Blog

ブログ記事のリサーチは必要?【結論:しないと稼げません】

2021年1月4日

ブログ記事のリサーチは必要?【結論:しないと稼げません】

 

悩んでいる人
ブログ記事を書く時にリサーチって必要ですか?今は、とりあえず、自分が書きたいことを記事にしています。このやり方を続けても、アクセスを集められますか?

こんな疑問を解決します。

 

 記事の内容

・ブログ記事のリサーチは必要?【3つの理由がある】
・ブログ記事のリサーチをしつつ、検索上位を取る手順
・ブログ記事のリサーチで持っておくべき3つの考え

 

 記事の信頼性

カタクリのブログのプロフィール画像

カタクリ(@katakuri_29

この記事を書いている僕はSEO歴1年5ヶ月のブロガーです。今までに300記事以上のブログを書いてきました。

 

結論から言うと、ブログ記事のリサーチは必要です。

なぜなら、リサーチなしでブログ記事を書くと、検索上位を取ることができないから。

 

以下は、実際に当ブログで検索上位を取っている記事です。

 

Katakuri Blog:上位表示されている記事

Katakuri Blog:上位表示されている記事

 

上記のとおりでして、数多くの記事で上位表示を獲得できています。

※何も実績がない僕が「リサーチは必要」といっても説得力がゼロかもなので、簡単な実績を紹介させていただきました。

 

そこで本記事では、ブログ記事のリサーチが必要な理由を解説した上で、検索上位を取る方法をご紹介していきます。

 

この記事を読むことで、今日からリサーチしつつ、検索上位が取れるブログ記事を増やすことができます。

では、いきましょう(^◇^)

 

ブログ記事のリサーチは必要?【3つの理由がある】

ブログ記事のリサーチは必要?【3つの理由がある】

ブログ記事のリサーチは必要?【3つの理由がある】

 

結論、リサーチが必要な理由は、以下の3つ。

 

  1. 競合が弱いジャンルを狙える
  2. 頭の片隅にある知識を掘り起こせる
  3. 上位表示されている=評価されている

 

では、順に説明していきます。

 

理由①:競合が弱いジャンルを狙える

 

リサーチをすることで、競合が強いor弱いを判断できます。

たとえばですが、[注文住宅]などのキーワードで検索すると、強い競合サイトがズラッと並んでいます。

 

[注文住宅]:検索結果

[注文住宅]:検索結果

 

上記のとおり。

では、競合サイトが強いor弱いの判断はどうするのかといいますと、「企業が運営しているかどうか」です。

 

ぶっちゃけ、個人サイトは、企業サイトに勝ちにくいです。

なぜなら、企業サイトは、膨大な広告費&人件費を持っているからですね。

 

つまり、ブログ記事のリサーチすることで、自サイトが勝ちやすいジャンルを狙えるわけです。

 

理由②:頭の片隅にある知識を掘り起こせる

 

今の僕もそうなのですが、リサーチをしている中で、「あ、そういえば、これってこうだよね。」とヒラメクことがあります。

しかし、このヒラメキは、リサーチをしていなければ、掘り起こせないわけでして。

 

そのため、単にリサーチをして情報を取得するだけでなく、もともと自分が持っていた頭の片隅にある知識も掘り起こせるわけですね。

 

理由③:上位表示されている=評価されている

 

検索で上位表示されている記事は、Googleから評価されているということですよね。

つまり、「成功例」ということ。

 

受験勉強などでも解答を知らなければ、そもそも問題を解けませんよね。

 

上記は、ブログ記事も同様でして、リサーチをして成功例のイメージができなければ、どのようなことを書けばいいのか、といったところがわかりません。

 

ブログ記事のリサーチをしつつ、検索上位を取る手順

ブログ記事のリサーチをしつつ、検索上位を取る手順

ブログ記事のリサーチをしつつ、検索上位を取る手順

 

ブログ記事のリサーチをしつつ、検索で上位表示を獲得する手順は、以下の4ステップです。

 

