことで有名なものばかりです。

 

1つ2分ほどで無料登録ができますので、この機会にサクッと登録しておきましょう。

 

1度だけ無料登録しておけば、さまざまなアフィリエイト案件をずっと扱えます。
カタクリ

 

コツ②:ライバルが少ない市場を狙う

 

2つ目のブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツは、ライバルが少ない市場を狙うことです。

 

近年のインターネット上では情報がありふれているため、みんなが知っているような情報をリメイクして発信してもあまり価値がないです。

 

だからこそ、先ほどのあなただけの経験などをベースに発信していく必要ありです。

 

 ライバルが少ない市場を確認する方法

 

Ubersuggestという無料ツールを使用すれば、ライバルが少ない市場を確認できます。

>> Ubersuggestはこちら

 

[仕事 行きたくない]:Ubersuggest

[仕事 行きたくない]:Ubersuggest

 

Ubersuggestにログインして、適当なキーワードを打ち込めば「月間ボリューム」が表示されます。

 

上の画像では[仕事 行きたくない]というキーワードを検索したところ27,100でした。

 

月間ボリュームが10,000以上50,000未満がかなり狙い目の市場です。

 

コツ③:1日3時間はブログに投資する

 

最後のブログで何を書けばいいのかわからない人が収益化をするコツは、1日3時間はブログに投資することです。

 

ブログで成果を出す場合、1,000時間を投資する必要があると言われており、1日3時間はブログに投資すると1年ほどで成果が出ます。

 

少し時間がかかると思われがちですが、1,000時間をかければ、高い確率でブログでは成果が出るので、他のビジネスよりもハードルが低いかなといった印象です。

 

ブログで何を書けばいいのかわからない人がよくする質問

ブログで何を書けばいいのかわからない人がよくする質問

ブログで何を書けばいいのかわからない人がよくする質問

 

最後にブログで何を書けばいいのかわからない人がよくする質問に回答していきます。

3つの質問に回答していくのですが、すべて僕がブログ初心者の頃に感じていた疑問を質問にしたものです。

 

では、1つずつ順番に回答していきますね。

 

質問①:ブログで成果を出すにはどれくらいの期間が必要?

 

結論から言うと、ブログで成果を出すには6ヶ月から12ヶ月はかかるかなといった印象です。

 

また、僕自身ブログで成果が少しずつ出始めたのが6ヶ月頃からなので、それくらい必要かと。

 

ただ、投資した時間やブログのテーマによって成果が出る期間は大きく変わります。

 

質問②:ブログのネタがなくなったらどうすればよい?

 

ブログのネタがなくなったら、また行動しましょう。

 

なぜなら、ブログのネタがない=経験がゼロになったからです。

 

つまり、また先ほどと同様に経験をすれば、必然的に経験値が溜まるわけでして、ブログで発信できる情報が増えます。

 

質問③:ブログを継続するコツとかってある?

 

個人的にブログを継続するコツは以下のとおり。

 

  • 他の人と比べない
  • 疲れたら一旦やめる
  • 自分へのご褒美を買ってあげる
  • ブログの目標をしっかりと決める

 

このあたりでしょうか。正直、人によってブログを継続するコツは変わります。

 

そのため、いろいろなコツを試してみて、あなたに合ったブログを継続するコツを見つけてみましょう。

 

まとめ:ブログで何を書けばいいのかわからない人は「行動」しましょう

まとめ:ブログで何を書けばいいのかわからない人は「行動」しましょう

まとめ:ブログで何を書けばいいのかわからない人は「行動」しましょう

 

今回は、ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順をご紹介していきました。

 

 ブログで何を書けばいいのかわからない人が行動すべき手順

  1. 興味があることに行動する
  2. 行動した結果をブログに書く
  3. ブログに慣れてきたらテーマを決める

 

結論として、ブログで何を書けばいいのかわからない人は経験を得るために行動しまくりましょう。

失敗してもブログで発信するためのネタになるので、挑戦あるのみです。

 

挑戦と失敗を繰り返して、ブログで何を書けばいいのかわからない問題を解決しましょう。

今回は以上です。

-Blog
-,

Copyright © Katakuri Blog , All Rights Reserved.