  1. 狙うキーワードを設定する
  2. 競合サイトの強さをチェックする
  3. 上位10サイトの見出しをチェックする
  4. 読者が求めていることをブログ記事にする

 

では、順に説明していきますね。

 

手順①:狙うキーワードを設定する

 

まずは、狙うキーワードを設定しましょう。

※キーワードとは、読者が検索窓に入力する言葉のこと。

 

どうして、狙うキーワードを設定するのかといいますと、「キーワードを設定していない=読者の悩みがわからない」からですね。

 

実際に、本記事は、[ブログ 記事 リサーチ]というキーワードを設定しておりまして、「ブログ記事のリサーチをする必要あるのかな?」といった読者の悩みを想定しています。

 

 ポイント:ロングテールキーワードで攻める

結論、ロングテールキーワードを狙いましょう。

※ロングテールキーワードとは、3語以上からなるキーワードのこと。

 

理由としては、ロングテールキーワードを攻めた方が、読者に届けるべき記事を書きやすいから。

具体例を出すなら、以下のとおり。

 

  • [ダイエット 食事]
  • [ダイエット 食事 夜]

 

上記の2つの場合、どちらの方が読者が求めている情報を届けやすいですかね?

おそらく、多くの方は、後者の[ダイエット 食事 夜]を選ぶはず。

 

つまり、ロングテールキーワードを狙うと、「読者が何を求めているのか?」「ブログ記事では、何を書けばいいのか?」といったところがハッキリとわかるわけですね。

 

 ロングテールキーワードの探し方

ロングテールキーワードの探し方

ロングテールキーワードの探し方

 

結論、「ラッコキーワード」というツールを使えばOKです。

 

ラッコキーワードでは、適当なキーワードを打ち込むことで、関連語と呼ばれる言葉がズラリと表示されます。かなり優秀ですね。

>>ラッコキーワードはこちら

 

手順②:競合サイトの強さをチェックする

 

次は、実際にキーワードを検索窓に打ち込んで、競合サイトをチェックしてみましょう。

今回は、[ダイエット 食事 夜]と入力してみました。

 

なお、競合サイトの強さをチェックするには、「Mozbar」というChromeの拡張機能が優秀でして、よかったら、参考にどうぞ。

 

[ダイエット 食事 夜]:検索結果

[ダイエット 食事 夜]:検索結果

 

Mozbarを使用すると、「DA」といったような数値が表示されまして、簡単に説明するなら、サイトの戦闘力のようなものです。

上記の画像のように、20以上のサイトがズラッと並んでいる場合は、勝ちにくいです。

 

 解決策:キーワードを変更する

結論、競合サイトが強すぎる場合は、キーワードを変更しましょう。

 

「え、また最初から?めんどくさい…」と思うかもですが、競合が強すぎるキーワードで記事を書いても、ぶっちゃけ、勝てないのでアクセスが集まりません。つまり、無駄な労力になる可能性が高い。

 

そのため、少しめんどうかもですが、グッと我慢して最初からやり直しましょう。

 

[ダイエット 食事 一人暮らし]:検索結果

[ダイエット 食事 一人暮らし]:検索結果

 

先ほどの「手順①:狙うキーワードを設定する」で解説したラッコキーワードを使用して、[ダイエット 食事 一人暮らし]というキーワードで検索したところ、勝てる可能性が高い穴場キーワードを見つけました。

 

こんな感じで、「狙うキーワードを決める」「競合サイトの強さをチェックする」「見つけるまで、やり続ける」といった流れで進めましょう。

ぶっちゃけ、上記が終われば、ブログ記事のリサーチはあと少しです。

 

手順③:上位10サイトの見出しをチェックする

 

次は、上位10サイトの見出しをチェックしましょう。

なぜ、見出しをチェックするのかというと、共通項をブログ記事に取り込むためです。

 

こちらも当ブログが使用しているツール&方法とともにお話ししていきます。

 

ラッコツールズを使用

ラッコツールズを使用

 

見出しをチェックする方法は、「ラッコツールズ」というツールを使用し、上記の画像の赤枠で囲っている箇所に、キーワードを打ち込むだけ。

 

あとは、上位10サイトの見出しをメモやスプレッドシートなどに打ち込み、共通項を見つけましょう。

>>ラッコツールズはこちら

 

手順④:読者が求めていることをブログ記事にする

 

最後は、読者が求めていることをブログ記事にするだけです。

たとえば、キーワードが[ダイエット 食事 一人暮らし]の場合、読者が求めていることは、以下のとおり。

 

「一人暮らしでダイエットをする時、どんな食事を取ればいいのだろう…?」

 

こんな感じ。

あとは、先ほどの「手順③:上位10サイトの見出しをチェックする」でリサーチした共通項で見出しを作成するだけです。

 

 注意点:丸パクリはNG&自分の考えも加える

あたりまえですが、丸パクリはNGです。

というのも、丸パクリをしてしまうと、Googleからペナルティを受けて、ブログ記事が上位表示されないからですね。

 

また、他のサイトと同様の情報だけを提供しても、ぶっちゃけ、意味なしです。

そのため、共通項を見出しに入れつつ、自分の考えも見出しに入れましょう。

 

ブログ記事のリサーチで持っておくべき3つの考え

ブログ記事のリサーチで持っておくべき3つの考え

ブログ記事のリサーチで持っておくべき3つの考え

 

最後に、ブログ記事のリサーチで持っておくべき考えを3つご紹介しておきます。

 

  1. 自分の体験談も必ず付け加える
  2. リサーチは、あくまでイメージする程度にしておく
  3. ブログ記事は、何度でもリサーチし直すことができる

 

では、順に説明していきます。

 

その①:自分の体験談も必ず付け加える

 

ブログ記事には、自分の体験談も必ず付け加えましょう。

なぜなら、体験談を付け加えることで、他のサイトとの差別化ができるから

 

また、読者は、筆者の体験談や実際の声を求めているんですよね。

そのため、ブログ記事のリサーチも大切ですが、自分自身の体験談も大切です。

 

その②:リサーチは、あくまでイメージする程度にしておく

 

ここまで話しておいて、「なんだよ…」と思うかもですが、リサーチは、ほどほどにしておきましょう。

というのも、ブログ記事のリサーチは、やればやるほど沼のように、キリがないからですね。

 

また、ブログは、「読者の悩みを解決するためのもの」です。そのため、リサーチは、イメージ程度にしておき、読者のことを考えて、記事を書きましょう。

 

 質問:リサーチの時間の目安は?

結論、多くて20分ほど。

ぶっちゃけ、20分以上は、リサーチのしすぎかな、と思います。

 

その③:ブログ記事は、何度でもリサーチし直すことができる

 

ブログ記事は、書いた後に「あれ、少し読者が求めていることとズレているのかな。」と感じたら、再度リサーチすることが可能。

 

つまり、何度でもやり直しができるわけですね。

 

そのため、「リサーチをして記事を書く」「アクセスが集まらない」「再度リサーチをする」といったように、実践→改善をグルグル繰り返すイメージですね。

 

まとめ:ブログ記事のリサーチは必要←やりすぎは注意

まとめ:ブログ記事のリサーチは必要←やりすぎは注意

まとめ:ブログ記事のリサーチは必要←やりすぎは注意

 

今回は、ブログ記事のリサーチが必要な理由を解説した上で、検索上位を取る方法をご紹介しました。

本記事の内容をまとめると、以下のとおり。

 

 本記事のまとめ

  • ブログ記事のリサーチは必要。
  • しっかりとリサーチをすれば、検索上位を獲得できる。
  • とはいえ、やりすぎは注意。

 

こんな感じですかね。

ブログ記事のリサーチは、必要ですが、あくまでイメージする程度に、、、といった感じでリサーチするといいかもです。

 

ブログで大切なことは、「読者の悩みを解決すること」なので。

今回は以上です。

 

-Blog

Copyright © Katakuri Blog , All Rights Reserved.